「ブリヂストンパンクノンセンター」に近い情報
「ブリ」に関するIT製品・セミナー情報を表示しています。

「ブリ」に関するIT製品やセミナー情報、最新ニュースならキーマンズネット。 IT製品の詳細スペック情報から導入事例、価格情報まで充実。 資料請求もまとめて簡単にダウンロードできます。

基礎解説キーマンズネットとは?

キーマンズネットは企業・法人のIT選定・導入をサポートする総合情報サイトです。ご利用は完全無料。IT初心者から上級者まで、皆さまのさまざまなニーズにお応えします。

「ブリ」に関する記事情報

原価も粗利も見えない「どんぶり勘定の収支管理」カンタン改善法

ある中小規模の製造系企業は、受注案件の製造進捗(しんちょく)と予実管理に悩んでいた。経営に必要なデータである原価率や粗利をリアルタイムに把握できず、かといってパッケージシステムを導入しようにもコストがネックだった。選んだ解決法とは。

MyAnalyticsとは? 組織分析ツールとの違い、使えるOffice 365のプラン

仕事を頑張りすぎて病んでしまう、最近はそんな話もよく聞く。そうならないために、自身の働きぶりの健全性を客観的視点で分析するのがマイクロソフトの「MyAnalytics」。組織分析ツールとは何が違うのか。MyAnalyticsを使える「Office 365」のプランとは。

スマホやSNS、若者のメンタルに危険? 安全? 最新研究が予想外の結論を導き出して話題に:527th Lap

スマホで動画サイトやSNSにかぶりつきの子供たち。どう考えても心に悪影響がありそうだけれど、最新の研究成果はが斜め上の結論を導き出して話題に。もしかして、非デジタルネイティブ世代の妄想だった………? 真相やいかに。

日本IBM“7年ぶりの日本人社長”が語る「日本企業デジタル変革」のリアリティ

日本IBM社長にはえぬきの社員が就任。日本の企業ITに「コグニティブ・エンタープライズ」を普及させるため「丁寧なコミュニケーション」と総力戦で挑むという。具体策はどうなっているか。

ハイブリッドクラウド構築で企業が最も重視することは?

複数のクラウドを適材適所で使い分けるマルチクラウドの一般化を背景に、ハイブリッドクラウドを構築する企業も増えている。構築の際に、最も重視されることとは?

「残業させるな」そのムチャぶり、どうする?

部下がまた残業をしている。会社からは「残業させるな」といわれるが、仕事は減らない……。どうしたらよいのか、お悩みではありませんか。

クラウドシフトが生む新たなマーケット“クラウドセキュリティ”の現在地

 業務システムのクラウド化が進展することで注目されているクラウドセキュリティ。利用するクラウドサービスに応じて実装する方法や選択するソリューションが異なるものの、今回は、IaaSやPaaS、SaaSといったパブリッククラウド利用時に検討したいセキュリティ対策を中心に、現在の市場動向から将来的な予測、その課題まで含めて、クラウドセキュリティを概観していきたい。

「サーバ」シェア(2018年第2四半期)

2018年第2四半期の国内サーバ市場は1159億円で2四半期ぶりにプラス成長に転じた。中心となったx86サーバは6四半期連続での成長だ。トップベンダーはどこだ?

国内パブリッククラウド市場、2020年には1兆円規模に

「クラウドファースト」から「パブリッククラウドファースト」に。2018年の国内パブリッククラウドサービス市場規模は、前年比27.4%増の6663億円となった。

BtoBメーカーの業界再編、三菱商事グループ3社が選択したIT基盤「合従連衡」策とは

事業の統廃合や買収、企業グループ間の移動はもはや当たり前によくある話。ワークフローを整理してすぐに成果を出さなきゃいけない時代に、IT部門に課されるお題はムチャぶりだらけ。どうすれば効率よくできる?

「ブリ」に関するIT製品情報

ハイブリッドクラウドに向けたHCI選定、コニカミノルタが徹底検証で得た答えは

ヴイエムウェア株式会社

ハイブリッドクラウドの実現を目指す上で、大きな問題となるのがハードウェアに依存した従来型のプライベートクラウド基盤だ。コスト・運用性・ストレージパフォーマンスの観点からも、その刷新に取り組むことの意味は大きい。

ニーズごとに異なるハイブリッド環境の最適解、自社に適した使い分けの形は?

富士通株式会社

インフラを構成するさまざまな要素が仮想化され、クラウド移行のハードルは低くなっている。こうした中で有力な選択肢となったのが、オンプレミスとクラウドの共存だ。最適な使い分けをどのように実現すべきか、そのポイントを解説する。

サルでも分かる「マルチクラウドストレージ」 ハイブリッドクラウドとの違いは

日本ヒューレット・パッカード株式会社

ビジネスアプリケーションのクラウド移行戦略において、新しい技術をいかに活用してストレージインフラの迅速性・柔軟性・堅牢性を確保するかは重要な課題だ。その解決策「マルチクラウドストレージ」について分かりやすく解説する。

モバイルアプリ開発の3手法を比較、自社の目的にあったパートナー選定とは?

株式会社ランチェスター

モバイルアプリの開発パートナー選定では、手間やコストに差が出る「開発手法」の比較が効果的だ。パッケージ利用/スクラッチ開発/ハイブリッド開発の3手法を、開発期間や自由度など8項目から比較し、メリットとデメリットを探る。

仮想化インフラのクラウド戦略:ハイブリッド環境に最適なプラットフォームとは

日本ヒューレット・パッカード株式会社

クラウド全盛の今も、既存の仮想化インフラの大半は“クラウド未対応”だといわれている。この状況を打開するには、適材適所のクラウド活用、すなわちハイブリッドクラウドへの移行が望ましい。その実現方法を探っていく。

「ブリ」に関連するキーワード

注目キーワード一覧

キーマンズネットとは?

企業向けIT製品の総合サイト「キーマンズネット」では、製品スペックや導入事例・価格情報・技術文書などの充実したIT製品情報に加え、製品の選び方を分かりやすく解説した特集記事によって企業のIT製品選びをサポートします。製品情報と特集記事に加え、ITセミナー情報も毎日更新しています。

会員登録(無料)

ホワイトペーパーや技術資料、導入事例など、IT導入の課題解決に役立つ資料を簡単に入手できます。