「バックサポート 意味」に近い情報
「バック」に関するIT製品・セミナー情報を表示しています。

「バック」に関するIT製品やセミナー情報、最新ニュースならキーマンズネット。 IT製品の詳細スペック情報から導入事例、価格情報まで充実。 資料請求もまとめて簡単にダウンロードできます。

基礎解説キーマンズネットとは?

キーマンズネットは企業・法人のIT選定・導入をサポートする総合情報サイトです。ご利用は完全無料。IT初心者から上級者まで、皆さまのさまざまなニーズにお応えします。

「バック」に関する記事情報

「手作業だらけで、ばらばら」80事業を抱える楽天 数万明細を扱う経理業務をどう標準化したか

多数の事業部門を抱える企業の場合、バックオフィス業務も事業部門ごとに個別最適が進む場合がある。バックオフィス改革を前提に効率化を進めるには、部門ごとの業務の壁にメスを入れる必要がある。80の事業を抱える楽天はこの問題にどう取り組んだか。

紙まみれのバックオフィス業務、テレワーク移行はどう進めるべき? 社労士の提案

契約書や請求書、FAX取引……。バックオフィス業務の担当者はテレワークで対応できない業務だらけだ。だが、バックオフィス業務がうまく回らなければ事業が停滞してしまう。段階的テレワークの考え方を社労士の提言から考える。

IT資格の取得状況(2019年)/後編

従業員の資格取得を促進させるには、会社のバックアップ体制も重要だ。資格の取得支援というと「受験費用の負担」や「報奨金」などが挙がるが、従業員はお金や昇進以外にも求めるものがあるという。

バックアップツールの導入状況(2019年)

バックアップツールの満足度調査はいつも「満足」とする回答者が多い。だが満足の中身を見てみると、あまり使いこなしていないからこそ満足なのかもしれない。リプレース意欲を積極的に発信した回答者はどのくらいいただろうか。

Arcserveが国内でクラウドバックアップ/DRサービス強化、自前でDCを提供

Arcserve Japanがクラウドバックアップ、ディザスターリカバリー(DR:災害復旧)施策を強化。自前のデータセンター提供の他、小規模拠点やエッジデバイスの一元バックアップを視野に入れたサービス提供を開始する。

AI活用事例集~SNSマーケ、バックオフィス効率化、Webサービス最適化~

ビジネス現場でAIの導入検討が進む。まだAIを使いこなせない企業にとって「どこでどのAIをどう使うか」は想像し難く、有効な活用策を見いだせない状況だ。そこでブックレットではAI活用先進企業3社による具体的なAI活用事例とその手法、効果を紹介する。

Nutanix Acropolisにもネイティブ対応、Windows ServerのEoS対策も視野にデータ保護を強化したArcserve新版

Arcserve Japanはサーバ向けのバックアップツール2製品の出荷を開始した。イメージバックアップツールのUDP 7.0と、レプリケーションツールのRHA 18.0で、Windows Server 2019など最新のOSに対応した。

ついに発生、USBキラーがもたらした「大量殺りく事件」とは?:511th Lap

企業からのデータ漏えいの「主犯格」としてUSBメモリが糾弾されて久しい。カンタンに社内のデータを持ち出せるし、バックアップのつもりで重要データを保存したUSBメモリをウッカリ落としたり紛失したりもする。

Office 365のデータを無制限バックアップ、NTT Comが発表した新サービスとは

「Office 365のデータはクラウドにあるから安心でしょ?」と思うユーザーも少なくない。だが、万が一データが消失したときのことを考えているだろうか。NTT ComはOffice 365ユーザー向けに新バックアップサービスを発表した。

レノボ 大和研究所が本気でオンライン会議システムを開発すると、どうなるか

大和研究所が10社もの企業からフィードバックを受けて開発したオンライン会議システム。なんでも音にこだわりがあるというが、その理由は?

「バック」に関するIT製品情報

仮想/物理環境対応バックアップツール ActiveImage Protector

株式会社 アクティファイ

仮想/物理環境もそのままバックアップ。エージェントレス・バックアップ機能を搭載し、仮想環境におけるホスト/ゲストマシンの負荷を大幅に軽減。ライセンス体系も柔軟。

「垂直統合」で進化するバックアップ、インテックの事例に学ぶ実力とは?

ノックス株式会社

HCIをはじめ、ITインフラの分野で大きなトレンドとなっている「垂直統合」。その流れが、バックアップ製品にも訪れている。自社サービスに垂直統合型のバックアップを導入したインテックの事例を基に、その特長や導入効果を紹介する。

Commvault Complete バックアップ & リカバリ

Commvault Systems Japan

ハイブリッドIT環境を完全に網羅するデータ保護ソリューション

いま一度見直したい、セキュアなデータバックアップ環境の構築方法とは?

西日本電信電話株式会社

ビジネスにおけるデータの重要性がますます高まっている。その分、万一データを消失してしまった場合のリスクは大きく、企業にとってセキュアなバックアップ環境の構築は不可欠だ。データバックアップの方法について改めて考えていく。

Windows Admin Center実践ガイド:Windows ServerのAzure環境へのバックアップ

デル・テクノロジーズ株式会社

Azure Stack HCIやWindows Serverユーザー向け運用管理ツールである「Windows Admin Center」。その新たな機能として注目されている、Windows Admin Centerを活用したAzure環境へのバックアップについて具体的な手順を解説する。

「バック」に関する新着セミナー

半日でわかる!Veeam Backup & Replicationハンズオントレーニング基礎編

株式会社ネットワールド

2020/11/17(火)13:00~17:30

  • オンラインセミナー
無料 | 定員12名 | バックアップ

事例紹介:国内外の全社データをハイブリッドクラウドで連携〜データファブリックを実現する三星ダイヤモンド工業〜

ネットアップ 合同会社

2020/09/29(火)12:00~12:20

  • オンラインセミナー
無料 | 定員なし | ストレージ | 情報システム | バックアップ

BCP対策に落とし穴!?あなたの会社は真のBCP対策がとれていますか

株式会社日立製作所

2020/10/21(水)15:00~16:40

  • オンラインセミナー
無料 | 定員100名 | 仮想化 | バックアップ | 運用管理

「バック」に関連するキーワード

注目キーワード一覧

キーマンズネットとは?

企業向けIT製品の総合サイト「キーマンズネット」では、製品スペックや導入事例・価格情報・技術文書などの充実したIT製品情報に加え、製品の選び方を分かりやすく解説した特集記事によって企業のIT製品選びをサポートします。製品情報と特集記事に加え、ITセミナー情報も毎日更新しています。

会員登録(無料)

ホワイトペーパーや技術資料、導入事例など、IT導入の課題解決に役立つ資料を簡単に入手できます。