「データの削除と抹消の違い」に近い情報
「データの」に関するIT製品・セミナー情報を表示しています。

「データの」に関するIT製品やセミナー情報、最新ニュースならキーマンズネット。 IT製品の詳細スペック情報から導入事例、価格情報まで充実。 資料請求もまとめて簡単にダウンロードできます。

基礎解説キーマンズネットとは?

キーマンズネットは企業・法人のIT選定・導入をサポートする総合情報サイトです。ご利用は完全無料。IT初心者から上級者まで、皆さまのさまざまなニーズにお応えします。

「データの」に関する記事情報

データの地産地消で地域福祉に貢献する「すれ違いIoT通信」って何?

「あのお宅のご老人、最近外で見掛けないけど大丈夫かしら」などと心配してくれるご近所の代わりをIoTデバイスが務める地域の見守りシステムが誕生しそうだ。Wi-SUNとWi-Fiなどを組み合わせた「データの地産地消」により、高齢者見守りなどを低コストに適時実施できるようにするのが「すれ違いIoT通信」。一体どのような仕組みなのか。同技術を開発した国立研究開発法人情報通信研究機構(NICT)に取材した。

「BI使いこなしまくり」のカブドットコム証券は「データの前処理」ツールも使いこなしまくっていた

カブドットコム証券は業務分析に主要なセルフサービスBIツールを使いこなす。その中でも分析前の「もやっとした」情報にも使いやすい前処理ツールがあるという。活用例を紹介する。

企業におけるデータ利活用の実態(2019年)/後編

キーマンズネットは2019年4月11~25日にわたり「データの活用状況に関する意識調査」を実施した。中小企業のデータ活用動向や「情報銀行」の利用意向などが明らかになった。

BIツール単独でデータの前処理やAIサービスとの接続も可能に、Domo新プラットフォーム

ドーモは、同社が開発するBIツール「Domoプラットフォーム」の機能を拡張した。機械学習機能やAmazon SageMakerとの統合機能、IoT対応機能などを追加した。

マイクロソフトが提案する「企業活動の全自動カイゼン基盤」とは

マイクロソフトが企業活動全体のデータレイク作りに本気を出す。打ち出したのは「現場」データの取り込みだ。意欲的な新ライセンスで、現場と本部の断絶、エッジとコアの分断を解消する。

費用1000万円以上は普通――ライオンの「口臭チェックアプリ」で学ぶ、AI活用の勘所

ライオンがAI画像認識の技術を活用した口臭チェッカ―アプリを開発した。「AI活用ではデータの前処理に工数がかかる」「本開発に6カ月、費用は1000万円以上がかかるのが普通」といった知見を得たという。同社が語るAI活用の勘所とは。

AI技術でタクシー配車を最適化する「リアルタイム移動需要予測」とは?

リアルタイム移動需要予測サービスは、モノや人の移動状況を捉えて近未来の移動需要を予測する技術だ。タクシーや公共交通、運輸、物流最適化、交通渋滞・混雑緩和や事故・災害対策にも大きく貢献する可能性を秘める。多様なデータの関係性を見いだせる技術の詳細とは。

GDPRの「72時間ルール」、この3日間で企業は何を求められるのか?

個人データの安全管理措置とインシデント発生時の対応について解説する。GDPRで定められる「72時間ルール」。インシデント発生時に企業はこの3日間で何をしなければならないのか。

企業におけるデータ利活用の実態(2017年)/後編

キーマンズネット会員293人にアンケート調査を実施した。活用中または今後活用したいデータの種類やデータ活用支援ツールの導入状況など実態が明らかになった。

GDPR対策、知らないデータも管理できれば怖くない

日本企業が持つデータのうち、55%は「何だかよく分からない」まま運用しているデータだという。この状況で個人情報保護法やGDPR対策に取り組むときに、運用と管理の両方を効率化する1つの提案が出された。

「データの」に関するIT製品情報

Zeekの単一センサー比で5倍の効果、脅威ハンティングを変えるメタデータの進化

Vectra Japan株式会社

脅威ハンティングではメタデータを活用した調査が必要だが、ほとんどの場合でセキュリティデータは散在した状態にある。そこで注目されているのが、セキュリティに特化したメタデータをSIEMやデータレイクに転送するアプリケーションだ。

情報活用・業務効率化の課題 4手法の比較で理解する効率化の秘訣とは

株式会社ジャストシステム

データをビジネスに活用していくことの重要性が高まる一方で、現場では、データの散在やデータ管理の属人化が進んでいる。こうしたデータ管理の課題を解決する方法として、最適な手法とは何か? 4つの選択肢の比較から最適解を探る。

Excel&Accessによるデータ管理から脱却し、業務効率を上げる方法は?

株式会社ジャストシステム

情報管理にExcelやAccessを利用している企業は多いが、データ活用の効率や属人化といった課題も多い。これらの課題を解消し、データの管理・活用を効率化する方法として、ノンプログラミングのWebデータベースが注目されている。

増え続けるOffice文書にどう対処するか、三菱重工業が選んだサーバダイエット術

株式会社ジャストシステム

三菱重工業のインフラチームは、ファイルサーバのデータ問題に頭を悩ませてきた。膨れ上がった容量は35TBを超え、安定運用の障害にもなりかねない。そこで同社が取り組んだのが、不要データを選別するためのデータの可視化だ。

ファイルサーバのリプレースを楽にするデータ整理術

株式会社ジャストシステム

データの急増に対応しようとファイルサーバのリプレースを実施しても、業務効率が改善するとは限らない。その目的を達成するためには、まず現状の可視化と移行すべきデータの整理に取り組みたい。本資料では、そのコツを紹介する。

「データの」に関連するキーワード

注目キーワード一覧

キーマンズネットとは?

企業向けIT製品の総合サイト「キーマンズネット」では、製品スペックや導入事例・価格情報・技術文書などの充実したIT製品情報に加え、製品の選び方を分かりやすく解説した特集記事によって企業のIT製品選びをサポートします。製品情報と特集記事に加え、ITセミナー情報も毎日更新しています。

会員登録(無料)

ホワイトペーパーや技術資料、導入事例など、IT導入の課題解決に役立つ資料を簡単に入手できます。