「データの削除と抹消の違い」に近い情報
「データの」に関するIT製品・セミナー情報を表示しています。

「データの」に関するIT製品やセミナー情報、最新ニュースならキーマンズネット。 IT製品の詳細スペック情報から導入事例、価格情報まで充実。 資料請求もまとめて簡単にダウンロードできます。

基礎解説キーマンズネットとは?

キーマンズネットは企業・法人のIT選定・導入をサポートする総合情報サイトです。ご利用は完全無料。IT初心者から上級者まで、皆さまのさまざまなニーズにお応えします。

「データの」に関する記事情報

「No密」組織の知識交換はどうなる? 動画コンテンツ基盤がもたらすメリットとは

テレワークを実践する企業の中には、オンライン会議、商談などの録画データの蓄積が増えているのではないだろうか。いま、この記録を新常態らしく活用する方法が提案されている。組織コミュニケーションはこれからどう変わるだろうか。

最新調査レポート:日本企業はどこまでデータを使いこなせているか

読者に聞いた「データ活用」の本当のところ。データ活用といっても、そのもとになるデータのありかを全て把握できている企業はどのくらいあるのだろうか。IT化やデジタル変革が叫ばれる中、実際の日本企業の「足元」はどのくらい準備ができているだろうか。調査では二極化する企業の実態が明らかになった。

島津製作所はシックスシグマにどう取り組む? 担当者の熱血カイゼン術は視覚から始める「現場のすり合わせ」がカギ

モノづくりの品質を高めるには、データの分析とカイゼン、管理が重要。そして全ての問題をジブンゴトとして捉える環境整備も重要だ。見てから始まる「行動KPI」の作り方、カイゼンの仕方を聞いた。

データの地産地消で地域福祉に貢献する「すれ違いIoT通信」って何?

「あのお宅のご老人、最近外で見掛けないけど大丈夫かしら」などと心配してくれるご近所の代わりをIoTデバイスが務める地域の見守りシステムが誕生しそうだ。Wi-SUNとWi-Fiなどを組み合わせた「データの地産地消」により、高齢者見守りなどを低コストに適時実施できるようにするのが「すれ違いIoT通信」。一体どのような仕組みなのか。同技術を開発した国立研究開発法人情報通信研究機構(NICT)に取材した。

「BI使いこなしまくり」のカブドットコム証券は「データの前処理」ツールも使いこなしまくっていた

カブドットコム証券は業務分析に主要なセルフサービスBIツールを使いこなす。その中でも分析前の「もやっとした」情報にも使いやすい前処理ツールがあるという。活用例を紹介する。

企業におけるデータ利活用の実態(2019年)/後編

キーマンズネットは2019年4月11~25日にわたり「データの活用状況に関する意識調査」を実施した。中小企業のデータ活用動向や「情報銀行」の利用意向などが明らかになった。

BIツール単独でデータの前処理やAIサービスとの接続も可能に、Domo新プラットフォーム

ドーモは、同社が開発するBIツール「Domoプラットフォーム」の機能を拡張した。機械学習機能やAmazon SageMakerとの統合機能、IoT対応機能などを追加した。

マイクロソフトが提案する「企業活動の全自動カイゼン基盤」とは

マイクロソフトが企業活動全体のデータレイク作りに本気を出す。打ち出したのは「現場」データの取り込みだ。意欲的な新ライセンスで、現場と本部の断絶、エッジとコアの分断を解消する。

費用1000万円以上は普通――ライオンの「口臭チェックアプリ」で学ぶ、AI活用の勘所

ライオンがAI画像認識の技術を活用した口臭チェッカ―アプリを開発した。「AI活用ではデータの前処理に工数がかかる」「本開発に6カ月、費用は1000万円以上がかかるのが普通」といった知見を得たという。同社が語るAI活用の勘所とは。

AI技術でタクシー配車を最適化する「リアルタイム移動需要予測」とは?

リアルタイム移動需要予測サービスは、モノや人の移動状況を捉えて近未来の移動需要を予測する技術だ。タクシーや公共交通、運輸、物流最適化、交通渋滞・混雑緩和や事故・災害対策にも大きく貢献する可能性を秘める。多様なデータの関係性を見いだせる技術の詳細とは。

「データの」に関するIT製品情報

外資系企業のニーズを満たすERPで管理業務をシステム化

株式会社ビジネス・アソシエイツ

ボッシュエンジニアリングでは、バイリンガル、外貨、複数会計基準に対応したERPパッケージを導入し、管理業務のシステム化とデータの整合性向上を実現した。

オールインワン・セルフBIツール「LaKeel BI」

株式会社ラキール

データの分析・可視化だけでなく、あらゆるデータと連携し、データの収集・集計・加工、配信まで行える統合型BIツール。

ユーザーID棚卸をクラウド化。3カ月で約7,500ID分の管理効率化

NTTテクノクロス株式会社

auカブコム証券は、以前から導入していたユーザーID棚卸ツールのバージョンアップを行い、ID棚卸業務の効率化とデータの正確性の向上、属人化の脱却を実現した。

クラウドストレージの利便性とセキュリティを両立する「暗号化DRM」の要件

株式会社DataClasys

企業が保存するデータの肥大化を受け、クラウドストレージの利用が拡大している。そこで悩ましいのが情報漏えいリスクへの対策だ。万が一、データが流出した際に最後の砦となる「暗号化」の要件を押さえておこう。

いま一度見直したい、セキュアなデータバックアップ環境の構築方法とは?

西日本電信電話株式会社

ビジネスにおけるデータの重要性がますます高まっている。その分、万一データを消失してしまった場合のリスクは大きく、企業にとってセキュアなバックアップ環境の構築は不可欠だ。データバックアップの方法について改めて考えていく。

「データの」に関する新着セミナー

会えない時代に失われたコミュニケーション力 伝わるコンテンツ制作に「オウンドデータ」の利活用

SCSK株式会社

2020/10/09(金)16:00~16:50

  • オンラインセミナー
無料 | 定員なし | 開発 | 情報共有システム・コミュニケーションツール | データ分析

製品セキュリティ対策!設計データの漏洩や製品の不正利用を防ぐには?

マクニカネットワークス株式会社

2020/10/14(水)10:00~11:00

  • オンラインセミナー
無料 | 定員100名 | エンドポイントセキュリティ

「データの」に関連するキーワード

注目キーワード一覧

キーマンズネットとは?

企業向けIT製品の総合サイト「キーマンズネット」では、製品スペックや導入事例・価格情報・技術文書などの充実したIT製品情報に加え、製品の選び方を分かりやすく解説した特集記事によって企業のIT製品選びをサポートします。製品情報と特集記事に加え、ITセミナー情報も毎日更新しています。

会員登録(無料)

ホワイトペーパーや技術資料、導入事例など、IT導入の課題解決に役立つ資料を簡単に入手できます。