「バックプレーンとは」に近い情報
「バック」に関するIT製品・セミナー情報を表示しています。

「バック」に関するIT製品やセミナー情報、最新ニュースならキーマンズネット。 IT製品の詳細スペック情報から導入事例、価格情報まで充実。 資料請求もまとめて簡単にダウンロードできます。

基礎解説キーマンズネットとは?

キーマンズネットは企業・法人のIT選定・導入をサポートする総合情報サイトです。ご利用は完全無料。IT初心者から上級者まで、皆さまのさまざまなニーズにお応えします。

「バック」に関する記事情報

Arcserveが国内でクラウドバックアップ/DRサービス強化、自前でDCを提供

Arcserve Japanがクラウドバックアップ、ディザスターリカバリー(DR:災害復旧)施策を強化。自前のデータセンター提供の他、小規模拠点やエッジデバイスの一元バックアップを視野に入れたサービス提供を開始する。

AI活用事例集~SNSマーケ、バックオフィス効率化、Webサービス最適化~

ビジネス現場でAIの導入検討が進む。まだAIを使いこなせない企業にとって「どこでどのAIをどう使うか」は想像し難く、有効な活用策を見いだせない状況だ。そこでブックレットではAI活用先進企業3社による具体的なAI活用事例とその手法、効果を紹介する。

Nutanix Acropolisにもネイティブ対応、Windows ServerのEoS対策も視野にデータ保護を強化したArcserve新版

Arcserve Japanはサーバ向けのバックアップツール2製品の出荷を開始した。イメージバックアップツールのUDP 7.0と、レプリケーションツールのRHA 18.0で、Windows Server 2019など最新のOSに対応した。

ついに発生、USBキラーがもたらした「大量殺りく事件」とは?:511th Lap

企業からのデータ漏えいの「主犯格」としてUSBメモリが糾弾されて久しい。カンタンに社内のデータを持ち出せるし、バックアップのつもりで重要データを保存したUSBメモリをウッカリ落としたり紛失したりもする。

Office 365のデータを無制限バックアップ、NTT Comが発表した新サービスとは

「Office 365のデータはクラウドにあるから安心でしょ?」と思うユーザーも少なくない。だが、万が一データが消失したときのことを考えているだろうか。NTT ComはOffice 365ユーザー向けに新バックアップサービスを発表した。

レノボ 大和研究所が本気でオンライン会議システムを開発すると、どうなるか

大和研究所が10社もの企業からフィードバックを受けて開発したオンライン会議システム。なんでも音にこだわりがあるというが、その理由は?

ROIは560%、事務職20人減でも残業ゼロに――昭和リースのRPA導入、現場では何が起きていた?

RPAで「ROI 560%」を実現した昭和リース。バックオフィスの人員を減らしながら、残業もゼロにした同社がBlue Prismのイベントで講演。完全に内製しているプロジェクトの裏側と成功のポイントを語った。

マルチクラウド時代のデータ管理に求められる機能とは何か

ヴィーム・ソフトウェアは、マルチクラウド環境におけるバックアップとデータ保護を提供する「Veeam Availability Suite 9.5 Update 4」を発表した。ユーザー企業が直面する3つの課題を解決するという。

ERPの導入状況(2018年)/前編

主要パッケージ製品やバックエンドのサーバ製品の保守サポート終了やクラウドサービスの隆盛など、ERPを取り巻く環境は節目を迎えつつある。加えて工数やコストを抑えて導入できるクラウドERPの選択肢も増えてきた。約1年前の調査と比較して変化はあっただろうか。

月間375時間を削減した人材コンサル企業の「泥臭いRPA導入」

企業の人材採用を支援するある人材コンサル企業は、採用事業のバックオフィス業務を効率化するためにRPAの導入を決意した。だが、現場からの要望はとてもRPAだけで解決できるものではない。これをどう乗り切ったか?

「バック」に関するIT製品情報

混在環境を統合管理、バックアップ対象と復元先を選ばないデータ保護の秘訣

クエスト・ソフトウェア株式会社

現代のビジネスでは“業務を止めない”ことが重要となる。物理、仮想、クラウドに混在するシステムやアプリケーションを確実に保護し、障害発生時にもスムーズなリカバリーを行うためには、どのような製品を選ぶべきだろうか?

今の環境で十分? クラウドファースト時代のBCP/DRソリューションの選び方

arcserve Japan合同会社

クラウドファースト時代では、どのようなクラウドサービスを選択し活用するかは企業にとって重要な課題である。このことは、バックアップやリカバリー環境を構築する上でも同じこと。クラウド選択の課題を解決するための最適解を探った。

地方自治体向けクラウドに選ばれた「データ保護基盤」は?

ベリタステクノロジーズ合同会社

自治体向けにも広がるクラウドサービス。そこではバックアップ環境のさらなる高品質化が求められている。そこで注目されたのは、高品質なバックアップと運用の柔軟性を特長とするデータ保護アプライアンスだった。

大容量データの高速バックアップを実現、コスト効率で考えるデータ保護の最適解

東京エレクトロン デバイス株式会社

経営資源としてのデータの重要性は高まる一方だが、その爆発的な増加によってバックアップ運用に課題を抱える企業は多い。その解決策として注目される、容量効率やコストメリットに優れた大容量バックアップの手法とは?

DevOpsの俊敏性を最大化、データ分析プラットフォームがもたらすビジネス成果

Splunk Services Japan

DevOpsでは8つのステップを絶え間なく反復するが、各ステップで異なるツールを使用すると、プロセスの可視性や俊敏性の低下を招く。この落とし穴を回避するには、データに基づいてフィードバックを提供する分析プラットフォームが必要だ。

「バック」に関する新着セミナー

半日でわかる!Veeam Backup & Replicationハンズオントレーニング基礎編

株式会社ネットワールド

2019/11/06(水)13:00~17:30

  • 東京都
無料 | 定員12名 | バックアップ

Veeamも認定、バックアップを2倍高速化+容量95%削減!

クライム

2019/10/10(木)17:00~17:40

  • オンラインセミナー
無料 | 定員なし | ストレージ | 仮想化 | バックアップ

半日でわかる!Veeam Backup & Replicationハンズオントレーニング基礎編

株式会社ネットワールド

2019/10/02(水)13:00~17:30

  • 東京都
無料 | 定員12名 | バックアップ

「バック」に関連するキーワード

注目キーワード一覧

キーマンズネットとは?

企業向けIT製品の総合サイト「キーマンズネット」では、製品スペックや導入事例・価格情報・技術文書などの充実したIT製品情報に加え、製品の選び方を分かりやすく解説した特集記事によって企業のIT製品選びをサポートします。製品情報と特集記事に加え、ITセミナー情報も毎日更新しています。

会員登録(無料)

ホワイトペーパーや技術資料、導入事例など、IT導入の課題解決に役立つ資料を簡単に入手できます。