「ネットワーク機器 法定耐用年数」に近い情報
「ネットワーク機器」に関するIT製品・セミナー情報を表示しています。

「ネットワーク機器」に関するIT製品やセミナー情報、最新ニュースならキーマンズネット。 IT製品の詳細スペック情報から導入事例、価格情報まで充実。 資料請求もまとめて簡単にダウンロードできます。

基礎解説ネットワーク機器とは?

ここでは、ネットワーク機器とは、企業ネットワークを構築するときに必要となる機器のことで、有線LAN、無線LAN、WANの構築に必要となるツールを中心に取り上げている。例えば、社内LANを構築するときに必要となるスイッチングハブ、ルーター、レイヤー3スイッチは、低価格化が進み、ギガビットイーサネット時代に突入している。また、無線LANの実用化や高速化も着実に進んでおり、無線LANを利用するために必要となる機器として、クライアントから情報を無線で受け取ってネットワークに流すアクセスポイントや、設置するアクセスポイントが増えてくると運用管理が煩雑になるため、アクセスポイントを一元管理できる無線LANコントローラーなどを挙げることができる。さらに、ネットワークの需要が急増していることから、その対策としてロードバランサーやADCといった機器の導入も進んでいる。ロードバランサーは外部からの通信を一手に受け止め、その内容を解釈して、その背後に接続されたサーバ群のうち最も適切に処理できるサーバへと、あらかじめ設定したポリシーにのっとってアクセスを振り分けるもの。ユーザーは1台のサーバにアクセスしているように見えるが、実はアクセスしているのはロードバランサーであり、これを介して配下のサーバ群のどれかに接続することになる。ADCはこのロードバランサーの仕組みを継承し、さらに高度にしたツールといえる。この他、クラウドサービスの普及により、WANを経由してアプリケーションデータをやりとりする機会が急速に増えてきたが、WANには距離遅延やパケット損失などの課題がある。そこで注目されるのがWAN高速化ツールである。このツールを導入することでWANのトラフィックデータ量が低減し、WANを介したアプリケーションのレスポンスタイムも向上する。

「ネットワーク機器」に関する記事情報

好調な無線LAN頼みか、厳しい成長率が続くネットワーク機器市場予測

企業内のネットワーク環境には、イーサネットスイッチやルーターなど有線ネットワークを構成する機器をはじめ、アクセスポイントなど無線ネットワークを構成するためのネットワーク機器が存在する。これらネットワーク機器における2024年までの成長率に関する予測について見ていきたい。

IT機器の耐用年数は何年? PC、サーバ、ネットワーク機器の使用年数の考え方、計画、設計虎の巻

IT資産の減価償却の年数と実務で妥当な年数はやや違う。PCは4年、サーバなどその他の機器は5年と定めらているが、業務を円滑に進めるには別の考え方も重要だ。

IT機器の耐用年数は何年? PC、サーバ、ネットワーク機器の使用年数の考え方、計画、設計虎の巻

IT資産の減価償却の年数と実務で妥当な年数はやや違う。PCは4年、サーバなどその他の機器は5年と定めらているが、業務を円滑に進めるには別の考え方も重要だ。

Wi-Fi6、5G……押さえておきたいネットワーク機器市場の潮流

スイッチやルーターなどネットワーク機器は成熟した市場の1つではあるものの、モバイル環境の広がりによって無線LANを中心に市場そのものは活発だ。5Gの動きも含めた、ネットワーク機器市場の今を見てみたい。

「ネットワーク機器」シェア(2018年)

ネットワーク機器の中でも無線LANの成長が著しい。無線LAN機器市場は、2018年の上位9ベンダーのうち半数以上に当たる5社が前年を上回る実績を上げた。企業向けネットワーク機器市場では、「安定基盤」+「無線LAN機器市場での成長」が、近年の成功の方程式だという。

「ワイヤレスファースト」がけん引するネットワーク機器市場 2023年までの展望は?

IDC Japanの調査によると、企業での「ワイヤレスファースト」の動きが浸透し、2018年の無線LAN機器市場は大きく成長した。2018年から2023年にかけて、企業向けネットワーク機器市場全体はどう変化するだろうか。

成熟したネットワーク機器市場が2017年に急伸したワケ

緩やかな右肩下がりの成熟市場であるネットワーク機器市場が2017年には急伸した。その理由を探りながらネットワーク動向に迫る。

2014年、ネットワーク機器進化論

モバイルやソーシャルなどが全盛の今、スイッチやルーターなどネットワーク機器の市場はどう変化したのか。動向を探る。

「ネットワーク機器」に関するIT製品情報

運用の迅速化を支援、全ての人に有益な「ネットワーク自動化」の進め方

レッドハット株式会社

ネットワーク機器のモダナイズは果たしたものの、その運用は今も手作業という企業は多い。こうした手動運用の非効率性を排除する上で、全ての人に有益な選択肢となるのが「ネットワーク自動化」のアプローチだ。

監視から対策までを「自動化」、システムの安定稼働を実現する方法とは?

アイビーシー株式会社

サーバやネットワーク機器、クラウドや仮想化環境などが混在するITインフラの安定運用には、継続的なシステム監視が不可欠だ。それらを可能な限り「自動化」するとともに、安定稼働に必要な「情報」を提供するソリューションを紹介する。

機器のリプレース回数を減らしてコスト削減、「延命保守サービス」の実力とは?

株式会社フィールドワン

ネットワーク機器などシステムのリプレースと保守費用は、多くの情シス担当者を悩ませている。メーカーのEOSLによる短期間でのリプレースや、リプレース時の予想外の障害による改修費用の増大といった課題を回避する方法とは?

コンフィグ管理 ManageEngine Network Configuration Manager

ゾーホージャパン株式会社

ネットワーク機器のコンフィグファイルの変更・管理負荷を軽減

YNO、ヤマハのネットワーク機器を一元管理

ヤマハ株式会社

企業ネットワークの管理者にとって、遠隔拠点が多いほど、監視管理は大きな 負担となる。YNOはこれらの情報をクラウド上に集約し、一元的に監視管理を可能 にするヤマハのクラウド型ネットワーク統合管理サービスだ。

「ネットワーク機器」に関する新着セミナー

【Webセミナー】 今話題の SD-WAN 製品を一挙に比較検討できる ウェブセミナー

株式会社ネットワールド

2020/06/03(水)14:00~15:15

  • オンラインセミナー
無料 | 定員なし | 仮想化 | ネットワーク機器 | 通信サービス

Macnica Networks DAY 2020

マクニカネットワークス株式会社

2020/07/02(木)12:10~16:55

  • オンラインセミナー
無料 | 定員なし | ネットワークセキュリティ | ネットワーク機器 | 開発

「ネットワーク機器」に関連するキーワード

注目キーワード一覧

キーマンズネットとは?

企業向けIT製品の総合サイト「キーマンズネット」では、製品スペックや導入事例・価格情報・技術文書などの充実したIT製品情報に加え、製品の選び方を分かりやすく解説した特集記事によって企業のIT製品選びをサポートします。製品情報と特集記事に加え、ITセミナー情報も毎日更新しています。

会員登録(無料)

ホワイトペーパーや技術資料、導入事例など、IT導入の課題解決に役立つ資料を簡単に入手できます。