「ベンダー」に関するIT製品・セミナー情報を表示しています。

「ベンダー」に関するIT製品やセミナー情報、最新ニュースならキーマンズネット。 IT製品の詳細スペック情報から導入事例、価格情報まで充実。 資料請求もまとめて簡単にダウンロードできます。

基礎解説キーマンズネットとは?

キーマンズネットは企業・法人のIT選定・導入をサポートする総合情報サイトです。ご利用は完全無料。IT初心者から上級者まで、皆さまのさまざまなニーズにお応えします。

「ベンダー」に関する記事情報

「サーバ」シェア(2020年第2四半期)

IDC Japanは2020年第2四半期のサーバ市場の動向とベンダーシェアを発表した。COVID-19の流行というネガティブな要素があったものの、富岳の出荷などがあり、売上額で見ると、前年同期と比べてプラス成長となった。

寡占が続くSDNが描く企業ネットワークの未来

SDNを中心とするネットワーク仮想化/自動化市場について、昨今の情勢からオフィスへの出社を制限する企業も増えていることから、リモート環境を含めたネットワークの柔軟な運用管理を可能とするネットワーク仮想化ソリューションのニーズは今後増加するだろう。本稿では、ベンダー別シェアとネットワーク仮想化に対する取り組みについて概観する。

「PC」シェア(2020年第2四半期)

落ち込みが予想された2020年第2四半期は、市場の需要をうまく捉えて2019年と同レベルの出荷台数を維持した。PCベンダー上位5位を見ると、国策による特需で成長したベンダーもあれば、そのに“波”乗り切れていないベンダーもあった。そのベンダーとは。

eKYCとは? オンライン本人確認の仕組みと使われ方を整理する

NTTドコモの採用で一気に話題となったオンライン本人確認「eKYC」はどういった仕組みだろうか。提供ベンダーや利用サービス、今後の展望を紹介する。

外部人材活用のトレンドはDX? IT戦略におけるアウトソーシングの最新事情

ガートナーは国内企業のITソーシングに関する調査結果を発表した。同調査では、企業のIT戦略遂行における開発、運用保守などのアウトソーシングの位置付けやデジタルトランスフォーメーション(DX)の取り組みにおけるベンダー活用の意向を尋ねた。

コンカーが請求書データ自動読み取りのAI-OCR機能に対応、9月に提供開始

2020年10月の電子帳簿保存法改正や経理部門のテレワーク需要の高まりを背景にITベンダー各社が請求書管理のペーパーレス化、オンライン化を支援する機能拡充を急ぐ。コンカーは請求書管理クラウドサービス「Concur Invoice」に、請求書データを自動入力するAI-OCR機能「Remota」を同年9月以降に提供する。

「ウェアラブルデバイス」シェア(2020年第1四半期)

腕時計型やリストバンド型、イヤフォンやヘッドフォンなどの耳装着型デバイスなどのウェアラブルデバイスは、2020年第1四半期はコロナ禍であったものの一部のベンダーは成長を見せたという。

クラウド型「採用管理システム」とは? 基本機能とメリット、ベンダー選定のポイントを解説

採用業務は従来、紙の履歴書や職務経歴書が重宝され、管理もExcelを使った手作業でという企業が多かった。そういった状況を改善するため、現在では40社を超えるベンダーから簡単に導入と運用可能な採用管理システムが提供されている。本稿は、採用業務が抱えている課題とそれを解決する採用管理システムの機能を紹介する。

「エンタープライズインフラ」シェア(2019年)

IDC Japanは国内エンタープライズインフラ市場のベンダーシェアを発表した。上位6ベンダーのうち、3社が二桁増の高成長を達成したという。その3社とは。

大手ITベンダーが次々と顔認識技術の提供、開発の停止を表明 その理由は?:567th Lap

IBMを皮切りに、Amazon、Microsoftが相次いで顔認識技術の提供を停止すると発表した。その理由とは。

「ベンダー」に関するIT製品情報

侵入後の対処が重要に、エンドポイントセキュリティとEDRの統合が必要な理由

トレンドマイクロ株式会社

サイバー攻撃が巧妙化し、EPPによる予防に加え、EDRによる事後対処の必要性も高まっている。しかしEPPとEDRを異なるベンダー製品で運用してしまうと、運用負荷の増大と非効率化という課題を生む。両者を効率的に機能させる方法とは。

HCIと3Tier型のいいとこ取り、ハイブリッドクラウド基盤に進化した次世代HCI

株式会社ネットワールド

ストレージベンダーならではの機能に磨きをかけ、さらなる進化を遂げた「NetApp HCI」。クラウド、オンプレミスに関係なく、データを自由に活用できるプラットフォームとして注目される、この次世代型HCIの実力に迫る。

いまさら聞けない「RPA」 メリット、用途、動向を理解する

オートメーション・エニウェア・ジャパン株式会社

「RPA」という言葉を見聞きしたことがあるだけでは、その真価を引き出すことはできない。あらためてRPAで何ができるのかを確認し、主要ベンダーの取り組みを含めた動向を把握しておこう。

タスクの自動化だけでは不十分、事例に学ぶRPAの生かし方と組織体制の在り方

オートメーション・エニウェア・ジャパン株式会社

ロボティックプロセスオートメーション(RPA)は、個々のタスクを自動化するものから、特定業務のプロセスを自動化するものに進化し始めている。RPAベンダーAutomation Anywhereが提供する「デジタルワーカー」がその一例だ。企業ではデジタルワーカーをどう活用しているのか、事例でひもとく。

北欧の電力企業が実現したプロセス標準化とTCO削減、肝はERPベンダーとの連携に

IFSジャパン株式会社

エネルギー業界のニーズをITでどう充足すべきか。北欧最大規模のエネルギー企業、ハフスランドが取り組んだのは、ERPを核としてベンダーと共同開発することで機能を充実させるというアプローチだった。その成功の秘訣を紹介する。

「ベンダー」に関連するキーワード

注目キーワード一覧

キーマンズネットとは?

企業向けIT製品の総合サイト「キーマンズネット」では、製品スペックや導入事例・価格情報・技術文書などの充実したIT製品情報に加え、製品の選び方を分かりやすく解説した特集記事によって企業のIT製品選びをサポートします。製品情報と特集記事に加え、ITセミナー情報も毎日更新しています。

会員登録(無料)

ホワイトペーパーや技術資料、導入事例など、IT導入の課題解決に役立つ資料を簡単に入手できます。