「データムーバとは」に近い情報
「データ」に関するIT製品・セミナー情報を表示しています。

「データ」に関するIT製品やセミナー情報、最新ニュースならキーマンズネット。 IT製品の詳細スペック情報から導入事例、価格情報まで充実。 資料請求もまとめて簡単にダウンロードできます。

基礎解説キーマンズネットとは?

キーマンズネットは企業・法人のIT選定・導入をサポートする総合情報サイトです。ご利用は完全無料。IT初心者から上級者まで、皆さまのさまざまなニーズにお応えします。

「データ」に関する記事情報

マイクロソフトが提案する「企業活動の全自動カイゼン基盤」とは

マイクロソフトが企業活動全体のデータレイク作りに本気を出す。打ち出したのは「現場」データの取り込みだ。意欲的な新ライセンスで、現場と本部の断絶、エッジとコアの分断を解消する。

Nutanix Acropolisにもネイティブ対応、Windows ServerのEoS対策も視野にデータ保護を強化したArcserve新版

Arcserve Japanはサーバ向けのバックアップツール2製品の出荷を開始した。イメージバックアップツールのUDP 7.0と、レプリケーションツールのRHA 18.0で、Windows Server 2019など最新のOSに対応した。

ついに発生、USBキラーがもたらした「大量殺りく事件」とは?:511th Lap

企業からのデータ漏えいの「主犯格」としてUSBメモリが糾弾されて久しい。カンタンに社内のデータを持ち出せるし、バックアップのつもりで重要データを保存したUSBメモリをウッカリ落としたり紛失したりもする。

Office 365のデータを無制限バックアップ、NTT Comが発表した新サービスとは

「Office 365のデータはクラウドにあるから安心でしょ?」と思うユーザーも少なくない。だが、万が一データが消失したときのことを考えているだろうか。NTT ComはOffice 365ユーザー向けに新バックアップサービスを発表した。

ディープラーニング、必要な画像データ数と種類の真実

ディープラーニングを画像認識に活用するためには、学習の段階でどのようなステップを踏む必要があるのしょうか。必要な画像データ数や、画像の種類は? 具体例で説明します。

費用1000万円以上は普通――ライオンの「口臭チェックアプリ」で学ぶ、AI活用の勘所

ライオンがAI画像認識の技術を活用した口臭チェッカ―アプリを開発した。「AI活用ではデータの前処理に工数がかかる」「本開発に6カ月、費用は1000万円以上がかかるのが普通」といった知見を得たという。同社が語るAI活用の勘所とは。

プロセスマイニング、分析前後のとても重要な工程と継続的業務カイゼンのヒント

プロセスマイニングそのものの手法や分析例を見てきたが、前後の工程はどうなっているだろうか。データ処理や継続的改善を目指した作業で必要なことがらを見ていく。

稟議書100件と決別、PC費用300万円の削減――0円ツールを使った企業のPC改革

属人化したデータベースソフトで500台ものリースPCを管理していたYAMAGATA。煩雑な管理の手間を激減させ、年数百万円ものコスト削減をもたらした「決め手」とは何だったのか?

課題と市場変遷から導き出すBI強化の方向性

データ分析に関するプロジェクトが多く立ち上がる中、BIやDWHに触れた経験を持つ人も多いはず。そこで今のBIについて振り返りながら、今後強化していくべき方向性について考えたい。

育てたAIが無用の長物に? 難航する教師データ集め

AI画像認識の導入にあたって「教師画像は何枚いるの?」「認識率は何パーセント?」といった疑問を多くの方が抱いています。今回は、AI画像認識を画像データ集めのポイントについて解説します。

「データ」に関するIT製品情報

クラウドストレージ選びで失敗しないための「10のチェックリスト」

Dropbox Japan株式会社

データ誤消去のリスクや更新履歴管理の難しさといったファイルサーバの課題を解決すべく、多くの企業がクラウドストレージの採用を進めている。そのメリットを改めて確認しつつ、製品選びで失敗しないための10のチェックリストを紹介する。

クラウド連携からランサムウェア対策まで、バックアップツールの賢い使い方

東京エレクトロン デバイス株式会社

クラウド環境での複雑なバックアップに悩む運用管理者が増える中、必要な機能をアプライアンス1台に統合した、“ハイパーコンバージド型バックアップ専用機”とも呼べるデータ管理基盤が注目されている。その機能と活用方法を紹介する。

バックアップもクラウド時代へ――次世代データ管理基盤は従来製品とどう違う?

東京エレクトロン デバイス株式会社

ストレージの進化に比べ、バックアップ分野では今も旧来の技術が使用され停滞を続けている。この状況を一変させるのが、オンプレミスとクラウド両方におけるバックアップ/リカバリーに必要な機能を、一台に集約したアプライアンス製品だ。

故障や容量不足を事前予測、ストレージのトラブルを防ぐAI+ビッグデータ活用術

シネックスジャパン株式会社

データ喪失や容量不足といったストレージのトラブルは、従業員のモチベーションや顧客の信用を低下させる危険性がある。こうした悩みを解決するのが、AIとビッグデータを活用した「障害予知機能」で、トラブルを未然に防ぐストレージだ。

コスト削減以外の効果とは? データウェアハウスをクラウド上で構築すべき理由

Talend株式会社

データウェアハウス(DWH)のクラウド移行では、従来のベストプラクティスは通用しない。そのメリットを最大化するためには、クラウドDWHとオンプレミスDWHの根本的な違いを知り、両者をつなぐ合理化されたプロセスを構築する必要がある。

「データ」に関する新着セミナー

パブリッククラウド比較と GCP(TM) 接続について Google Cloud セミナー(東京)

クラウドエース株式会社

2019/06/18(火)15:00~17:00

  • 東京都
無料 | 定員60名 | データセンター

Google Cloud Platform(TM) 入門セミナー 概要から操作方法までを徹底解説!(大阪)

クラウドエース株式会社

2019/06/14(金)15:00~17:00

  • 大阪府
無料 | 定員50名 | データ分析 | データセンター | 運用管理

VMware社から見たクラウドの市場動向と、VMware環境におけるクラウド移行の最適解の探し方

マジセミ株式会社

2019/06/06(木)15:30~17:30

  • 東京都
無料 | 定員18名 | データセンター

「データ」に関連するキーワード

注目キーワード一覧

キーマンズネットとは?

企業向けIT製品の総合サイト「キーマンズネット」では、製品スペックや導入事例・価格情報・技術文書などの充実したIT製品情報に加え、製品の選び方を分かりやすく解説した特集記事によって企業のIT製品選びをサポートします。製品情報と特集記事に加え、ITセミナー情報も毎日更新しています。

会員登録(無料)

ホワイトペーパーや技術資料、導入事例など、IT導入の課題解決に役立つ資料を簡単に入手できます。