「バックアップ 製品」に関するIT製品・セミナー情報を表示しています。

「バックアップ 製品」に関するIT製品やセミナー情報、最新ニュースならキーマンズネット。 IT製品の詳細スペック情報から導入事例、価格情報まで充実。 資料請求もまとめて簡単にダウンロードできます。

基礎解説バックアップとは?

バックアップとは、万一、ITシステムに障害が発生したときに迅速に元の状態にシステム情報やアプリケーションデータをリカバリー(またはリストア)できるように、別のストレージ領域にこれらの情報の複製を保管しておくこと。また、バックアップツールとは、こうした作業を円滑かつスピーディーに行うための機能を備えた専用ソフトのことを指す。従って、バックアップ機能だけでなくリカバリーの機能も含めてバックアップツールと呼ばれている。通常、バックアップは複数のバックアップ対象サーバから同時に実行することができる。リカバリーしたい場合、バックアップサーバのディスク上にデータが保存されているときはディスクからリカバリーされ、ディスク上に無い場合にはテープからリカバリーされる。バックアップでは、バックアップすべき頻度、ハードウェア環境(Backup to Tape、Backup to Disk、D2D2Tなど)、ネットワーク環境(帯域、WAN経由、LAN経由、SAN経由など)により、テープバックアップやバックアップサービスなどを使い分けることで作業効率が改善される。

「バックアップ 製品」に関する記事情報

Nutanix Acropolisにもネイティブ対応、Windows ServerのEoS対策も視野にデータ保護を強化したArcserve新版

Arcserve Japanはサーバ向けのバックアップツール2製品の出荷を開始した。イメージバックアップツールのUDP 7.0と、レプリケーションツールのRHA 18.0で、Windows Server 2019など最新のOSに対応した。

退職者のPCをフォーマットしてはならない、自社を守るバックアップ製品の選び方

自社を訴訟リスクから守るバックアップ製品やアーカイブ製品にはどんな種類があるだろうか。リスクの種類や製品ごとの特性の違いから、選び方を見ていく。

「バックアップ 製品」に関するIT製品情報

「垂直統合」で進化するバックアップ、インテックの事例に学ぶ実力とは?

ノックス株式会社

HCIをはじめ、ITインフラの分野で大きなトレンドとなっている「垂直統合」。その流れが、バックアップ製品にも訪れている。自社サービスに垂直統合型のバックアップを導入したインテックの事例を基に、その特長や導入効果を紹介する。

検証レポート:Pure StorageとVeeam連携によるバックアップ&リカバリーの実力

SB C&S株式会社

高速なオールフラッシュストレージと定評のあるデータ保護製品とで、バックアップ効率や復旧時間はどれだけ変わるのか。両者の連携による、ストレージスナップショットを利用したバックアップについて、その手順と具体的な効果を紹介する。

バックアップ性能が大幅向上、検証結果で見る次世代データ保護製品の実力

SB C&S株式会社

バックアップすべき環境が物理・仮想・クラウドと広がる中でも、バックアップの所要時間の短縮、バックアップ容量の削減という課題は変わらない。そこでバックアップ環境を効率化するソリューションの組み合わせを検証した。

Office 365の大切なデータを守る「データ保護」「バックアップ」製品の選び方

NTTコミュニケーションズ株式会社

「Office 365」の運用において、データ保護やバックアップは企業の喫緊の課題になりつつある。用意されている機能にはどのようなものがあり、追加で製品を導入する場合は何に気を付けて選定すべきだろうか。

混在環境を統合管理、バックアップ対象と復元先を選ばないデータ保護の秘訣

クエスト・ソフトウェア株式会社

現代のビジネスでは“業務を止めない”ことが重要となる。物理、仮想、クラウドに混在するシステムやアプリケーションを確実に保護し、障害発生時にもスムーズなリカバリーを行うためには、どのような製品を選ぶべきだろうか?

「バックアップ 製品」に関連するキーワード

注目キーワード一覧

キーマンズネットとは?

企業向けIT製品の総合サイト「キーマンズネット」では、製品スペックや導入事例・価格情報・技術文書などの充実したIT製品情報に加え、製品の選び方を分かりやすく解説した特集記事によって企業のIT製品選びをサポートします。製品情報と特集記事に加え、ITセミナー情報も毎日更新しています。

会員登録(無料)

ホワイトペーパーや技術資料、導入事例など、IT導入の課題解決に役立つ資料を簡単に入手できます。