「ブレインマシンインターフェース 将来」に近い情報
「将来」に関するIT製品・セミナー情報を表示しています。

「将来」に関するIT製品やセミナー情報、最新ニュースならキーマンズネット。 IT製品の詳細スペック情報から導入事例、価格情報まで充実。 資料請求もまとめて簡単にダウンロードできます。

基礎解説キーマンズネットとは?

キーマンズネットは企業・法人のIT選定・導入をサポートする総合情報サイトです。ご利用は完全無料。IT初心者から上級者まで、皆さまのさまざまなニーズにお応えします。

「将来」に関する記事情報

FinTechの急先鋒、セブン銀行はAIでATMをどう変えるつもりか

セブン銀行はAIによる業務再編を前提にATMを刷新する。将来は自社スタッフ全員が「電卓のように」AIを使う世界を目指すという。ATMが変わるだけで、どこまで企業が変わるかを聞いた。

業務自動化の切り札「プロセスマイニング(Process Mining)」とは何か

生産性向上の切り札、業務標準化。標準化は将来的な自動化の第一歩でもあるが、多くの企業が失敗を経験する。その理由は「業務の真実」を発見できないことにある。いま、この課題を解決する手法として「プロセスマイニング」に注目が集まっている。本稿ではまず概要を見ていく。

メルカリ弁護士が語った「AIにシゴトを奪われる人間」の生存戦略

今ある仕事の47%がAIに奪われる時代に、われわれは何をなすべきか。日本有数のAIベンチャーで法務や事業開発を担ってきた人物が語る、将来AIに仕事を奪われる側の人間がこの先生きのこる方法とは。

クラウドシフトが生む新たなマーケット“クラウドセキュリティ”の現在地

 業務システムのクラウド化が進展することで注目されているクラウドセキュリティ。利用するクラウドサービスに応じて実装する方法や選択するソリューションが異なるものの、今回は、IaaSやPaaS、SaaSといったパブリッククラウド利用時に検討したいセキュリティ対策を中心に、現在の市場動向から将来的な予測、その課題まで含めて、クラウドセキュリティを概観していきたい。

「タダで泊めて」YouTuber対ホテル支配人のバトルで大炎上:450th Lap

子どもたちが将来なりたい職業の上位にも登場する「YouTuber」。言わずもがな、日々動画を撮影しては編集し、それをYouTubeにアップして広告収入を手にする人々だ。ある程度の人気者となれば「インフルエンサー(影響力のある人)」として活躍できる。

SCM改革は財務経理を救う? 「ヒト」「モノ」と「カネ」で将来を見る「S&OP」

「この金額の根拠は?」という問い合わせに、すぐ回答できる次世代SCMはどういう仕組みか。戦略的な「ヒト」「モノ」「カネ」の計画方法のトレンドを紹介する。

「売れたのに利益にならない」を解消する最新SCMとは?

過去のSCM導入ブームの反省を生かした次世代SCMとは? 将来を予測するための実績管理とコントロールの手法を整理する。

IPネットワークではもう限界、「情報指向ネットワーク」とは?

将来500億デバイスを超えるIoT時代に備えた新たなネットワーク体系「情報指向ネットワーク」の本質とは。詳細を徹底解説する。

「将来」に関するIT製品情報

クラウドの利用拡大で陥りがちなデータのサイロ化、効率的な統合を実現するには

Dell Boomi

ビジネスアプリケーションは新たなサービス提供や業務改革の核となるが、急速に増えたことでデータのサイロ化も生んでいる。今後さらにアプリケーションが増加する将来を見据え、効率的な統合プラットフォームを整備しておきたい。

エンタープライズRPAに求められる4つの要件:全社規模での活用を実現するには?

オートメーション・エニウェア・ジャパン株式会社

複数部門や全社活用など、大規模環境でのRPA導入においては、将来を見据えたさまざまな要件の検討が必要となる。ロボットの開発や管理、拡張性など、エンタープライズ企業がRPA活用において直面しがちな4つの課題と、解決法を解説する。

基幹システムの統合やクラウド移行などの変化を見据えた、帳票ツールの選び方

ブレインセラーズ・ドットコム株式会社

業務システムの更改やクラウド移行では、自社業務に最適化した帳票ツールがネックとなりがちだ。リプレースの際には、こうした将来の変化にも低コストで柔軟に対応できる他、Webアプリケーション連携も容易な次世代帳票ツールを選びたい。

“2025年の崖”を克服する鍵、データセンターでAIを活用する3つのステップ

日本ヒューレット・パッカード株式会社

国内企業のDXの取り組みが現状のまま停滞し続けると、近い将来に大きな経済損失が発生すると予測されている。この“2025年の崖”と呼ばれる状況を打開するには、AIや機械学習を取り入れ、データセンターをモダン化することが不可欠だ。

検知レイヤーの新要件:振る舞いを機械学習し、見えない脅威をAIで可視化する

株式会社 インフォメーション・ディベロプメント

進化し続けるサイバー攻撃の対策として、検知レイヤーは特に重要だ。将来的な課題も考慮するなら、既存セキュリティでは検知しづらい脅威をAIによって可視化して、多様な製品と連携した初動対応を可能としたい。

「将来」に関する新着セミナー

AIで情報漏えいを食い止めろ! セキュリティにも活用されるAI技術の最新動向と将来展望

NTTテクノクロス株式会社

2019/11/28(木)15:00~16:50

  • 東京都
無料 | 定員150名 | 情報共有システム・コミュニケーションツール | メール | エンドポイントセキュリティ

「将来」に関連するキーワード

注目キーワード一覧

キーマンズネットとは?

企業向けIT製品の総合サイト「キーマンズネット」では、製品スペックや導入事例・価格情報・技術文書などの充実したIT製品情報に加え、製品の選び方を分かりやすく解説した特集記事によって企業のIT製品選びをサポートします。製品情報と特集記事に加え、ITセミナー情報も毎日更新しています。

会員登録(無料)

ホワイトペーパーや技術資料、導入事例など、IT導入の課題解決に役立つ資料を簡単に入手できます。