「ハードスカイビング加工とは」に近い情報
「ハード」に関するIT製品・セミナー情報を表示しています。

「ハード」に関するIT製品やセミナー情報、最新ニュースならキーマンズネット。 IT製品の詳細スペック情報から導入事例、価格情報まで充実。 資料請求もまとめて簡単にダウンロードできます。

基礎解説キーマンズネットとは?

キーマンズネットは企業・法人のIT選定・導入をサポートする総合情報サイトです。ご利用は完全無料。IT初心者から上級者まで、皆さまのさまざまなニーズにお応えします。

「ハード」に関する記事情報

ハードウェアトロイとは? LSIに隠された不正回路を検知する技術に迫る

スパイウェアの代表格である「トロイの木馬」は、セキュリティに関心のある方ならご存じだろう。システムに潜伏し、あるきっかけで活動を開始し、システム内の情報を外イブ外部に流出したり、改ざん、破壊活動を行ったりする厄介なマルウェアだ。そのハードウェア版「ハードウェアトロイ」が猛威を振るいつつある。

「RPAは高い、作る暇がない」の悲鳴――RPA女子が作るロボットパーツで解決

RPAのロボットを月額数万円でダウンロードして活用できるサービスが生まれた。RPAのハードルはどれだけ下がるのか?

GDPR対応のデッドライン迫る、日本企業がすべきことは何か

2018年5月25日に施行されるGRPR。99条にも上る条文をこれから全て解釈するのはハードルが高い。GDPRの概要把握のためのポイントを紹介しよう。

クラウドWi-Fi選びのポイント

同じように見えても、ハードウェア実装や無線制御の仕組み、無線に関する考え方など、利用するサービスごとに違いが出るのが「クラウドWi-Fi」。どんな点に注意すべきなのか。

Web会議導入前に必ずチェックしておきたい4つのポイント

Web会議サービスを導入する際、導入目的や機能面、自社の通信環境やハードウェアなど、押さえておくべき項目がある。失敗しないためのポイントを4つ紹介しよう。

中堅中小企業における無線LAN導入の最適解

広く普及している無線LANだが、IT専任者が不在の中堅中小企業では管理面のハードルが高い場面もある。無線LANの運用負担を軽減する機能や仕組みを紹介しよう。

2016年、データベースを見直すならチェックしておきたい技術トレンド

いまあるデータベースを速くするには? 最新データベース技術の「うまみ」を最大化するには? 最新の技術トレンドをソフトウェア/ハードウェアの両面からチェックしておこう。

「レーザープリンタ」シェア(2015年第3四半期)

2015年度は、ハードウェアが1815億円、ソフトウェアが4億円が見込まれた同市場。34.6%のシェア率を誇る1位ベンダーとは?

「L2/L3スイッチ」シェア(2015年度)

2015年度は、ハードウェアが1815億円、ソフトウェアが4億円が見込まれた同市場。34.6%のシェア率を誇る1位ベンダーとは?

仮想化技術の普及で浮上した難問「TCO削減」の秘策とは?

サーバ仮想化技術はハードウェアのくびきからITリソースを解放し、柔軟に拡張できるシステムを可能にした。だが運用が煩雑になっていないか。

「ハード」に関するIT製品情報

「Microsoft Azure」環境と相性のいいオンプレミス環境とは?

日本ヒューレット・パッカード株式会社

「Microsoft Azure Stack」は、クラウド環境とオンプレミス環境の双方で同様のアプリケーション展開を可能にするAzureの拡張機能だ。今回はAzure Stackと専用ハードウェアについて、詳しく説明する。

ハイブリッドクラウドに向けたHCI選定、コニカミノルタが徹底検証で得た答えは

ヴイエムウェア株式会社

ハイブリッドクラウドの実現を目指す上で、大きな問題となるのがハードウェアに依存した従来型のプライベートクラウド基盤だ。コスト・運用性・ストレージパフォーマンスの観点からも、その刷新に取り組むことの意味は大きい。

「DIY」で目指すHCI導入、自ら構築する場合に押さえておきたい8つのポイント

Dell EMC

ハイパーコンバージドインフラ(HCI)の導入に際して、ハードウェア選択を柔軟に行いたい場合には、HCI基盤をDIY(自分で構築)する方法が有効だ。ただし、この方法を実践する上では、メリットとデメリットを正しく理解する必要がある。

IBM i(AS/400)にストレージをアドオン、攻めのデータ活用が可能に

日本情報通信株式会社

多くの企業の基幹システムを支える「IBM i(AS/400)」だが、「AIを使ったデータの活用は、技術的ハードルやコスト面で難しい」と諦めてはいないだろうか。日本情報通信が“IBM iで攻めのデータ活用” を可能にする。

ハード保守終了が迫るIBM i――クラウド移行で注意すべきポイントとは

日本情報通信株式会社

IBM i(AS/400)は、現在もまだ多くの企業で支持を集めているが、2019年にはメーカーによるハードウェア保守が多くのモデルで終了する。そこで有力な選択肢が「クラウド移行」である。提供ベンダーをどう選ぶべきなのか。

「ハード」に関連するキーワード

注目キーワード一覧

キーマンズネットとは?

企業向けIT製品の総合サイト「キーマンズネット」では、製品スペックや導入事例・価格情報・技術文書などの充実したIT製品情報に加え、製品の選び方を分かりやすく解説した特集記事によって企業のIT製品選びをサポートします。製品情報と特集記事に加え、ITセミナー情報も毎日更新しています。

会員登録(無料)

ホワイトペーパーや技術資料、導入事例など、IT導入の課題解決に役立つ資料を簡単に入手できます。