「パッケージ型消火設備 リース」に近い情報
「リース」に関するIT製品・セミナー情報を表示しています。

「リース」に関するIT製品やセミナー情報、最新ニュースならキーマンズネット。 IT製品の詳細スペック情報から導入事例、価格情報まで充実。 資料請求もまとめて簡単にダウンロードできます。

基礎解説キーマンズネットとは?

キーマンズネットは企業・法人のIT選定・導入をサポートする総合情報サイトです。ご利用は完全無料。IT初心者から上級者まで、皆さまのさまざまなニーズにお応えします。

「リース」に関する記事情報

PC調達の根本を変える「Device as a Service」リースとは何が違うのか?

2~3年ほど前から大手ベンダーが提供し始めた「Device as a Service(DaaS)」。まだ誕生して間もないサービスで、ユーザー企業の理解も漠然(ばくぜん)とした状態だ。単に「PCの運用管理を丸投げできるサービス」と考えられているようだが、DaaSの本質的なメリットはそこではないという。

稟議書100件と決別、PC費用300万円の削減――0円ツールを使った企業のPC改革

属人化したデータベースソフトで500台ものリースPCを管理していたYAMAGATA。煩雑な管理の手間を激減させ、年数百万円ものコスト削減をもたらした「決め手」とは何だったのか?

ROIは560%、事務職20人減でも残業ゼロに――昭和リースのRPA導入、現場では何が起きていた?

RPAで「ROI 560%」を実現した昭和リース。バックオフィスの人員を減らしながら、残業もゼロにした同社がBlue Prismのイベントで講演。完全に内製しているプロジェクトの裏側と成功のポイントを語った。

29年前のWindowsソフトが最新アプリとしてリリースされた件:500th Lap

日本語版「Windows 3.1」が発売されたのが1993年のこと。国内のWindowsの普及はここから始まったともいえる。Windowsの黎明(れいめい)期を知っている人はどれほどいるだろうか?

クラウド時代にハコモノを“あえて出す”ベリタスの意図

2020年には売り上げを現在の2倍にする。そう意気込んだベリタステクノロジーズが新製品として発表したのが2つのアプライアンス。このクラウド時代になぜ“ハコモノ”をリリースしたのだろうか?

iPhoneを売るために、Appleが中国政府に売り渡したモノとは:455th Lap

Appleは2018年内に新型iPhoneを3機種投入するのだそうだ。もちろん、まだうわさに過ぎない。例年どおりとはいえ、毎年リリースされるiPhoneが新たなユーザーを開拓してきたのは間違いない。

シスコの「従業員100人以下」狙いが成功、中小企業向けリースを開始

スイッチ製品「Cisco Catalystシリーズ」を5万円台で投入したシスコシステムズの「Cisco Start」戦略。成功を受け無線LANアクセスポイントを4万円台、x86サーバを25万円台で投入する。

「名刺管理システム」シェア(2015年度)

2016年は40億円を超えた名刺管理ツール市場。16社が当該製品のリリースを行う中、圧倒的なシェア率を誇る1位ベンダーとは?

なぜWindows10移行に本腰になれないのか、求められるEMMとは?

2015年7月にリリースされ既に1年以上が経過したWin 10。ビジネスシーンにおいて本格導入が進まない理由とは?

M2Mプラットフォームの国際標準「oneM2M」とは?

第4次産業革命を支えるIoTの重要な要素技術であるM2M国際標準「oneM2M」。リリース1規格の全貌を徹底解説する。

「リース」に関するIT製品情報

クラウド上の業務アプリケーション構築ツールで業務効率化を実現

サイボウズ株式会社

横河レンタ・リースでは、基幹システム刷新に伴う連携業務システムの移行をクラウド上の業務アプリケーション構築ツールで実現。業務改善の意識向上にも貢献している。

「第2世代AMD EPYC搭載サーバ」徹底解説――導入企業のエックスサーバーも登壇

Dell Technologies(デル株式会社/EMCジャパン株式会社)

2019年8月にリリースされた新サーバCPU「第2世代AMD EPYC」は、その性能から熱視線を注がれているが、全てのサーバがそのメリットを引き出せるわけではないという。注目すべき性能とともに、搭載サーバに求められる条件、用途を識者に聞いた。

「コンポーザブルインフラ」実機検証で見えた、ブレードサーバからの3つの進化

横河レンタ・リース株式会社

変化の早いビジネスニーズに対応できる次世代型インフラが求められる中、大きな関心を集めている「コンポーザブルインフラ」。その実力を探るべく行われた実機検証により見えてきた、ブレードサーバからの「注目すべき3つの進化」とは?

社内提案の前に知っておきたい、ハイパーコンバージドインフラ導入の総経済効果

横河レンタ・リース株式会社

次世代型ITインフラへの移行が重要な経営課題となる中、大きな注目を集めるハイパーコンバージドインフラ(HCI)。その導入を進める際は、導入提案書の作成者や決裁を行う経営層が「HCIの総経済効果」を正しく理解することが重要となる。

最新HCIが抱える1つの課題 サービス停止に陥る前に補強すべき要素とは

横河レンタ・リース株式会社

ITインフラのパフォーマンスや運用性を大幅に向上させるハイパーコンバージドインフラ(HCI)。その可用性の高さも注目されるところだが、HCI環境における障害対策は、ある要素を補強することで万全になるという。

「リース」に関連するキーワード

注目キーワード一覧

キーマンズネットとは?

企業向けIT製品の総合サイト「キーマンズネット」では、製品スペックや導入事例・価格情報・技術文書などの充実したIT製品情報に加え、製品の選び方を分かりやすく解説した特集記事によって企業のIT製品選びをサポートします。製品情報と特集記事に加え、ITセミナー情報も毎日更新しています。

会員登録(無料)

ホワイトペーパーや技術資料、導入事例など、IT導入の課題解決に役立つ資料を簡単に入手できます。