「マザトロール プログラム例」に近い情報
「マザ」に関するIT製品・セミナー情報を表示しています。

「マザ」に関するIT製品やセミナー情報、最新ニュースならキーマンズネット。 IT製品の詳細スペック情報から導入事例、価格情報まで充実。 資料請求もまとめて簡単にダウンロードできます。

基礎解説キーマンズネットとは?

キーマンズネットは企業・法人のIT選定・導入をサポートする総合情報サイトです。ご利用は完全無料。IT初心者から上級者まで、皆さまのさまざまなニーズにお応えします。

「マザ」に関する記事情報

HDD不正転売事件から学ぶ 情報保護・情報ガバナンス市場の実態

情報保護や情報ガバナンスの強化に向けて、企業ではさまざまな対策を実施しているが、その中心となるソリューションが、「暗号化・鍵管理」や「DLP」(Data Loss Prevention)、そして「eディスカバリーアプリケーション」などだ。これら情報保護対策につながるソリューションの現状と市場予測についてお伝えする。

「Cisco Meraki」はどこまで使える? AWSとの相性は? 導入企業4社が本音で激白

企業が持つさまざまなシステムがクラウドに移行する中、ネットワークインフラもクラウド的なオペレーションが求められるようになった。「Cisco Meraki」はこうしたニーズをひろう製品の一つとされるが、実際にどこまで「使える」のだろうか。先行する導入企業が本音で語った。

AIの反逆か!? 日本のラーメン店が体験した近未来的イタズラ電話のナゾ:523rd Lap

恐怖の電話か、イタズラ電話か。さまざまな発信元から、ある店にだけ不気味なイタズラ電話がかかる。その背景には賢くなりすぎたAIの影がちらつく………。さて真相は?

「Alexa、このワード共有するね!」 Amazonがスマートスピーカーで盗聴ってホント?:510th Lap

「アレクサ」と呼びかければLEDの点滅とともにAIアシスタント「Alexa」が起動し、音声コマンドでさまざまな操作を可能とするAmazonのスマートスピーカー「Echo」シリーズ。2018年第4四半期には全世界で1370万台も出荷されたそうだ。

開発者を悩ます「ソフトウェアアーキテクチャ選定」 迷った時に使える3つの判断基準

さまざまなソフトウェアアーキテクチャが存在する中で、プロジェクトに合ったものを選ぶには何をよりどころにすれば良いのか。こうした開発者の悩みに対して、本連載を通してその答えを探る。新規アプリ開発を発注するなどプロジェクトに関わる際の参考としてほしい。

SDNの世界観は浸透したか? ネットワーク仮想化の取り組み状況

 サーバ仮想化が広く広がっているなかで、ネットワーク領域でもその環境に適用できるようネットワーク仮想化に関するさまざまな技術が登場している。そんなネットワーク仮想化に関する利用動向について見ていきたい。

これからIDaaSを始める企業はまずココを確認 「3つの導入パターン」と注意ポイント

従業員の利便性や生産性、セキュリティ対策を向上させる上で、さまざまな効果が期待できるID管理システム。そこで注目を集めつつあるIDaaS(Identity as a Service)だが、導入時に考えるべきポイントはどこか。

人事評価者の評価もできる? 機能別に見る人事評価システム詳細解説

人事評価システムといっても、備わる機能は製品によってさまざまだ。今回は、実際のシステム画面を見ながら機能の詳細について紹介しよう。自社の人事制度に合ったシステムを選定する際に役立ててほしい。

仮想通貨で新たな犯罪、ナナメ上の犯行が大胆すぎる:457th Lap

ビットコインを筆頭に、さまざまな仮想通貨が世を賑わせている。その価値は短期間で高騰し、もはや通貨というよりは投機の対象になってしまっている。「そもそも、存在意義って何だっけ?」と、よく分からない状況だ。

「2018年は1社にRPA100体が当たり前」知っておくべき3つの課題

 RPAのロボットは制作が簡単なこと、さまざまな業務に適応できることから、スケールに至るまでの期間が短い。ロボットが増えすぎて手に負えなくなる前に、あらかじめ課題とリカバリー方法を知っておく必要がある。NTTデータ イントラマート 久木田 浩一氏が課題を整理し「RPAとBPM(Business Process Management)を組み合わせる解決法を語った。

「マザ」に関するIT製品情報

"作る人材"と"使う人材"の2軸で考える、「AI人材」育成の最適解とは?

キラメックス株式会社

さまざまな業界でAIの導入・活用へ向けた取り組みが進む中、AIを活用できる人材の育成が急務となっている。AI人材を社内で育てるには、どのような人材をどう教育すればいいのだろうか。そのポイントを探る。

「顔」と「虹彩」の組み合わせも エバンジェリストが語る生体認証技術の最前線

日本電気株式会社

さまざまなシーンで活用されるようになった「生体認証」。近年は、複数の認証を組み合わせた「マルチモーダル認証」の取り組みが進むなど、その可能性はますます広がっている。生体認証の最前線と未来を、エバンジェリストが語った。

EDR3つの課題:攻撃の巧妙化、検知回避、対応遅れによる侵害拡大に備える

ファイア・アイ株式会社

攻撃が巧妙化する中、ますますエンドポイント対策の重要性が増している。検知回避など高度な攻撃を迎え撃つには、侵入を前提とした対策が重要だが、そこにはさまざまな課題がある。これら課題を解決するEDR製品選定のポイントとは?

進化を遂げたNetApp HCIはここが違う 製品特長やクラウド連携まで徹底解析

株式会社ネットワールド

ハイブリッド化の中核となるハイパーコンバージドインフラだが、レガシーからハイブリッドまで幅広く対応できる製品となるとやはり限定される。DRやファイルサーバ、クラウドネイティブな開発などさまざまな用途に使える製品はないものか。

生産性やコストはどれだけ変わる? 調査で見えたHCIのビジネス価値の全貌

Dell Technologies(デル株式会社/EMCジャパン株式会社)

利用が拡大するソフトウェア定義型インフラをサポートするテクノロジーの1つであるHCI。既に確固たる地位を確立している企業は、HCIによってさまざまなビジネス価値を得ている。成功企業への調査結果を基に、その実態を探る。

「マザ」に関連するキーワード

注目キーワード一覧

キーマンズネットとは?

企業向けIT製品の総合サイト「キーマンズネット」では、製品スペックや導入事例・価格情報・技術文書などの充実したIT製品情報に加え、製品の選び方を分かりやすく解説した特集記事によって企業のIT製品選びをサポートします。製品情報と特集記事に加え、ITセミナー情報も毎日更新しています。

会員登録(無料)

ホワイトペーパーや技術資料、導入事例など、IT導入の課題解決に役立つ資料を簡単に入手できます。