「ビーエムセンター」に近い情報
「ビーエム」に関するIT製品・セミナー情報を表示しています。

「ビーエム」に関するIT製品やセミナー情報、最新ニュースならキーマンズネット。 IT製品の詳細スペック情報から導入事例、価格情報まで充実。 資料請求もまとめて簡単にダウンロードできます。

基礎解説キーマンズネットとは?

キーマンズネットは企業・法人のIT選定・導入をサポートする総合情報サイトです。ご利用は完全無料。IT初心者から上級者まで、皆さまのさまざまなニーズにお応えします。

「ビーエム」に関するIT製品情報

IT環境の複雑化に惑わされない、トップ企業のテクノロジーサポート戦術を学ぶ

日本アイ・ビー・エム株式会社

複数のデバイスやプラットフォーム、管理対象ベンダーの混成などによるIT環境の複雑化に伴い、テクノロジーサポートの課題も顕在化している。そうした中、トップリーダー企業はどうサポート戦略を確立し、優位性を獲得しているのか。

運用がベンダー製品ごとに属人化、行き詰まった環境を打開した国内企業の一手

日本アイ・ビー・エム株式会社

テクノロジーの進化に伴い、IT環境は飛躍的に拡充した一方、さまざまなベンダーの採用に伴う、複雑なシステム管理といった運用保守面での弊害を生んでいる。こうした課題を解消するには、どのようなアプローチを採用すべきだろうか。

増加するインジェクション、狙われる金融業界……脅威動向から見えた対策は?

日本アイ・ビー・エム株式会社

Shellshock攻撃、ランサムワーム、インジェクション攻撃と、サイバー脅威のトレンドの変遷は目まぐるしい。企業は今何に注意すべきなのか、大手ITベンダーのセキュリティチームによる調査から、注目の攻撃手法や業界別のリスクを探った。

DevOpsにまつわる「10の誤解」 役立つ場合と役立たない場合では何が違うのか?

日本アイ・ビー・エム株式会社

アジャイルなビジネスの必須条件となったDevOpsだが、この動きは発展途上にあり、他のトレンドと同じように誤解が付きまとう。本項では、ビジネスニーズや機能の考察、導入事例などビジネス中心のアプローチからDevOpsの本質に迫る。

運用コストを大幅削減し、かつ複雑なIT環境の運用保守を容易にする方法とは?

日本アイ・ビー・エム株式会社

さまざまなベンダーの製品が混在するマルチベンダー IT環境では、管理・運用のワークロードとコストの増大が課題だ。これを解決するのが、多種多様なハード・ソフトの運用保守の窓口を一本化し効率化する「マルチベンダー・サービス」だ。

「ビーエム」に関連するキーワード

注目キーワード一覧

キーマンズネットとは?

企業向けIT製品の総合サイト「キーマンズネット」では、製品スペックや導入事例・価格情報・技術文書などの充実したIT製品情報に加え、製品の選び方を分かりやすく解説した特集記事によって企業のIT製品選びをサポートします。製品情報と特集記事に加え、ITセミナー情報も毎日更新しています。

会員登録(無料)

ホワイトペーパーや技術資料、導入事例など、IT導入の課題解決に役立つ資料を簡単に入手できます。