「ベネッセ 情報漏えい 対策」に近い情報
「情報漏えい 対策」に関するIT製品・セミナー情報を表示しています。

「情報漏えい 対策」に関するIT製品やセミナー情報、最新ニュースならキーマンズネット。 IT製品の詳細スペック情報から導入事例、価格情報まで充実。 資料請求もまとめて簡単にダウンロードできます。

基礎解説キーマンズネットとは?

キーマンズネットは企業・法人のIT選定・導入をサポートする総合情報サイトです。ご利用は完全無料。IT初心者から上級者まで、皆さまのさまざまなニーズにお応えします。

「情報漏えい 対策」に関する記事情報

業務効率を落とすことなく情報漏えい対策を徹底する方法とは

「情報管理の対策はやっている」が、それでも「情報漏えいを前提とした対策が不十分」という課題を抱える企業は多い。ユーザーの業務効率を落とさずに打てる対策はないだろうか。

情報漏えい対策、「モバイルデバイス」でできること

不用意にUSBメモリに個人情報を入れまま紛失してしまい、情報漏えいにつながる事件が後を絶たない。すぐできる対策5項目を紹介する。

標的型なのに“無差別”攻撃が増加、危険が高まる標的型攻撃の対策は可能か

一度攻撃を許すと組織に多大な情報漏えい被害をもたらす標的型攻撃。ここ数年で大きな被害が報道されることもあり、企業は標的型攻撃対策に力を注いできたが、新たな傾向も出てきている。

内部不正による情報漏えいをどう防ぐ?

情報漏えい対策において、従業員による内部不正を無視することはできない。重要度の高い情報が流出する可能性が高いからだ。

「流出する」ことを前提とした情報漏えい対策 ファイル暗号化ソリューションとは?

相次ぐ情報漏えい。強固なセキュリティ対策を施しても、小さな抜け穴から大きな被害につながるケースが増加中だ。そこで情報が流出したとしても“データの中身”を守るファイル暗号化ソリューションについて考える。

本当に“最適化”できているか? あらためて見直すクライアント環境

デスクトップ仮想化は、システム運用管理コストの削減、情報漏えい対策、ワークスタイル変革といった企業のIT課題をコストを抑えて解決する技術の1つだ。

弁護士に聞く、メール誤送信における法的リスクとその対策

過失による情報漏えいの中で大きな割合を占めているメールによる誤送信。このメール誤送信に関する法的なリスクについて、ITに精通した弁護士に過去の判例やとるべき対策を聞いた。

IT資産管理ツールはマイナンバー制度の安全管理義務にどう対応するのか?

マイナンバー制度の安全管理措置は大きな課題だが、IT資産管理ツールの機能を上手く活用することにより、安全でリーズナブルな情報漏えい対策が可能になる。

システム管理者を悪者にしない、特権ID管理ソリューションの選び方

相次ぐ大規模情報漏えい事故。企業のセキュリティ対策を取り巻く状況は慌ただしさを増している。そんな中、「特権ID管理」と呼ばれるITソリューションが脚光を浴びつつある。

マイナンバー開始前に必読、内部からの情報漏えい対策

絶対に漏えいしてはいけない従業員、その家族、取引先、株主のマイナンバー情報。ではどうやって対応すべきか。対策の要所を徹底解説する。

「情報漏えい 対策」に関するIT製品情報

情報漏えい発生ゼロへ。Office 365と連携したメール誤送信対策

株式会社クオリティア

Office 365にメール誤送信防止サービスとアーカイブサービスを組み合わせて、本社と各レストラングループに展開。情報漏えいの危険を回避する体制を短期間で整備した。

Windows 10移行と同時に考えたい、「ファイル暗号化」による情報漏えい対策強化

株式会社DataClasys

Windows 7の延長サポート終了が迫り、Windows 10への移行も待ったなしの状況。OSの刷新という難解なミッションに挑むのならば、セキュリティの強化も同時に行っておきたい。今回はWindowsシステムに適した「ファイル暗号化」に注目する。

6つの運用ケースで考える「個人情報・機密情報の可視化」の課題と解決策

三菱スペース・ソフトウエア株式会社

企業が情報漏えい対策やセキュリティ対策を行っていく上で、個人情報や機密情報が含まれたファイルはどのように扱うべきだろうか。6つの運用ケースから、それらのファイル管理にまつわる具体的な課題と、その解決策を考えていく。

VDIや多層防御、情報漏えい対策……11の医療機関に見るセキュリティ対策

トレンドマイクロ株式会社

医療機関は、個人情報の保護はもちろん、人命にかかわる医療サービスの停止を回避するために高度なセキュリティが求められる。仮想化環境やオンプレミス、クラウドといった多様な環境でのセキュリティ課題の解決策を、11の事例から探る。

AWS環境からの情報漏えいを防止、ユーザー側で行うべき公開サーバの脆弱性対策

トレンドマイクロ株式会社

IaaS市場で多くのシェアを占めるAmazon Web Services(AWS)は、豊富な知識がなくても、気軽にサーバを構築できる。しかし、セキュリティについては、「責任共有モデル」を正しく理解し、適切な対策を実行する必要がある。

「情報漏えい 対策」に関連するキーワード

注目キーワード一覧

キーマンズネットとは?

企業向けIT製品の総合サイト「キーマンズネット」では、製品スペックや導入事例・価格情報・技術文書などの充実したIT製品情報に加え、製品の選び方を分かりやすく解説した特集記事によって企業のIT製品選びをサポートします。製品情報と特集記事に加え、ITセミナー情報も毎日更新しています。

会員登録(無料)

ホワイトペーパーや技術資料、導入事例など、IT導入の課題解決に役立つ資料を簡単に入手できます。