「データ 分析」に関するIT製品・セミナー情報を表示しています。

「データ 分析」に関するIT製品やセミナー情報、最新ニュースならキーマンズネット。 IT製品の詳細スペック情報から導入事例、価格情報まで充実。 資料請求もまとめて簡単にダウンロードできます。

基礎解説キーマンズネットとは?

キーマンズネットは企業・法人のIT選定・導入をサポートする総合情報サイトです。ご利用は完全無料。IT初心者から上級者まで、皆さまのさまざまなニーズにお応えします。

「データ 分析」に関する記事情報

中部電力「カラスの巣見守り」の裏にある巨大データ分析基盤の秘密

制御系も基幹系も、外部データも丸ごと分析するためのデータ基盤を持つ中部電力。カラスの営巣を見守る裏側で、巨大なデータ分析基盤を運用する。一体何をどう使っているのか。

「BI使いこなしまくり」のカブドットコム証券は「データの前処理」ツールも使いこなしまくっていた

カブドットコム証券は業務分析に主要なセルフサービスBIツールを使いこなす。その中でも分析前の「もやっとした」情報にも使いやすい前処理ツールがあるという。活用例を紹介する。

プロセスマイニング、分析前後のとても重要な工程と継続的業務カイゼンのヒント

プロセスマイニングそのものの手法や分析例を見てきたが、前後の工程はどうなっているだろうか。データ処理や継続的改善を目指した作業で必要なことがらを見ていく。

課題と市場変遷から導き出すBI強化の方向性

データ分析に関するプロジェクトが多く立ち上がる中、BIやDWHに触れた経験を持つ人も多いはず。そこで今のBIについて振り返りながら、今後強化していくべき方向性について考えたい。

Googleスプレッドシートとは何か

Googleスプレッドシートは、G Suiteのビジネスツールの1つで、表やグラフの作成から多彩な関数を駆使した高度なデータ分析まで幅広く使える表計算アプリケーションだ。Microsoft Excelとの違いはどこにあるのか。

「過剰な期待」に終わらない、現実的なRPA活用の極意

大企業のみならず、中堅・中小企業においても「RPA(Robotic Process Automation)」による業務の自動化に期待が集まっている。だが、「RPAを導入すれば、無駄な手作業が簡単になくなる」というわけではない。市場調査データを分析していきながら、「こんなはずではなかった」とならないためのRPA活用の留意点について見ていくことにしよう。

SNSのブラックボックスをどう開く? JALが実践したデータドリブンなチームの作り方

さまざまな施策の効果を「同じ軸」で評価したいのに、分析ツールは環境ごとにバラバラ……。チームで同じ数字を同じようにレビューして、正しいアクションにつなげるには? JALが取り組んだ方法を紹介する。

資生堂はセルフサービスBIをここで使う、目指すは「モノ」から「ヒト」へのデータ分析

約290万人が利用する資生堂のWebサービス「ワタシプラス」、資生堂ではこれらの会員情報をEC売り上げ拡大や、店舗送客などどのように活用しているのか。巨大なDMPの活用方法について詳しく聞いた。

KDDIのデータマーケットと自社データを組み合わせて分析できるサービス

IoTデータをどう扱えばよいか分からないと悩んだことはないだろうか。「KDDI IoTクラウド ~データマーケット~」は、企業のIoTデータとKDDIが持つ分析サービス、各種データ群を組みあわせ分析を行うサービスだ。

セルフサービスBIを使いこなす、社員1100人以上に普及させた導入術とは?

セルフサービスBIを使いこなす従業員が1100人もいるNTTデータ。ユーザー部門が主体となってダッシュボード制作やデータ分析やできるといわれるセルフサービスBI、そこで情シスが持つべき役割は何だったのだろうか?

「データ 分析」に関するIT製品情報

データ分析とチャネル横断的施策を連携、AI活用マーケティング基盤の実力とは?

Repro株式会社

今日のアプリマーケティングにおいては、データ分析とチャネル横断的な施策は欠けざる両輪といえる。それらを効率的に行うには、CVR改善に向けた課題の特定から施策の実施までを、ワンストップで実現するプラットフォームが必要だ。

“勘や経験”頼みを脱却、需要予測をデータ分析ベースに移行する近道を解説

株式会社ジール

商品トレンドが目まぐるしく変化する中、消費財企業が競争力を高めるには、データに基づく需要予測が欠かせない。大量のデータ管理やタイムリーな分析に適したツールを活用し、勘や経験に頼ることのないデータ分析体制を構築したい。

カギは単なる予実管理から「OODAループマネジメント」の実現

株式会社ジール

経営管理にも根強く利用されるExcelだが、予実管理や分析となると力不足が否めない。こうした悩みを解決するのが、多様なデータソースから販売や購買のデータをクラウドに集約し、多角的な分析を可能にするソリューションだ。

IoTの価値を最大化、データ急増に対応するエッジコンピューティングの現在地

日本ヒューレット・パッカード株式会社

IoTの浸透によりデータが爆発的に増加する中、従来型インフラでの処理は限界に近づいている。そこでニーズが高まっているのが、データの入手元に近い「エッジ」でのリアルタイムデータ分析だ。

機械学習もパイプラインもSQLで実現、クラウドDWH「BigQuery」の実力とは?

株式会社grasys

自社にデータウェアハウス(DWH)やアナリスト/エンジニアを持っていないことが原因で、効果的なデータ分析が行えないケースは多い。そこで有効なのが、Google Cloud Platform(GCP)が提供するDWHである「BigQuery」だ。

「データ 分析」に関する新着セミナー

『Zerto7.5』新機能全貌紹介! 統合/分析機能強化で、より最適なレプリケーションが可能に!

株式会社クライム

2019/10/24(木)17:00~17:30

  • オンラインセミナー
無料 | 定員なし | 仮想化 | バックアップ | データセンター

データサイエンティスト“体感”セミナー(入門編)

日本電気株式会社

2020/01/10(金)14:00~16:30

  • 東京都
無料 | 定員20名 | データ分析

マイクロストラテジー体験・アーキテクチャ説明会

マイクロストラテジー・ジャパン株式会社

2019/11/28(木)13:00~17:00

  • 東京都
無料 | 定員7名 | データ分析

「データ 分析」に関連するキーワード

注目キーワード一覧

キーマンズネットとは?

企業向けIT製品の総合サイト「キーマンズネット」では、製品スペックや導入事例・価格情報・技術文書などの充実したIT製品情報に加え、製品の選び方を分かりやすく解説した特集記事によって企業のIT製品選びをサポートします。製品情報と特集記事に加え、ITセミナー情報も毎日更新しています。

会員登録(無料)

ホワイトペーパーや技術資料、導入事例など、IT導入の課題解決に役立つ資料を簡単に入手できます。