「ネットワーク 専用線 仕組み」に近い情報
「ネットワーク 仕組み」に関するIT製品・セミナー情報を表示しています。

「ネットワーク 仕組み」に関するIT製品やセミナー情報、最新ニュースならキーマンズネット。 IT製品の詳細スペック情報から導入事例、価格情報まで充実。 資料請求もまとめて簡単にダウンロードできます。

基礎解説キーマンズネットとは?

キーマンズネットは企業・法人のIT選定・導入をサポートする総合情報サイトです。ご利用は完全無料。IT初心者から上級者まで、皆さまのさまざまなニーズにお応えします。

「ネットワーク 仕組み」に関する記事情報

屋外を含む広大な敷地、不特定多数のSkype通話はどうさばく? ICUキャンパスの場合

国際基督教大学がArubaの無線LAN機器を導入した。広大なキャンパスのネットワークを集中管理することで、どのような効果があったのか。

1人情シス組織のクラウド移行にも ネットワーク運用管理アウトソーシングサービス

1人情シスでも事業所とクラウドとの間をVPNで安全に接続して運用できるアウトソーシングサービスが登場した。接続設定もウイルスチェックも任せられる。

「ギガ」提供は集客効果あり? シスコが個人商店向けAPを提供するワケ

シスコシステムズのネットワーク装置をECサイト「Amazon」で直接購入できるようになった。箱を開けて5分でゲストWi-Fi付きの無線LANアクセスポイントをセットアップできるという。全国の小規模事業主が気軽に顧客に「ギガ」を提供できるようになる。

SDNの世界観は浸透したか? ネットワーク仮想化の取り組み状況

 サーバ仮想化が広く広がっているなかで、ネットワーク領域でもその環境に適用できるようネットワーク仮想化に関するさまざまな技術が登場している。そんなネットワーク仮想化に関する利用動向について見ていきたい。

組織ネットワークの脆弱性をモノリスが教えてくれる「NIRVANA改弐」

組織ネットワークをグラフィカルに視覚化するとともに、脆弱性情報を常時入手して、リスクのある箇所を自動発見、警告を行う脆弱性管理プラットフォーム「NIRVANA改弐(ニルヴァーナ・カイ・ニ)」とは。

「脳をネットワークでつないじゃう技術が“爆誕”」というウワサは本当? 読者に聞いてみた

「人間の脳同士をネットワークで接続して直接意思の疎通ができるようにするブレインマシンインタフェース技術がついに実用化した」という、ウソかホントか分からないネタが聞こえてきた。読者の役3割が本当と回答したこのウワサの真相は?

パスワード依存の危険性、何もしないと半年後には倒産か?

サイバー攻撃を受けた企業はその後どうなるのか。本レポートでは、ネットワークセキュリティベンダーが発表した調査を基に、事後対応にかかるコストや倒産リスクとセキュリティ対応の穴について説明する。

成熟したネットワーク機器市場が2017年に急伸したワケ

緩やかな右肩下がりの成熟市場であるネットワーク機器市場が2017年には急伸した。その理由を探りながらネットワーク動向に迫る。

企業向けITインフラの市場規模は? キーワードは「DX」

サーバやストレージ、データセンター向けネットワークといったITインフラはDX推進を支えるための基盤ともいえる。2017年の市場規模はおよそ7213億円だった。

機械学習が解決するネットワークとセキュリティの分断問題

HPEが「Aruba360 Secure Fabric」の本格展開を発表。このフレームワークにより、従来分離されたままだったネットワークとセキュリティの壁を乗り越え、真の多層防御を実現するという。

「ネットワーク 仕組み」に関するIT製品情報

利用者が増え無線LANの速度低下が頻発、スマートニュースが採用した解決策とは

株式会社ネットワークバリューコンポネンツ

高品質なニュースアプリを提供するスマートニュースは、スタッフのために先進的なオフィス環境を整備している。だが、利用者の増加とともに無線LANに速度低下が頻発。調査したところ、スティッキークライアント問題という原因が判明した。

5年で1000万円超のコスト削減、某プロ野球球団のITインフラ管理術

ゾーホージャパン株式会社

某プロ野球球団は本拠地のドーム内をはじめとしたインフラ監視を外部委託していたが、対応の遅れとコストが課題になっていた。これらを解消するため導入された、サーバ・ネットワーク監視ソフトの実力に迫る。

クラウド時代のネットワークにまつわる3つの誤解、あるべきネットワーク像は?

日本アイ・ビー・エム株式会社

クラウドへの移行は、新たなネットワーク課題も生み出した。その原因に、従来型のシステムやデータセンターの常識に基づく誤解がある。課題を解決し、クラウド時代にあるべきネットワークをどう実現すべきかを、あらためて考えたい。

人手による基準のバラつきを解消、AIで進化する脅威検知ソリューション

ダークトレース・ジャパン株式会社

人間がルールを設定するSIEM製品などで“異常”な通信を識別することは、基準のバラつきや非効率な運用といった課題を生む。そこで有効なのが、確率論的判断を用いて機器やネットワークの“生活パターン”を自己学習する「AI」の活用だ。

脅威検知とネットワーク可視化が急務、大規模医療DBを確実に保護する方法とは?

ダークトレース・ジャパン株式会社

大規模医療データベースを確実に保護するため、脅威検知とネットワーク内部の可視化が急務となったメディカル・データ・ビジョン。同社がSIEM製品やプロキシサーバではなく、AIを活用したアプライアンス製品に着目した理由とその効果とは?

「ネットワーク 仕組み」に関する新着セミナー

NTTデータの導入事例からみたUEBAが解決するグローバル企業のセキュリティ課題とは

マクニカネットワークス株式会社

2019/05/22(水)15:00~17:00

  • 東京都
無料 | 定員50名 | ネットワークセキュリティ

未来工場におけるデータの利活用 ~デジタルトランスフォーメーションに求められる仕組みや技術~

マクニカネットワークス株式会社

2019/06/06(木)14:30~17:00

  • 東京都
無料 | 定員30名 | 基幹系システム

未来工場におけるデータの利活用 ~デジタルトランスフォーメーションに求められる仕組みや技術~

マクニカネットワークス株式会社

2019/06/07(金)14:30~17:00

  • 栃木県
無料 | 定員30名 | 基幹系システム

「ネットワーク 仕組み」に関連するキーワード

注目キーワード一覧

キーマンズネットとは?

企業向けIT製品の総合サイト「キーマンズネット」では、製品スペックや導入事例・価格情報・技術文書などの充実したIT製品情報に加え、製品の選び方を分かりやすく解説した特集記事によって企業のIT製品選びをサポートします。製品情報と特集記事に加え、ITセミナー情報も毎日更新しています。

会員登録(無料)

ホワイトペーパーや技術資料、導入事例など、IT導入の課題解決に役立つ資料を簡単に入手できます。