「バックアップ ストレージ 比較」に関するIT製品・セミナー情報を表示しています。

「バックアップ ストレージ 比較」に関するIT製品やセミナー情報、最新ニュースならキーマンズネット。 IT製品の詳細スペック情報から導入事例、価格情報まで充実。 資料請求もまとめて簡単にダウンロードできます。

基礎解説ストレージとは?

「ストレージ」とはプログラムやデータを記憶する媒体と装置のこと。「HDD(ハードディスクドライブ)」や「テープストレージ」「フラッシュストレージ」のような半導体記憶装置の他、「記録型CD」や「記録型DVD」といった光学ディスクメディアにデータを読み書きする「光学ディスクドライブ」もこれにあたる。ストレージをネットワーク経由で利用する「ネットワークストレージ」技術や製品、サービスも数多く登場しており、「NAS」「SAN」「ストレージ仮想化」「iSCSI」などがネットワークストレージに関連する。さらに、インターネットやクラウドを介してストレージを利用できるオンラインストレージやファイルストレージ、クラウドストレージサービスもある。

「バックアップ ストレージ 比較」に関する記事情報

何ペタまで自力でバックアップするつもり? 巨大化するファイルサーバは「自前で運用しない」

止められない業務データを格納しているファイルサーバ。増える一方のデータを、どこまで自前で運用し続けられるのか? ストレージ拡張以外のファイルサーバ置き換え案を考える。

バックアップ時のテープストレージ利用状況(2013年)

テープバックアップ運用に関する疑問。テープを選んだ「目的」「満足度」「磁気テープのメリット」など気になる項目を調査した。

「バックアップ ストレージ 比較」に関するIT製品情報

可用性99.9999%、AI+ビッグデータで実現するトラブル知らずのストレージ

シネックスジャパン株式会社

ストレージのトラブルは深刻な損害につながる危険性があるが、バックアップ環境にコストをかけても根本的解決にはならない。そこで注目されているのが、AIなどを用いた管理ツールで、故障や容量不足を事前予測するストレージだ。

HCIはどんな課題に効く? 3社の事例で探る次世代アプライアンスの使いどころ

シネックスジャパン株式会社

クラウド全盛期でも、依然ニーズが衰えないハイパーコンバージドインフラ(HCI)。中でも、ストレージ/WANの高速化装置や本格バックアップ装置を標準で取り込んだ、「次世代HCI」が注目されている。3社の事例から、その実力を探る。

15分未満のRTOとRPOを実現、大規模化が進む仮想化環境におけるデータ保護の秘訣

東京エレクトロン デバイス株式会社

仮想化環境へのフラッシュストレージの採用が進む一方、その大規模化・複雑化によりバックアップやDR対策の新たな課題が見えてきた。バックアップシステムの確実性と可視性を高め、運用を容易にする方法とは?

「備え」か「保管」か、目的で使い分けたいバックアップとアーカイブの違い

富士フイルム株式会社

ストレージの運用効率やコストを最適化するには、目的の整理がポイントになる。災害など思わぬデータ消失に備える「バックアップ」と、大量のコールドデータを長期的に保管する「アーカイブ」で要件やコストが大きく異なるからだ。

大量データのバックアップとDR/BCP対策を低コストで実現する方法

クラウディアン株式会社

大量のデータを効率よくバックアップし、かつ的確なDR/BCP対策をするのに、従来型のストレージではコスト面などの負荷が大きい。そこで有効なのが低コストで広域共通ストレージ基盤を構築・運用できるオブジェクトストレージ製品だ。

「バックアップ ストレージ 比較」に関連するキーワード

注目キーワード一覧

キーマンズネットとは?

企業向けIT製品の総合サイト「キーマンズネット」では、製品スペックや導入事例・価格情報・技術文書などの充実したIT製品情報に加え、製品の選び方を分かりやすく解説した特集記事によって企業のIT製品選びをサポートします。製品情報と特集記事に加え、ITセミナー情報も毎日更新しています。

会員登録(無料)

ホワイトペーパーや技術資料、導入事例など、IT導入の課題解決に役立つ資料を簡単に入手できます。