「ビジコム 大谷洋一郎」に近い情報
「ビジ」に関するIT製品・セミナー情報を表示しています。

「ビジ」に関するIT製品やセミナー情報、最新ニュースならキーマンズネット。 IT製品の詳細スペック情報から導入事例、価格情報まで充実。 資料請求もまとめて簡単にダウンロードできます。

基礎解説キーマンズネットとは?

キーマンズネットは企業・法人のIT選定・導入をサポートする総合情報サイトです。ご利用は完全無料。IT初心者から上級者まで、皆さまのさまざまなニーズにお応えします。

「ビジ」に関する記事情報

AI活用事例集~SNSマーケ、バックオフィス効率化、Webサービス最適化~

ビジネス現場でAIの導入検討が進む。まだAIを使いこなせない企業にとって「どこでどのAIをどう使うか」は想像し難く、有効な活用策を見いだせない状況だ。そこでブックレットではAI活用先進企業3社による具体的なAI活用事例とその手法、効果を紹介する。

データを仕事に生かせる日本企業は「たった3%」、課題は人事にある

ガートナー ジャパンの調査によると、日本では半数以上の企業がデータを利活用しているものの、ビジネスで成果を得ている企業は少ない現状が明らかになった。

Slackのbotはどこまで進化した? ユースケースに学ぶ働き方改革のヒント

DeNAやヤフーなどで活用が進むビジネス向けチャットツールのSlack。Slack TechnologiesのCTOが、最新機能を含め、Slackでどのように業務を変えられるのかを力説した。残業時間を半減させた事例もあるという。

「タブレット」シェア(2018年第4半期および2018年)

IDC Japanは「2018年および2018年第4四半期 国内タブレット端末市場実績値」を発表した。家庭市場は出荷台数が伸び悩んだが、その一方でビジネス市場は2018年第4四半期および通年ともに堅調な成長を見せた。プラス成長をけん引した要因とは。

裾野拡大が急務となるAR/VRのビジネス利用動向

 VR(Virtual Reality:仮想現実)やAR(Augmented Reality:拡張現実)の技術が広がりつつあるが、実際の法人活用はどんな状況かのか。ビジネス領域におけるAR/VR動向を見ていく。

今のAIブームは単なるお祭り騒ぎか 1541人に聞いたAIビジネス利用実態

第3次AIブームと呼ばれる現在、RPAと並び企業の関心が高いAI。今のブームは一時的な盛り上がりなのか、それとも定着の前段階なのか。それを探るために、1541人の読者に対して勤務先でのAI活用状況について聞いた。

VRとARのビジネス活用はこの1年でどこまで進んだか

IDC Japanは、VR(仮想現実)とAR(拡張現実)の国内ビジネス利用に関する調査を実施した。2017年に実施した調査結果から状況はどう変わったのか。また、VRとARの今後のビジネス活用を阻む要因とは何か。

ブラックマーケットが支援する標的型攻撃に対抗する手法

サイバー攻撃をビジネスに結び付け組織やブラックマーケットが存在する。攻撃を100%防御できる手段はないが、被害を軽減するためにできることがある。

Googleスプレッドシートとは何か

Googleスプレッドシートは、G Suiteのビジネスツールの1つで、表やグラフの作成から多彩な関数を駆使した高度なデータ分析まで幅広く使える表計算アプリケーションだ。Microsoft Excelとの違いはどこにあるのか。

「タブレット」シェア(2018年第3四半期)

国内タブレット市場出荷台数は前年同期比15.6%減の179万台だった。成長が鈍化した理由は何か。市場をけん引するビジネスモデルは?

「ビジ」に関するIT製品情報

RPAで非構造化データ処理も自動化? コグニティブオートメーションの6ステップ

オートメーション・エニウェア・ジャパン株式会社

ビジネスプロセスの自動化で注目される「RPA」だが、中でも最大のトレンドが“認知機能”を追加し、意思決定などを支援する「コグニティブオートメーション」だ。そのメリットと、導入を成功させるための「6つのステップ」を解説する。

ビジネスの中断なく秒単位で脅威を自動遮断、AIベースの次世代サイバー防御とは

ダークトレース・ジャパン株式会社

サイバー攻撃のさらなる洗練により複雑化を続けるデジタルビジネスは自己防御型への変容が求められている。それを支援するのが、ビジネスを中断させることなく確度の高い脅威を数秒で封じ込める能力を持つAIベースのセキュリティツールだ。

業務環境の多様化で複雑さを増すネットワーク管理、安全・簡単に効率化するには

マクニカネットワークス株式会社

モバイルやクラウドなどの活用による業務環境の多様化は、ビジネスを加速する一方で、セキュアで高速なネットワーク環境の実現を困難なものにしている。今後のネットワーク管理には、クラウドを活用した発想の転換が必要だ。

ソフトウェア定義ネットワーク製品導入戦略ガイド

マクニカネットワークス株式会社

ソフトウェア定義ネットワークのトレンドは、他のビジネス分野にも影響を及ぼす。本PDFはキャンパスLAN設計、SDNとDevOpsの違い、コンテナへの接続方法について解説する。

DevOpsの俊敏性を最大化、データ分析プラットフォームがもたらすビジネス成果

Splunk Services Japan

DevOpsでは8つのステップを絶え間なく反復するが、各ステップで異なるツールを使用すると、プロセスの可視性や俊敏性の低下を招く。この落とし穴を回避するには、データに基づいてフィードバックを提供する分析プラットフォームが必要だ。

「ビジ」に関する新着セミナー

クラウドERPが実現するレガシー業務のデジタル改革とは!

株式会社パシフィックビジネスコンサルティング

2019/09/06(金)14:30~17:00

  • 大阪府
無料 | 定員40名 | 基幹系システム | データ分析 | 運用管理

GitHub Enterpriseを活用してビジネス競争力を向上しよう

マクニカネットワークス株式会社

2019/08/26(月)15:00~17:00

  • 東京都
無料 | 定員20名 | 開発

世界で戦う日系企業のためのERP導入手法解説セミナー

株式会社パシフィックビジネスコンサルティング

2019/09/12(木)15:45~18:00

  • 東京都
無料 | 定員60名 | 基幹系システム | データ分析

「ビジ」に関連するキーワード

注目キーワード一覧

キーマンズネットとは?

企業向けIT製品の総合サイト「キーマンズネット」では、製品スペックや導入事例・価格情報・技術文書などの充実したIT製品情報に加え、製品の選び方を分かりやすく解説した特集記事によって企業のIT製品選びをサポートします。製品情報と特集記事に加え、ITセミナー情報も毎日更新しています。

会員登録(無料)

ホワイトペーパーや技術資料、導入事例など、IT導入の課題解決に役立つ資料を簡単に入手できます。