「ドンキ wifiルーター」に近い情報
「ドン」に関するIT製品・セミナー情報を表示しています。

「ドン」に関するIT製品やセミナー情報、最新ニュースならキーマンズネット。 IT製品の詳細スペック情報から導入事例、価格情報まで充実。 資料請求もまとめて簡単にダウンロードできます。

基礎解説ルーターとは?

ルーターとは、ルーティング(ネットワーク上で相手のノードにデータを送信するための経路を決定すること)する機器。もう少し具体的に言うと、異なる2つ以上のネットワークを中継(相互接続)するための通信機器である。あるノードにデータを伝送するために利用するのが、IPというOSI参照モデルの第3層(ネットワーク層)のプロトコルである。IPでデータを伝送するには、データをパケット(IPパケット)という小さな塊に分割し、そこに送信元IPアドレス、送信先IPアドレスなどの伝送するために必要な情報も併せて格納する。ルーターは送られてきたIPパケットを経路表(ルーティングテーブル)に基づき経路選択するという役割を担う。

「ドン」に関する記事情報

たった2年で全世界のグループ企業の会計を標準化した機械メーカーTHKは何を手掛けたか

「属人化した情報を基に長時間労働も厭わない決算手続きを担当する『スーパー経理部長』が存在する組織は会社から望まれていない」と断言するTHKの財務トップ。各国の決算業務でヘトヘトだった財務経理の仕事をどう変えるか。最新のデータを基に将来予測シナリオを提示できる強い財務経理部門を目指す同社が手掛けたのはどんな仕事か。

M365? Home&Business? テレワーク向きのOfficeはパッケージ版かサブスク版か、お得な選び方は

パッケージ版の買い切りと個人向け/企業向けのMicrosoft 365と、ここのところOfficeの種類が多過ぎて何を選ぶのがお得でどんな機能が付いているのかが分かりにくい。特に企業がこれから導入する場合に、管理面を含めて考えるとどの選択がお得だろうか。筆者が独断で情報を整理した。

OKRとはどんな目標管理手法か、導入方法、MBOとの違いを整理する

働き方が変わる中、組織の目標と個人の評価や成果の導き方を見直す動きがある。テレワークの普及と相まって、組織と個人のコミュニケーションやマネジメント手法を見直す時、検討したい手法の1つがOKRだ。MBOのような目標管理と何が違うだろうか。実践を支援する目標管理ツールと併せて紹介する。

緊急事態宣言の前後で企業ITへの意識はどう変わったか~調査で振り返る“第1波”への皆の対応、今後の課題

緊急事態宣言が発出される以前と解除後とでは、私たちの意識にどんな違いが生まれただろうか。2つのテーマで実施した読者調査から、過去を振り返り、今後の課題を見ていく。

Office 365やチャットツールが重い、つながらないのはなぜ? 原因と解決策を解説

テレワークで業務を進める際、「Office 365」などのツールが使い物にならないくらい遅くなることがある。どんな原因が考えられるだろうか。自社内で改善できる対策を解説する。

Windows 10向けのモダンPCとはどんなもの? Chromebookとの違い、テレワーク利用の適性

家電量販店には「モダンPC」のコーナーができ、大きなプロモーションも展開されている。「Windows 7」がサポートを終了し、今後テレワーク対応などで社用のPCを入れ替えようと考えるとき、モダンPCは果たしてどんなメリット、デメリットがあるのだろうか?

読者調査から見たIT資格の取得実態 ~取るべき資格、注目の資格~

リモートワークで自由な時間が増えたなら検討したいのが、「自分磨き」だ。読者はどんなスキルアップを考えているだろうか。キーマンズネットが実施した「IT資格の取得状況」に関するアンケート調査を無料ブックレット(全24ページ)にして提供する。

スマホ経由の集合知でどうセキュリティリスクを低減? モバイル版「タチコマSA」登場の意義

Web媒介型攻撃対策プロジェクト「WarpDrive」が提供してきたエンドユーザー向け対策ソフトウェア「タチコマSA」のモバイル版「タチコマ・モバイル」が公開された。今までの防御策と何が違うのか。一体どんなものなのだろう。

インボイス制度とは? 適格請求書の書式や発注者側の準備、実施スケジュールのまとめ

2023年10月よりインボイス制度がスタートする。正確には「適格請求書等保存方式」。大まかに言えば「課税事業者」が発行する適格請求書(インボイス)に記載された消費税の税額しか仕入税額控除ができなくなる。どんな影響があるのか? インボイス制度について分かりやすく説明していこう。

「インクルーシブな社会」を本気で作る人たち――五感とAIは人類をどう変えられるか

移動の自由をどんな人にも。昭和の時代にはSFの話だった世界を実現しようと複数の企業や研究機関が法人を立ち上げた。3カ年で形を作るという。視覚障害の困難をコンピューターが感覚器官と視覚から支える、現実的なアイデアの話を聞いてきた。

「ドン」に関するIT製品情報

LINEの便利なツールを業務利用、「ビジネス向け」と「一般向け」で何が変わる?

株式会社サテライトオフィス

さまざまな機能を備え、コラボレーションツールとして利用されている企業向けのLINEツールが、一般向けLINEとやりとりできることで注目されている。どんな機能を備えたツールなのか、詳しく見ていく。

RAC構成の代替策は? Oracle DBのコスト増を避けたいSE2ユーザーへの最適解

サイオステクノロジー株式会社

Oracle Databaseでは可用性確保のための拡張機能としてRACが提供されているが、SEシリーズの最新版では、ライセンス体系の変更や制限事項の強化が起きている。それによりユーザーには、どんな課題が生じるのか。解決策と合わせて解説する。

誰でも簡単に関連機器を一元管理、Wi-Fi 6時代に選びたいネットワーク運用術

シスコシステムズ合同会社

Wi-Fi 6対応機器の導入などを見据えて、多くの企業がネットワーク運用の見直しを進めている。これを機に、全てのネットワーク関連機器を可視化し、誰でも簡単に導入・管理できるようにするためには、どんな製品を選べばよいのだろうか。

物流、製造、金融……幅広い分野に応用できる量子アニーリング技術の最前線

富士通株式会社

量子コンピュータを実現する原理の1つとして注目される、量子アニーリング技術。この社会実装に向けた実験が進んでいる。物流、製造、金融など幅広い分野で応用が期待される新技術がどんな変革をもたらすのかを第一人者に聞いた。

帳票基盤ソリューション「SVF」

ウイングアーク1st株式会社

「どんな帳票でも作成」「どんな環境でも利用可能」「どんな出力にも対応」の帳票基盤。さまざまな他社システムのデータを基に、各種の帳票を自由に出力、一元管理できる。

「ドン」に関連するキーワード

注目キーワード一覧

キーマンズネットとは?

企業向けIT製品の総合サイト「キーマンズネット」では、製品スペックや導入事例・価格情報・技術文書などの充実したIT製品情報に加え、製品の選び方を分かりやすく解説した特集記事によって企業のIT製品選びをサポートします。製品情報と特集記事に加え、ITセミナー情報も毎日更新しています。

会員登録(無料)

ホワイトペーパーや技術資料、導入事例など、IT導入の課題解決に役立つ資料を簡単に入手できます。