「ビート utmとソホスutmの違い」に近い情報
「ビー」に関するIT製品・セミナー情報を表示しています。

「ビー」に関するIT製品やセミナー情報、最新ニュースならキーマンズネット。 IT製品の詳細スペック情報から導入事例、価格情報まで充実。 資料請求もまとめて簡単にダウンロードできます。

基礎解説UTM(Unified Threat Management)とは?

UTM(Unified Threat Management)は、主にインターネットと社内ネットの境界(ゲートウェイ)に設置し、通信の内容をセキュリティ上のさまざまな視点でチェックして、社内ネットワークと社外ネットワークの接続制御を行うシステム。ファイアウォールに加え、IPsec VPN、IDS/IPS、アンチウイルス、Webとメールのフィルタリング、さらにSSL VPNやWAF、DLP(Data Loss Prevention)、次世代ファイアウォールなどの防御対策機能も搭載している。

「ビー」に関する記事情報

Yahoo! BB ADSL終了? いやいや、まだ終わらんよ:499th Lap

ほとんど耳にすることもなくなった「ブロードバンド」という言葉。「常時接続」というワードも懐かしい限りだ。憧れのネット環境を「ビービーしよう。」してくれたサービスが終わるらしい。

「Alexa、取りあえずビールで」渋谷の居酒屋の挑戦は成功するか?:458th Lap

現在、日本では少子高齢化によって労働力不足が発生している。特に飲食店業界ではその傾向が激しく、人手不足のために営業を停止せざる得ない事態に陥る店舗すらあるという。

RPAの威力を社長にどう訴えるべきか? 業務自動化の処方箋

「RPAは業種に関係なく、ほぼ全ての分野に適応できる。このようなツールは他にないと思っている」と豪語するのは、アビーム の安部氏。同氏は、RPAを活用している企業の悩みとその解決策を解説した。

RPA活用で20人×10日の作業が1日に、離職率も低下……3つの先進的な導入事例

「RPAを一度導入してしまえば、手放せなくなる」――そう強調するアビームコンサルティングが、RPA業界の動向や同社の知見を発表した。本稿では、同社が指揮したRPAの特徴的な導入事例や企業の導入状況を紹介する。

コカ・コーラもやっている、モノが売れない時代に売り上げをアップする方法

コカ・コーラは、アプリを使って「シュッとかざしてがちゃんと出てくる」新しい経験を生むことで反響を呼んだ。その裏側には、ビーコンの仕組みを使った技術がある。ビーコン技術は売り上げ向上の鍵となるのか。

「ビー」に関するIT製品情報

「VMware vSphere環境クラウド化」稟議を書く前の3つの着眼点

日本アイ・ビー・エム株式会社

企業ITの基盤に、俊敏性と柔軟性のさらなる向上が求められる中で、VMware vSphere環境のクラウド移行が加速している。この取り組みの稟議を書く担当者は「3つの着眼点」を押さえておく必要がある。

交通運輸システムを激変させるコネクテッドビークル、収益化につなげるヒント

SAS Institute Japan株式会社

自動車をはじめとする交通運輸システムの分野では、コネクテッドビークルによる破壊的ともいえる変革が進行しつつある。これを支えるのは、スマートデバイス化したモビリティから収集したデータに基づく、優れたアナリティクスだ。

コンテナ化がゴールではない、アプリケーションのモダン化に至る最適パスとは?

日本アイ・ビー・エム株式会社

アプリケーションをコンテナ化することは、モダナイゼーションへの優れた最初のステップとなる。しかし、真のビジネス価値を引き出すためには、モダナイゼーションの段階をさらに先へと進める必要がある。

“データの収益化”に向けた第一歩、データドリブン時代のストレージ活用法

日本アイ・ビー・エム株式会社

デジタルトランスフォーメーションの取り組みにおいて、多くの企業が「データの資本化/収益化」を最優先事項としている。その実現に向けて解決すべきストレージの課題と解決策とは何か? 調査データを基に解説する。

安全性・信頼性・可用性を強化、Yahoo! JAPANに学ぶオブジェクトストレージ活用

日本アイ・ビー・エム株式会社

月間で約725億のページビューを誇る「Yahoo! JAPAN」。その運営を行うヤフーは、膨大なトラフィックにより限界を迎えつつあったストレージ環境をどのように改善したのか。同社の事例からクラウド時代に求められるストレージの条件を探る。

「ビー」に関連するキーワード

注目キーワード一覧

キーマンズネットとは?

企業向けIT製品の総合サイト「キーマンズネット」では、製品スペックや導入事例・価格情報・技術文書などの充実したIT製品情報に加え、製品の選び方を分かりやすく解説した特集記事によって企業のIT製品選びをサポートします。製品情報と特集記事に加え、ITセミナー情報も毎日更新しています。

会員登録(無料)

ホワイトペーパーや技術資料、導入事例など、IT導入の課題解決に役立つ資料を簡単に入手できます。