「バックサポート 意味」に近い情報
「バック」に関するIT製品・セミナー情報を表示しています。

「バック」に関するIT製品やセミナー情報、最新ニュースならキーマンズネット。 IT製品の詳細スペック情報から導入事例、価格情報まで充実。 資料請求もまとめて簡単にダウンロードできます。

基礎解説キーマンズネットとは?

キーマンズネットは企業・法人のIT選定・導入をサポートする総合情報サイトです。ご利用は完全無料。IT初心者から上級者まで、皆さまのさまざまなニーズにお応えします。

「バック」に関する記事情報

IT資格の取得状況(2019年)/後編

従業員の資格取得を促進させるには、会社のバックアップ体制も重要だ。資格の取得支援というと「受験費用の負担」や「報奨金」などが挙がるが、従業員はお金や昇進以外にも求めるものがあるという。

バックアップツールの導入状況(2019年)

バックアップツールの満足度調査はいつも「満足」とする回答者が多い。だが満足の中身を見てみると、あまり使いこなしていないからこそ満足なのかもしれない。リプレース意欲を積極的に発信した回答者はどのくらいいただろうか。

Arcserveが国内でクラウドバックアップ/DRサービス強化、自前でDCを提供

Arcserve Japanがクラウドバックアップ、ディザスターリカバリー(DR:災害復旧)施策を強化。自前のデータセンター提供の他、小規模拠点やエッジデバイスの一元バックアップを視野に入れたサービス提供を開始する。

AI活用事例集~SNSマーケ、バックオフィス効率化、Webサービス最適化~

ビジネス現場でAIの導入検討が進む。まだAIを使いこなせない企業にとって「どこでどのAIをどう使うか」は想像し難く、有効な活用策を見いだせない状況だ。そこでブックレットではAI活用先進企業3社による具体的なAI活用事例とその手法、効果を紹介する。

Nutanix Acropolisにもネイティブ対応、Windows ServerのEoS対策も視野にデータ保護を強化したArcserve新版

Arcserve Japanはサーバ向けのバックアップツール2製品の出荷を開始した。イメージバックアップツールのUDP 7.0と、レプリケーションツールのRHA 18.0で、Windows Server 2019など最新のOSに対応した。

ついに発生、USBキラーがもたらした「大量殺りく事件」とは?:511th Lap

企業からのデータ漏えいの「主犯格」としてUSBメモリが糾弾されて久しい。カンタンに社内のデータを持ち出せるし、バックアップのつもりで重要データを保存したUSBメモリをウッカリ落としたり紛失したりもする。

Office 365のデータを無制限バックアップ、NTT Comが発表した新サービスとは

「Office 365のデータはクラウドにあるから安心でしょ?」と思うユーザーも少なくない。だが、万が一データが消失したときのことを考えているだろうか。NTT ComはOffice 365ユーザー向けに新バックアップサービスを発表した。

レノボ 大和研究所が本気でオンライン会議システムを開発すると、どうなるか

大和研究所が10社もの企業からフィードバックを受けて開発したオンライン会議システム。なんでも音にこだわりがあるというが、その理由は?

ROIは560%、事務職20人減でも残業ゼロに――昭和リースのRPA導入、現場では何が起きていた?

RPAで「ROI 560%」を実現した昭和リース。バックオフィスの人員を減らしながら、残業もゼロにした同社がBlue Prismのイベントで講演。完全に内製しているプロジェクトの裏側と成功のポイントを語った。

マルチクラウド時代のデータ管理に求められる機能とは何か

ヴィーム・ソフトウェアは、マルチクラウド環境におけるバックアップとデータ保護を提供する「Veeam Availability Suite 9.5 Update 4」を発表した。ユーザー企業が直面する3つの課題を解決するという。

「バック」に関するIT製品情報

仮想化環境に特化した機能満載、Veeamのバックアップソリューションの強みとは

株式会社ネットワールド

クラウドの普及によりデータの分散が進む中、それらをいかに保護/管理するかが多くの企業で課題になっている。そこで注目したいのが、VMware vSphereやHyper-Vなどの仮想化環境に特化したVeeam Softwareのバックアップソリューションだ。

経理業務の自動化で工数を約10%削減、事例に学ぶRPA製品選びのポイントとは?

ロジウム株式会社

バックオフィス業務を自動化/効率化する手段として、多くの企業から注目されるRPA。経理部門の人員不足を解消し、全体工数を約10%削減した企業の事例から、RPA製品選定のポイントや、サポート体制の重要性を読み解く。

増えるのはデータと苦情だけ、“予算が増えないストレージ運用”の悩みと解決策

日本アイ・ビー・エム株式会社

終わらないバックアップ、週末の障害対応、容量・性能不足への苦情、コスト削減の圧力など、ストレージ運用にまつわる悩みは尽きない。予算は増えないが、データと苦情だけは増えるという状況に苦しむIT担当者はどうすれば救われるのか?

Pure StorageとVeeam連携による快適バックアップ&リカバリー

SB C&S株式会社

多様なデータがストレージに保存される昨今、仮想マシンの保護は重要な課題だ。特に既存インフラの性能に影響のないバックアップの実現は管理者の悩みのタネとなる。こうした悩みはPure StorageとVeeamの連携ソリューションで解決できる。

“情報系”との融合がカギ、基幹系システムを使いこなして生産性を高める方法

株式会社OSK

全社的な生産性を高めるには、基幹系システムでバックオフィス業務の効率化を図るのはもちろん、情報系システムと融合させることのメリットも大きい。その理由と実践方法について、分かりやすく解説する。

「バック」に関する新着セミナー

半日でわかる!Veeam Backup & Replicationハンズオントレーニング基礎編

株式会社ネットワールド

2020/02/06(木)13:00~17:30

  • 東京都
無料 | 定員12名 | バックアップ

半日でわかる!Veeam Backup & Replicationハンズオントレーニング基礎編

株式会社ネットワールド

2020/03/13(金)13:00~17:30

  • 東京都
無料 | 定員12名 | バックアップ

Office 365をS3やBLOBストレージへデータ保護! BCP対策セミナー

クライム

2020/01/28(火)17:00~17:30

  • オンラインセミナー
無料 | 定員なし | バックアップ | 運用管理

「バック」に関連するキーワード

注目キーワード一覧

キーマンズネットとは?

企業向けIT製品の総合サイト「キーマンズネット」では、製品スペックや導入事例・価格情報・技術文書などの充実したIT製品情報に加え、製品の選び方を分かりやすく解説した特集記事によって企業のIT製品選びをサポートします。製品情報と特集記事に加え、ITセミナー情報も毎日更新しています。

会員登録(無料)

ホワイトペーパーや技術資料、導入事例など、IT導入の課題解決に役立つ資料を簡単に入手できます。