「バックアップ製品」に関するIT製品・セミナー情報を表示しています。

「バックアップ製品」に関するIT製品やセミナー情報、最新ニュースならキーマンズネット。 IT製品の詳細スペック情報から導入事例、価格情報まで充実。 資料請求もまとめて簡単にダウンロードできます。

基礎解説バックアップとは?

バックアップとは、万一、ITシステムに障害が発生したときに迅速に元の状態にシステム情報やアプリケーションデータをリカバリー(またはリストア)できるように、別のストレージ領域にこれらの情報の複製を保管しておくこと。また、バックアップツールとは、こうした作業を円滑かつスピーディーに行うための機能を備えた専用ソフトのことを指す。従って、バックアップ機能だけでなくリカバリーの機能も含めてバックアップツールと呼ばれている。通常、バックアップは複数のバックアップ対象サーバから同時に実行することができる。リカバリーしたい場合、バックアップサーバのディスク上にデータが保存されているときはディスクからリカバリーされ、ディスク上に無い場合にはテープからリカバリーされる。バックアップでは、バックアップすべき頻度、ハードウェア環境(Backup to Tape、Backup to Disk、D2D2Tなど)、ネットワーク環境(帯域、WAN経由、LAN経由、SAN経由など)により、テープバックアップやバックアップサービスなどを使い分けることで作業効率が改善される。

「バックアップ製品」に関する記事情報

退職者のPCをフォーマットしてはならない、自社を守るバックアップ製品の選び方

自社を訴訟リスクから守るバックアップ製品やアーカイブ製品にはどんな種類があるだろうか。リスクの種類や製品ごとの特性の違いから、選び方を見ていく。

「バックアップ製品」に関するIT製品情報

IT部門を消耗させる従来型バックアップ運用、クラウド移行も見据えた解決策は?

ルーブリック・ジャパン株式会社

ITシステムのクラウド移行が急速に進む一方で、事業継続を支えるバックアップ製品のレガシー化が大きな問題となりつつある。バックアップ運用の非効率性は、長期にわたってIT部門の予算と人員に影響を与えるため、早急な改善が必要だ。

リストアしつつ代替VMで業務継続、“止めない”BCP/DR対策の実現法とは?

arcserve Japan合同会社

バックアップ/リカバリー環境のクラウド移行が進む一方で、そのコストメリットやリストア時間、信頼性などに懸念を抱く企業はまだ多い。従来のクラウドバックアップ製品の課題を解消し、クラウド時代に適したBCP/DR対策を実現するには?

徹底検証、最新バックアップ技術は“普通のシステム環境”で本当に役立つのか?

arcserve Japan合同会社

バックアップ製品の選定においては性能の見極めが重要となるが、人為的に作成した環境での検証結果では、実際の環境での性能を十分に把握できない。そこで、一般的な環境での検証結果を基に、最新バックアップ製品の実力を明らかにする。

三重大学の“終わらないバックアップ作業”に終止符を打ったバックアップ製品

株式会社ネットワールド

仮想化環境やクラウドによって、業務システムやデータの増加スピードは一層加速している。その影響を大きく受けるのがバックアップ環境だ。山積するバックアップの課題に直面していた三重大学の取り組みから、解決のヒントを探る。

物理・仮想と複雑化するデータ保護環境、運用も見据えた最適化の方法とは

arcserve Japan合同会社

IT環境の複雑化に伴い、データの増加や管理コストの増大などバックアップ製品の導入・運用はさまざまな課題を抱えている。できるなら、導入から運用までシンプルかつ低コストに利用したいものだ。そこで最もシンプルな解決策を紹介する。

「バックアップ製品」に関連するキーワード

注目キーワード一覧

キーマンズネットとは?

企業向けIT製品の総合サイト「キーマンズネット」では、製品スペックや導入事例・価格情報・技術文書などの充実したIT製品情報に加え、製品の選び方を分かりやすく解説した特集記事によって企業のIT製品選びをサポートします。製品情報と特集記事に加え、ITセミナー情報も毎日更新しています。

会員登録(無料)

ホワイトペーパーや技術資料、導入事例など、IT導入の課題解決に役立つ資料を簡単に入手できます。