「バックアップツール 比較」に関するIT製品・セミナー情報を表示しています。

「バックアップツール 比較」に関するIT製品やセミナー情報、最新ニュースならキーマンズネット。 IT製品の詳細スペック情報から導入事例、価格情報まで充実。 資料請求もまとめて簡単にダウンロードできます。

基礎解説バックアップツールとは?

バックアップツールとは、ITシステムの危機管理(データ保護)を行うためのツールの1つで、ハードウェアのトラブルや操作・設定ミス、あるいは地震や停電などでITシステムがダメージを受けた場合、迅速にシステムを復旧させる役割を担う製品群のこと。つまり、アプリケーションやデータの複製を一括して別の場所に保管(この作業をバックアップと呼ぶ)しておき、万一、稼働中のシステムがダメージを受けた場合には、別の(あるいは元の)システムにバックアップデータを書き込んで(この作業をリカバリーあるいはリストアと呼ぶ)システムを復旧させることができる。

「バックアップツール 比較」に関する記事情報

バックアップツールの導入状況(2019年)

バックアップツールの満足度調査はいつも「満足」とする回答者が多い。だが満足の中身を見てみると、あまり使いこなしていないからこそ満足なのかもしれない。リプレース意欲を積極的に発信した回答者はどのくらいいただろうか。

Nutanix Acropolisにもネイティブ対応、Windows ServerのEoS対策も視野にデータ保護を強化したArcserve新版

Arcserve Japanはサーバ向けのバックアップツール2製品の出荷を開始した。イメージバックアップツールのUDP 7.0と、レプリケーションツールのRHA 18.0で、Windows Server 2019など最新のOSに対応した。

バックアップツールの導入状況と課題(2018年)

キーマンズネット会員141人を対象にアンケート調査を実施した。導入時に重視するポイントや満足度などバックアップツールの導入実態が明らかになった。

BCPとバックアップツールの導入状況(2016年)/後編

キーマンズネット会員401人にアンケート調査を実施した。バックアップツールの導入目的や稼働状況、リストア経験の有無などが明らかになった。

BCPとバックアップツールの導入状況(2016年)/前編

キーマンズネット会員401人にアンケート調査を実施した。BCP(事業継続計画)の対応状況やバックアップツールの導入状況などが明らかになった。

サービス復旧の視点から考える、バックアップツール活用術

バックアップはしてもリストアはしたことがない。では、操作ミス、機器障害、ウイルス感染、災害など、いざというときに通常の状態に戻すまでにどんな操作と時間が必要だろうか?

バックアップツールの導入状況(2014年度)

バックアップツールの実態調査を実施した。導入率は全体で59.7%と高いが、中小企業での導入率は35.1%に留り、導入しない理由の1位は「メリットが明確でない」だった。

「バックアップツール 比較」に関するIT製品情報

仮想/物理環境対応バックアップツール ActiveImage Protector

株式会社ネットジャパン

仮想/物理環境もそのままバックアップ。エージェントレス・バックアップ機能を搭載し、仮想環境におけるホスト/ゲストマシンの負荷を大幅に軽減。ライセンス体系も柔軟。

クラウド連携からランサムウェア対策まで、バックアップツールの賢い使い方

東京エレクトロン デバイス株式会社

クラウド環境での複雑なバックアップに悩む運用管理者が増える中、必要な機能をアプライアンス1台に統合した、“ハイパーコンバージド型バックアップ専用機”とも呼べるデータ管理基盤が注目されている。その機能と活用方法を紹介する。

リアルタイムレプリケーション【Arcserve Replication/HA】

arcserve Japan合同会社

クラウドにも対応! 様々なニーズを満たすバックアップ・ツール

「バックアップツール 比較」に関連するキーワード

注目キーワード一覧

キーマンズネットとは?

企業向けIT製品の総合サイト「キーマンズネット」では、製品スペックや導入事例・価格情報・技術文書などの充実したIT製品情報に加え、製品の選び方を分かりやすく解説した特集記事によって企業のIT製品選びをサポートします。製品情報と特集記事に加え、ITセミナー情報も毎日更新しています。

会員登録(無料)

ホワイトペーパーや技術資料、導入事例など、IT導入の課題解決に役立つ資料を簡単に入手できます。