「ビジコム 大谷洋一郎」に近い情報
「ビジ」に関するIT製品・セミナー情報を表示しています。

「ビジ」に関するIT製品やセミナー情報、最新ニュースならキーマンズネット。 IT製品の詳細スペック情報から導入事例、価格情報まで充実。 資料請求もまとめて簡単にダウンロードできます。

基礎解説キーマンズネットとは?

キーマンズネットは企業・法人のIT選定・導入をサポートする総合情報サイトです。ご利用は完全無料。IT初心者から上級者まで、皆さまのさまざまなニーズにお応えします。

「ビジ」に関する記事情報

音声認識技術とは? 議事録作成ツールの現在地、オンプレミスとクラウドの違いと選定ポイント

音声認識技術にあらためて注目が集まる。近年は、働き方改革を背景として、議事録作成支援ツールやコールセンターを中心にビジネスでの活用が広まっている。その実力とは? 認識精度やメリット、オンプレミスとクラウドAPIの違い、製品選定のポイントを解説する。

調査で分かった「日本企業のDXがいまいちな理由」デキる企業は何が違うか

「ビジネスモデル開発? イエイエ、メッソウもございません」――目先の成果を求める日本企業のDXは総じて保守的。そんな結論が調査から明らかに。この状況で成果を出す日本企業がやっていること、特徴も分かった。

AI活用事例集~SNSマーケ、バックオフィス効率化、Webサービス最適化~

ビジネス現場でAIの導入検討が進む。まだAIを使いこなせない企業にとって「どこでどのAIをどう使うか」は想像し難く、有効な活用策を見いだせない状況だ。そこでブックレットではAI活用先進企業3社による具体的なAI活用事例とその手法、効果を紹介する。

データを仕事に生かせる日本企業は「たった3%」、課題は人事にある

ガートナー ジャパンの調査によると、日本では半数以上の企業がデータを利活用しているものの、ビジネスで成果を得ている企業は少ない現状が明らかになった。

Slackのbotはどこまで進化した? ユースケースに学ぶ働き方改革のヒント

DeNAやヤフーなどで活用が進むビジネス向けチャットツールのSlack。Slack TechnologiesのCTOが、最新機能を含め、Slackでどのように業務を変えられるのかを力説した。残業時間を半減させた事例もあるという。

「タブレット」シェア(2018年第4半期および2018年)

IDC Japanは「2018年および2018年第4四半期 国内タブレット端末市場実績値」を発表した。家庭市場は出荷台数が伸び悩んだが、その一方でビジネス市場は2018年第4四半期および通年ともに堅調な成長を見せた。プラス成長をけん引した要因とは。

裾野拡大が急務となるAR/VRのビジネス利用動向

 VR(Virtual Reality:仮想現実)やAR(Augmented Reality:拡張現実)の技術が広がりつつあるが、実際の法人活用はどんな状況かのか。ビジネス領域におけるAR/VR動向を見ていく。

今のAIブームは単なるお祭り騒ぎか 1541人に聞いたAIビジネス利用実態

第3次AIブームと呼ばれる現在、RPAと並び企業の関心が高いAI。今のブームは一時的な盛り上がりなのか、それとも定着の前段階なのか。それを探るために、1541人の読者に対して勤務先でのAI活用状況について聞いた。

VRとARのビジネス活用はこの1年でどこまで進んだか

IDC Japanは、VR(仮想現実)とAR(拡張現実)の国内ビジネス利用に関する調査を実施した。2017年に実施した調査結果から状況はどう変わったのか。また、VRとARの今後のビジネス活用を阻む要因とは何か。

ブラックマーケットが支援する標的型攻撃に対抗する手法

サイバー攻撃をビジネスに結び付け組織やブラックマーケットが存在する。攻撃を100%防御できる手段はないが、被害を軽減するためにできることがある。

「ビジ」に関するIT製品情報

再考すべき“顧客体験”の重要性、DX時代に必要な小売・流通業のアプローチとは

アドビ システムズ 株式会社

スマートフォンの普及をはじめとするデジタル化の波は、小売業や流通業のビジネスを大きく変えた。顧客接点が増えた今、企業は複数のチャネルで“良質な顧客体験”を提供する必要がある。その実践のヒントを、動画で分かりやすく解説する。

動画で解説:AIで誰もがデータ保守運用と洞察に富んだ視覚化を実現する時代とは

日本オラクル株式会社

データ活用は、IT部門にもビジネス部門にも負担の重いミッションだと思われがちだ。実際、データ分析には手作業のタスクが多い。機械学習を活用し、データベースの運用・セキュリティ・管理を一挙に自動化・効率化したい。

動画で解説:インサイトを迅速で容易に獲得、機械学習で変わるデータ分析とは

日本オラクル株式会社

ITリーダーの多くは、全てのビジネス部門がより正確かつ迅速な意思決定ができるようになる方法を模索している。このニーズに対して、機械学習の機能が組み込まれたアナリティクスプラットフォームは、どのような形で貢献するのだろうか。

海外拠点のSaaS活用は「もろ刃の剣」 高まるセキュリティリスクへの対策は?

株式会社IIJグローバルソリューションズ

海外進出企業では、クラウドシフトに伴うグローバルインフラ統合が必要だ。ビジネススピードを落とさず、かつセキュリティを確保する方法として、ネットワークとセキュリティをクラウドで提供するソリューションが注目されている。

海賊版が使われることも……、海外拠点のリスクが分かる「ICTチェックリスト」

株式会社IIJグローバルソリューションズ

海外ビジネスを展開する企業にとって、現地拠点のICT管理、セキュリティリスク現地法規制への対策は難しい問題だ。事前検討を経て業務が安定稼働しはじめた“今”を、ICT管理見直しの好機と捉え、自社の課題を知っておきたい。

「ビジ」に関する新着セミナー

RPA・AI OCR・デジタルペーパーを利用した業務改革セミナー

ソニービジネスソリューション株式会社

2019/10/24(木)15:00~17:00

  • 東京都
無料 | 定員60名 | スマートデバイス | 基幹系システム | 情報共有システム・コミュニケーションツール

大阪開催決定!VMware クラウドビジネス キックオフ

株式会社ネットワールド

2019/11/28(木)14:30~17:00

  • 大阪府
無料 | 定員50名 | 仮想化 | 情報システム | データセンター

メジャークラウド(G Suite、Office 365、 ビジネス版LINE/Facebook)活用セミナー大阪12/5

株式会社サテライトオフィス

2019/12/05(木)13:00~17:00

  • 大阪府
無料 | 定員50-100名 | スマートデバイス | 情報共有システム・コミュニケーションツール

「ビジ」に関連するキーワード

注目キーワード一覧

キーマンズネットとは?

企業向けIT製品の総合サイト「キーマンズネット」では、製品スペックや導入事例・価格情報・技術文書などの充実したIT製品情報に加え、製品の選び方を分かりやすく解説した特集記事によって企業のIT製品選びをサポートします。製品情報と特集記事に加え、ITセミナー情報も毎日更新しています。

会員登録(無料)

ホワイトペーパーや技術資料、導入事例など、IT導入の課題解決に役立つ資料を簡単に入手できます。