「マルチホーミング 機器」に近い情報
「機器」に関するIT製品・セミナー情報を表示しています。

「機器」に関するIT製品やセミナー情報、最新ニュースならキーマンズネット。 IT製品の詳細スペック情報から導入事例、価格情報まで充実。 資料請求もまとめて簡単にダウンロードできます。

基礎解説マルチホーミングとは?

マルチホーミングとは、拠点間のネットワークの冗長化を実現するための技術。インターネットの接続を同時に複数回線で行うことで、通信の負荷分散を行い、パフォーマンスを向上させながら、ネットワークの可用性を高められる。VPNの強化、DRサイト構築、インターネット回線の強化、WANの信頼性とスループットの向上、VOIPやWeb会議のトラフィック最適化、BCP対策などに役立つ。

「機器」に関する記事情報

「ネットワーク機器」シェア(2018年)

ネットワーク機器の中でも無線LANの成長が著しい。無線LAN機器市場は、2018年の上位9ベンダーのうち半数以上に当たる5社が前年を上回る実績を上げた。企業向けネットワーク機器市場では、「安定基盤」+「無線LAN機器市場での成長」が、近年の成功の方程式だという。

「O-RAN Alliance」とは? 5Gインフラをインテリジェントにする最新規格を解説

5G通信のサービス開始が迫る中、ネットワーク事業者と関連機器ベンダーによる5Gインフラの標準化が急ピッチで進む。今回は、無線アクセスネットワーク(RAN)のオープン化とインテリジェント化を推進するO-RAN Allianceの活動の一端を紹介する。

事業環境の変化をどう乗り越える? 商社、医療機器メーカー、重工業 3社それぞれのケーススタディ

業界再編、関連会社の統廃合、市場変化やマネジメントの刷新と、企業を取り巻く環境に落ち着く暇はない。この環境変化に、限られた時間と予算でどう知恵を絞るのか。3社の実例を紹介する。

「ワイヤレスファースト」がけん引するネットワーク機器市場 2023年までの展望は?

IDC Japanの調査によると、企業での「ワイヤレスファースト」の動きが浸透し、2018年の無線LAN機器市場は大きく成長した。2018年から2023年にかけて、企業向けネットワーク機器市場全体はどう変化するだろうか。

今さら分かった! USBコネクターに裏表がある理由:519th Lap

1990年代終盤に登場した「USB」。PC周辺機器の接続インタフェースをほぼ統一した、ありがたい存在だ。同時にプラグアンドプレイも実現し、複数機器を接続するのも容易だ。最近はモバイル機器などに電力を供給するACアダプターのように使われることも少なくない。

【事例】定例会の見直し方 ベックマン・コールターの加藤さんはどうやって会議を変えて会社を変えるか

マネジメント業務の多くの時間を定例会議の準備に割かざるを得なかった組織を変えたのは何か。業界再編を機に経営手法を刷新した医療機器の専門企業が、現場を変えるために取り組んだのは、会議の改革だ。経営手法の変革と会議の関係は?

屋外を含む広大な敷地、不特定多数のSkype通話はどうさばく? ICUキャンパスの場合

国際基督教大学がArubaの無線LAN機器を導入した。広大なキャンパスのネットワークを集中管理することで、どのような効果があったのか。

「USB 3.2」発表の裏で「USB4」が登場、規格の整理が追い付かない:505th Lap

PCに周辺機器を接続する手間を大きく軽減させた規格といえば「USB」だろう。正式名称は「Universal Serial Bus」だが誰も気にしていない。2019年2月に最新規格の「USB 3.2」の詳細が明らかになったと思ったら「USB4」も出てきた。

侵入を防げないウイルス、どうやって防ぐ?

最新のセキュリティ機器を導入してもウイルスの侵入を100%防ぐことは難しい。攻撃者はやみくもにウイルスを作成するのではなく、防御機器を研究し、その隙を突いて攻撃を仕掛けるからだ。

成熟したネットワーク機器市場が2017年に急伸したワケ

緩やかな右肩下がりの成熟市場であるネットワーク機器市場が2017年には急伸した。その理由を探りながらネットワーク動向に迫る。

「機器」に関するIT製品情報

IT資産情報の正確な把握とセキュリティ強化を実現したソフトとは

株式会社ディー・オー・エス

ノーリツは5000台超の機器情報を一元化したいと、新たにIT資産管理ソフトを導入。IT資産管理はもちろん、ヘルプデスク業務効率化、セキュリティ強化をも実現した。

手作業のIT資産管理から脱却 リモートでトラブル対応も可能に

株式会社ディー・オー・エス

IT資産管理をAccessやExcelで行うことで、管理工数に大きな負担が生じていたトヨタホームは、IT資産管理ソフトを新規導入。機器の利用状況把握をはじめ業務を効率化した。

約7000台のIT機器管理コストを、安心の国産ツールで最適化

株式会社ディー・オー・エス

2種類の資産管理システム併用によってコストバランスが悪化していたカネカ。今欲しい製品とタイムリーに出会えた、と同社が評価した、新しいIT資産管理ソフトとは?

ソフトウェア台帳の一元管理とUSBデバイスの無断利用防止を実現

株式会社ディー・オー・エス

西松屋チェーンは、さまざまな課題があったIT資産管理法を見直し、新しいツールを導入。機器とソフトウェアの台帳の一元管理、USBデバイスの無断利用防止を実現した。

サイバー攻撃で工場の生産停止も――OTシステムをどう守る?

株式会社富士通ソーシアルサイエンスラボラトリ

産業向けIoTの取り組みが活性化する中、産業機器や工場の制御系システムを狙ったサイバー攻撃も増加している。これらは通常のITシステムと同じやり方でセキュリティ対策を行いづらく、それに適した対策を施す必要がある。

「機器」に関する新着セミナー

スマート工場化に必須!リアルタイムデータ前処理を備えたIoT基盤

マクニカネットワークス株式会社

2019/11/08(金)14:30~17:00

  • 愛知県
無料 | 定員30名 | ネットワーク機器

SD-WAN徹底解説!Silver Peak製品ご紹介セミナー

マクニカネットワークス株式会社

2019/10/28(月)15:00~17:00

  • 東京都
無料 | 定員20名 | ネットワーク機器

SD-WAN徹底解説!Silver Peak製品ご紹介セミナー

マクニカネットワークス株式会社

2019/12/10(火)15:00~17:00

  • 東京都
無料 | 定員20名 | ネットワーク機器

「機器」に関連するキーワード

注目キーワード一覧

キーマンズネットとは?

企業向けIT製品の総合サイト「キーマンズネット」では、製品スペックや導入事例・価格情報・技術文書などの充実したIT製品情報に加え、製品の選び方を分かりやすく解説した特集記事によって企業のIT製品選びをサポートします。製品情報と特集記事に加え、ITセミナー情報も毎日更新しています。

会員登録(無料)

ホワイトペーパーや技術資料、導入事例など、IT導入の課題解決に役立つ資料を簡単に入手できます。