「ファイルストレージ 容量」に近い情報
「容量」に関するIT製品・セミナー情報を表示しています。

「容量」に関するIT製品やセミナー情報、最新ニュースならキーマンズネット。 IT製品の詳細スペック情報から導入事例、価格情報まで充実。 資料請求もまとめて簡単にダウンロードできます。

基礎解説オンラインストレージ/ファイルストレージとは?

オンラインストレージ/ファイルストレージとは、インターネット上で自社専用のディスクスペースを利用できるオンラインサービスのこと。利用者はインターネット経由でSSL通信などを使ってセキュアにオンラインストレージにアクセスできるようになっている。

「容量」に関する記事情報

指摘される5Gのボトルネックとは? 6Gにつながる「Beyond 5G」最前線

早くも「5G」の次世代無線通信システムの議論が始まっている。それが「6G」に先駆けてさらなる高速・大容量通信を追求する技術研究開発「Beyond 5G」だ。「5G」に潜むボトルネックとその解決策とは?

5G本格サービス開始前に早くも見つかった脆弱性とは?:503rd Lap

2020年に本格サービスが開始されるといわれる「第5世代移動通信システム」、いわゆる5G。超高速、超大容量、超大量接続、超低遅延が大きな特徴で期待される。だが深刻な脆弱(ぜいじゃく)性が見つかってしまった。

1巻で約330TBを記録できる「スパッタテープ」とは?

1巻で現行テープの約22倍という大容量化を実現した「スパッタテープ」。テープストレージの進化はまだまだ続く。

業務PCのバックアップ先を賢く選ぶ方法

業務用PCを組織として保護する必要性は理解できたが、普通のバックアップでは容量も世代管理もままならない。効率の良いバックアップ先を賢く選ぶ方法を指南する。

社内SNS 8製品のコストを比較、導入から運用にかかるコストとは

社内SNSを導入しようともプランが数パターンあり、容量も多くて選ぶのが大変だ。主要8サービスの基本料金とそれに応じた容量制限などをまとめた。

オンラインストレージ活用で得られるメリットとは

オンラインストレージには、単にデータを保管したり、大容量データの受け渡しを行ったりする以外にも、さまざまな利用方法がある。活用で得られるメリットを幾つか紹介する。

法人向けオンラインストレージ選定における6つの注意点

一見大きな差異があるように見えないオンラインストレージサービスも、容量や金額はもちろん操作性や機能などに違いがある。

急速に普及するオンラインストレージってどんなもの?

社内データの管理や大容量データのやりとりなどを低コストで行う目的で導入する企業も多く、法人を対象としたオンラインストレージサービスも増えた。

光ディスク多層化の限界を軽く超越する「超大容量ホログラムメモリ」とは?

従来1TBが限界とされてきた光ディスクの限界を超え、5インチのディスクなら2TBもの大容量を実現。その100倍も夢じゃない驚きの技術とは?

リチウムイオン電池の7倍も濃い「リチウム高級酸化物電池」とは?

リチウムイオン電池の7倍のエネルギー密度を実現する新たな二次電池が登場した。これまでにない大容量電池の未来とは。

「容量」に関するIT製品情報

監査証跡を残す情報漏えい対策で、人的教育と物理対策を実現

株式会社オーク情報システム

PC約300台の月間ログ容量70〜80GBを10年間保存。社内コンセンサスと物理的対策を両立し、オートチェンジャーによる運用負荷軽減を成功させたセキュリティ対策ツールとは。

ゲーム制作現場も認めた圧倒的な高コスパ、マーベラスが選んだストレージとは?

アセンテック株式会社

ゲーム開発などを手掛けるマーベラス。同社は、4K/8K映像に代表されるコンテンツの大容量化への対応を目指してストレージ刷新を決断した。そこで、同社が「常識を覆す充実の機能」と「圧倒的な低コスト」に驚いたというストレージとは?

G Suiteと連携。手間なくメールの誤送信防止や安全な保管を実現

株式会社クオリティア

若手芸人など所属するタレントは約800人。ファンへのメール誤送信はあってはならないことで、加えて個人メールフォルダの大容量化も大きな課題となっていた。

容量追加の前に自助努力を――東亞合成の情シスに学ぶ強気のファイルサーバ管理

株式会社ジャストシステム

ファイルサーバの容量不足に対し、増設による対応を続けても根本的な解決にはならない。不要なファイルを特定するツールを活用して、容量を削減するアプローチに転換した東亞合成の事例から、ファイルサーバ管理のヒントを探る。

増え続けるOffice文書にどう対処するか、三菱重工業が選んだサーバダイエット術

株式会社ジャストシステム

三菱重工業のインフラチームは、ファイルサーバのデータ問題に頭を悩ませてきた。膨れ上がった容量は35TBを超え、安定運用の障害にもなりかねない。そこで同社が取り組んだのが、不要データを選別するためのデータの可視化だ。

「容量」に関連するキーワード

注目キーワード一覧

キーマンズネットとは?

企業向けIT製品の総合サイト「キーマンズネット」では、製品スペックや導入事例・価格情報・技術文書などの充実したIT製品情報に加え、製品の選び方を分かりやすく解説した特集記事によって企業のIT製品選びをサポートします。製品情報と特集記事に加え、ITセミナー情報も毎日更新しています。

会員登録(無料)

ホワイトペーパーや技術資料、導入事例など、IT導入の課題解決に役立つ資料を簡単に入手できます。