「プレシス 積算」に近い情報
「プレ」に関するIT製品・セミナー情報を表示しています。

「プレ」に関するIT製品やセミナー情報、最新ニュースならキーマンズネット。 IT製品の詳細スペック情報から導入事例、価格情報まで充実。 資料請求もまとめて簡単にダウンロードできます。

基礎解説キーマンズネットとは?

キーマンズネットは企業・法人のIT選定・導入をサポートする総合情報サイトです。ご利用は完全無料。IT初心者から上級者まで、皆さまのさまざまなニーズにお応えします。

「プレ」に関する記事情報

日本ラグビーを支えるのは“個人プレー”のチーム、「ONE TEAM」を目指した4人の挑戦

2019年、日本を熱狂させたラグビー。その裏には国内ラグビーチームの強化と普及に努める日本ラグビーフットボール協会の存在があった。しかし、IT化が進んでおらず連携の取れていない“個人プレー”のチームだった。協会職員を「ONE TEAM」にするために、4人の有志が立ち上がった。

【12/20締め切り】2020年のITトレンドを占う「7つのITトピックス」調査にご協力ください

キーマンズネット編集部では2020年を占う「7つのITトピックス」調査を実施します。調査にご協力いただいた皆さまの中から、抽選で10人の方にAmazonギフト券をプレゼントいたします。

「クラウドRPA」とは? オンプレミス型との違い、3つのタイプを整理

「RPAのコストが高すぎる」「RPAの対象業務が少ないない」「開発や運用を担える人材がいない」――課題の解決を目指した「クラウドRPA」がブームとなりつつある。クラウドRPAの利用形態と、それぞれのメリット・デメリットを整理した。

バックアップツールの導入状況(2019年)

バックアップツールの満足度調査はいつも「満足」とする回答者が多い。だが満足の中身を見てみると、あまり使いこなしていないからこそ満足なのかもしれない。リプレース意欲を積極的に発信した回答者はどのくらいいただろうか。

「RPA」(Robotic Process Automation)シェア

IDC Japanは、「2018年 国内RPAソフトウェア市場シェア」を発表した。2017年度は、国内主要プレイヤーのNTTデータがシェアのトップを獲得したが、2018年度に外資系RPAベンダーが急伸した。2018年に、市場シェアはどう動いたのか。

音声認識技術とは? 議事録作成ツールの現在地、オンプレミスとクラウドの違いと選定ポイント

音声認識技術にあらためて注目が集まる。近年は、働き方改革を背景として、議事録作成支援ツールやコールセンターを中心にビジネスでの活用が広まっている。その実力とは? 認識精度やメリット、オンプレミスとクラウドAPIの違い、製品選定のポイントを解説する。

今さら分かった! USBコネクターに裏表がある理由:519th Lap

1990年代終盤に登場した「USB」。PC周辺機器の接続インタフェースをほぼ統一した、ありがたい存在だ。同時にプラグアンドプレイも実現し、複数機器を接続するのも容易だ。最近はモバイル機器などに電力を供給するACアダプターのように使われることも少なくない。

Win 10リプレースや消費増税で好調な国内IT市場、2020年以降の見通しは?

2019年の国内IT市場は、Windows 10へのリプレースや働き方改革、消費増税などが需要を後押しし、プラス成長になるとみている。2020年以降のIT市場の見通しはどうか。

オンプレミス vs. クラウド、AIの解析に使うインフラはどちらが人気?

AI(人工知能)を利用している企業は、AIによる推論用のITリソースとして、オンプレミスとクラウドのどちらを選んでいるのか。その理由は? IDC Japanが900の組織を対象に調査した。

「国内SMB IT市場」今後成長が見込まれる産業はどれ?

IDC JapanはSMB(中堅中小企業)におけるIT支出の成長予測を発表した。PCのリプレースや増税により、順調な成長が見込まれるという。今後、IT支出が拡大する産業はどれか。

「プレ」に関するIT製品情報

ダウンタイムはほぼゼロ、Microsoft SQL Serverクラウド移行の最適解とは?

アマゾン ウェブ サービス ジャパン株式会社

ミッションクリティカルなワークロードのクラウド移行では、オンプレミス環境とのインフラコンポーネントの設計の違いが課題となる。Microsoft SQL Serverの場合は、AWSへシームレスに移行できるソリューションが有効な対策となる。

オンプレミスへの投資を無駄なく活用、VDIやアプリの管理をAWSで簡素化する

アマゾン ウェブ サービス ジャパン株式会社

デバイスの多様化やアプリケーションの増加が進む中、仮想デスクトップやアプリケーションをオンプレミスで運用し続けるには限界がある。運用管理をシンプルかつ柔軟にするために検討したいのが、AWSを活用したハイブリッド化だ。

1800台もの仮想サーバを無理なくクラウド化、ゼンリンデータコムに学ぶ簡単移行

アマゾン ウェブ サービス ジャパン株式会社

ITサービスを展開する上で、アクセス集中にも負けないスケーラビリティは不可欠な要件だ。そこで1800台ものオンプレミスの仮想サーバをフルクラウド化した企業が、ゼンリンデータコムだ。同社の事例から、スムーズな移行の秘訣を探る。

VDIからDR/BCP対策まで、「カスタムクラウド」で実現する理想のインフラ環境

ヴイエムウェア株式会社

近年のインフラ運用では、オンプレミスとクラウドの“いいとこ取り”の手法が主流となりつつある。この流れの中で、理想のインフラ環境として注目され始めたのが、VDIからDR/BCP対策まで、幅広いニーズに対応する「カスタムクラウド」だ。

VDIのコスト/ユーザビリティ課題を解消、フルクラウドプラットフォームの実力

シトリックス・システムズ・ジャパン株式会社

働き方改革やIT効率化などを目的にVDIの導入を検討する企業が増えているが、従来のオンプレミスVDIではコストやユーザビリティの面で課題が残る。そこで注目したいのが、フルクラウド型のVDIプラットフォームだ。

「プレ」に関する新着セミナー

データ・プレパレーションPaxata紹介セミナー

株式会社アシスト

2020/02/17(月)15:00~17:00

  • 大阪府
無料 | 定員10名 | データ分析

そのオンプレサーバーも見直すチャンス! コンサプション型サービスが「所有から利用へ」を実現します

横河レンタ・リース株式会社

2020/02/25(火)15:00~17:10

  • 東京都
無料 | 定員30名 | 仮想化 | データセンター | 運用管理

「プレ」に関連するキーワード

注目キーワード一覧

キーマンズネットとは?

企業向けIT製品の総合サイト「キーマンズネット」では、製品スペックや導入事例・価格情報・技術文書などの充実したIT製品情報に加え、製品の選び方を分かりやすく解説した特集記事によって企業のIT製品選びをサポートします。製品情報と特集記事に加え、ITセミナー情報も毎日更新しています。

会員登録(無料)

ホワイトペーパーや技術資料、導入事例など、IT導入の課題解決に役立つ資料を簡単に入手できます。