「ベンダー比較表」に関するIT製品・セミナー情報を表示しています。

「ベンダー比較表」に関するIT製品やセミナー情報、最新ニュースならキーマンズネット。 IT製品の詳細スペック情報から導入事例、価格情報まで充実。 資料請求もまとめて簡単にダウンロードできます。

基礎解説キーマンズネットとは?

キーマンズネットは企業・法人のIT選定・導入をサポートする総合情報サイトです。ご利用は完全無料。IT初心者から上級者まで、皆さまのさまざまなニーズにお応えします。

「ベンダー比較表」に関する記事情報

RPAに150のAIモジュールを連携可能に、老舗RPAベンダーの意地と底力

老舗RPAベンダーのBlue Prismが、日本市場での活動強化を宣言した。決して、日本市場に早期に乗り出せたとはいえない同社だが、他社製のRPAツールからの移行案件も増えているという。どのような強みを推し出しているのか。

国産RPAと迫りくる外資系RPAの攻防 2018年の市場シェアにみる勢力図

IDC Japanは、「2018年 国内RPAソフトウェア市場シェア」を発表した。2017年度は、国内主要プレイヤーのNTTデータがシェアのトップを獲得したが、2018年度に外資系RPAベンダーが急伸した。2018年に、市場シェアはどう動いたのか。

「ネットワーク機器」シェア(2018年)

ネットワーク機器の中でも無線LANの成長が著しい。無線LAN機器市場は、2018年の上位9ベンダーのうち半数以上に当たる5社が前年を上回る実績を上げた。企業向けネットワーク機器市場では、「安定基盤」+「無線LAN機器市場での成長」が、近年の成功の方程式だという。

「O-RAN Alliance」とは? 5Gインフラをインテリジェントにする最新規格を解説

5G通信のサービス開始が迫る中、ネットワーク事業者と関連機器ベンダーによる5Gインフラの標準化が急ピッチで進む。今回は、無線アクセスネットワーク(RAN)のオープン化とインテリジェント化を推進するO-RAN Allianceの活動の一端を紹介する。

NECが順位を落とす……国産ベンダー勢力図激変

IDC Japanは、2018年の国内ITサービス市場のベンダー売り上げランキングを発表した。国産ベンダー勢力図に変化が見られた。

自社でできる、かしこいAIの育て方――画像認識の2事例に見る

AI画像認識は魔法のつえではなく、その頭脳を育てるには労力がかかります。さらにその工程をベンダーに任せきりにしては、現場で活用できるレベルにまでAIを育てることは不可能です。「自社で頭脳を育てるなんて無理」「うちにAIスキルを持った人材はいない」――その打開策とは。

AI画像認識の導入はベンダー任せでいい? 現場が必ずやるべきこと

AI画像認識の導入や活用において、必要な作業をベンダーに丸投げしては期待した効果が得られないまま取り組みが頓挫したり、システム改修のたびに多額のコストが発生したりしてしまいます。現場で必ず行うべきこととは何でしょうか。キーワードは、「内製化」ではなく「DIY(Do It Yourself)」です。

「エンタープライズインフラ」シェア(2018年)

サーバとストレージを合算したエンタープライズインフラの2018年国内市場規模は6785億円だった。前年度7位のベンダーは4位に上昇し、大躍進を見せる。その原因とは?

「WANサービス」シェア(2018年)

IDC Japanが「国内WANサービス市場シェア」を発表した。大手5社が市場シェアの8割が占める中、その競争は激化しているという。2018年に首位を取ったサービスベンダーはどこか。

「クラウド会計ソフト」シェア(2019年3月)

MM総研は、個人事業主を対象に実施したWebアンケートを基に、クラウド会計ソフトの利用状況をまとめた。導入状況やベンダーシェア、クラウド会計ベンダーの今後の事業チャンスとなる出来事を一挙に公開する。

「ベンダー比較表」に関するIT製品情報

今こそオープンソースデータベースでTCO削減 移行に役立つ6つの指針とは?

日本ヒューレット・パッカード株式会社

ベンダー独自仕様のデータベースは、ベンダーロックインや柔軟性のなさといった課題を抱えていることがある。オープンソースに基づく最新データベースへの移行は、これらの課題を解消する選択肢の一つだ。

VMware製品による仮想化環境のクラウド移行、サービスに違いはあるのか

日本アイ・ビー・エム株式会社

VMware製品による仮想化環境をクラウドに移行する製品やサービスが発表され、オンプレミスのシステムをハイブリッド環境へと拡張するのは現実的になってきた。そこで気になるのがベンダーによるサービスの違いだ。どのような差があるのか。

導入後に後悔しない、次世代型ファイアウォール選びで重視すべき機能とは?

SB C&S株式会社

次世代型ファイアウォールを導入しても、リスクの可視化や最新の脅威に対する保護を依然実現できていない企業は多い。自社ニーズに最適な製品を選ぶためには、求められる機能やベンダーに尋ねるべき質問事項を確認する必要がある。

ハード保守終了が迫るIBM i――クラウド移行で注意すべきポイントとは

日本情報通信株式会社

IBM i(AS/400)は、現在もまだ多くの企業で支持を集めているが、2019年にはメーカーによるハードウェア保守が多くのモデルで終了する。そこで有力な選択肢が「クラウド移行」である。提供ベンダーをどう選ぶべきなのか。

増え続けるサービスマネジメントツール、可視化・効率化のためにすべきこと

ServiceNow Japan 株式会社

サービス提供に最適なツールやベンダーの採用が、サイロ化を招くことは珍しくない。こうなっては維持管理の負担が増すのはもちろん、新たなサービスや商品の開発期間も長期化しかねない。サービスマネジメントツールの一元化が必要だ。

「ベンダー比較表」に関連するキーワード

注目キーワード一覧

キーマンズネットとは?

企業向けIT製品の総合サイト「キーマンズネット」では、製品スペックや導入事例・価格情報・技術文書などの充実したIT製品情報に加え、製品の選び方を分かりやすく解説した特集記事によって企業のIT製品選びをサポートします。製品情報と特集記事に加え、ITセミナー情報も毎日更新しています。

会員登録(無料)

ホワイトペーパーや技術資料、導入事例など、IT導入の課題解決に役立つ資料を簡単に入手できます。