「デバイスメトリックとは」に近い情報
「デバイス」に関するIT製品・セミナー情報を表示しています。

「デバイス」に関するIT製品やセミナー情報、最新ニュースならキーマンズネット。 IT製品の詳細スペック情報から導入事例、価格情報まで充実。 資料請求もまとめて簡単にダウンロードできます。

基礎解説キーマンズネットとは?

キーマンズネットは企業・法人のIT選定・導入をサポートする総合情報サイトです。ご利用は完全無料。IT初心者から上級者まで、皆さまのさまざまなニーズにお応えします。

「デバイス」に関する記事情報

データの地産地消で地域福祉に貢献する「すれ違いIoT通信」って何?

「あのお宅のご老人、最近外で見掛けないけど大丈夫かしら」などと心配してくれるご近所の代わりをIoTデバイスが務める地域の見守りシステムが誕生しそうだ。Wi-SUNとWi-Fiなどを組み合わせた「データの地産地消」により、高齢者見守りなどを低コストに適時実施できるようにするのが「すれ違いIoT通信」。一体どのような仕組みなのか。同技術を開発した国立研究開発法人情報通信研究機構(NICT)に取材した。

ウェアラブルデバイスが男性の「あの悩み」を解決する?:531st Lap

活動量計やスマートウォッチに代表されるウェアラブルデバイスが普及したことで、毎日の行動を記録したり、かざすだけで電車や飛行機に乗れたりと、今まで不可能だったことが次々と可能になっている。だが、まさかこんなことまでウェアラブルデバイスで解決するとは夢にも思わなかったよ……。

Arcserveが国内でクラウドバックアップ/DRサービス強化、自前でDCを提供

Arcserve Japanがクラウドバックアップ、ディザスターリカバリー(DR:災害復旧)施策を強化。自前のデータセンター提供の他、小規模拠点やエッジデバイスの一元バックアップを視野に入れたサービス提供を開始する。

“回転すし屋”のアプローチが必要なIoTセキュリティ実装

全てのものをインターネットに接続する手段であるIoT(Internet of Things)。第4次産業革命におけるキーテクノロジーの一つであり、企業変革をもたらすキーフレームとしての役割を持つIoTは、既に多くの企業で積極的に活用されていることだろう。ただし、インターネットに接続可能なIoTデバイスだけに、これまでのITと同様、セキュリティに対しては配慮が必要だ。そこで今回は、そんなIoTセキュリティにおける現状と、理解しておきたいセキュリティの考え方について紹介したい。

「ウェアラブルデバイス」シェア(2018年第4四半期)

国内ウェアラブルデバイス出荷台数は前年同期比40.1%増の21万台だった。ウェアラブルデバイス市場成長の背景には、あのデバイスの存在があった。

「ウェアラブルデバイス」シェア(2018年第3四半期)

国内ウェアラブルデバイス出荷台数は前年同期比40.1%増の21万台だった。シェアトップ5ベンダーのうち、1位と2位以降で大きな差が開いた。この差は何によるものか。

「ウェアラブルデバイス」シェア(2018年第2四半期)

国内ウェアラブルデバイス出荷台数は前年同期比2.7%減の約16万8000台だった。一方、世界市場では同期比5.5%増と市場を拡大している。違いはどこにあるのか。

100万台超の無線デバイスを低遅延で接続可能に!  新無線アクセス方式「STABLE」

多数の無線デバイスが同時接続しても遅延を最小限にして十分な品質で通信できる「超多数接続・低遅延」技術として国立研究開発法人情報通信研究機構(NICT)が開発に取り組んだ「STABLE(ステーブル)」について解説する。

「ピィと吹けばタクシーが駆け付ける笛デバイスがある」というウワサは本当? 読者に聞いてみた

笛を吹けばタクシーが駆け付けるなんて、自分専用の「しもべ」を手に入れたような気分が味わえるデバイスがあるという。しかも、開発元は日本企業なのだとか。さて、このウワサの真相は……?

情報漏えい対策、「モバイルデバイス」でできること

不用意にUSBメモリに個人情報を入れまま紛失してしまい、情報漏えいにつながる事件が後を絶たない。すぐできる対策5項目を紹介する。

「デバイス」に関するIT製品情報

クラウド基盤にログ管理ツール導入しグループ企業の安全性を向上

株式会社ラネクシー

電通デジタル・ホールディングスでは、AWS上にMylogStarを導入して、グループ企業の証跡管理を行うほか、デバイス制御機能によりセキュリティ向上にも活用している。

「Box」をセキュアに活用したい、その解決策にNTTデータが選んだCASB製品とは

東京エレクトロン デバイス株式会社

NTTデータは、働き方改革のためにクラウドサービス「Box」を導入した。ただ、顧客ニーズに柔軟に対応できる職場環境に近づく一方で、一貫したセキュリティポリシーの適用が難しい。そんな同社の不安を払ったのがCASBだった。

Windows 10導入で直面、「新たな更新サイクル」が招く負荷急増への対処法

株式会社JALインフォテック

多くの企業がWindows 10デバイスへの移行を進めているが、新たに採用されたアップデートサイクルへの対応に悩まされているケースも少なくない。Windows 10デバイスの効率的な運用を実現するために必要なものとは?

EDRとの違いは? 全ITデバイスを監視する最新セキュリティ技術「NDR」の実力

Vectra Japan株式会社

境界型防御が限界を迎える中で、セキュリティの考え方は「侵入を前提とした対策」へと様変わり。これを具現化するツールとして脚光を浴びるEDRだが、課題も指摘される。その課題を解決すべく台頭してきた新技術がNDRだ。

Wワンタイム2要素認証「SECUREMATRIX」

株式会社シー・エス・イー

「SECUREMATRIX」は、ワンタイムパスワードによるマトリクス認証と、ワンタイム証明書を利用したデバイス認証を組み合わせた2要素認証を実現する。

「デバイス」に関する新着セミナー

【大阪開催】今だからこそ知るべき 仮想デスクトップの使い道公開セミナー

フリービット株式会社

2020/01/28(火)14:30~16:00

  • 大阪府
無料 | 定員25名 | スマートデバイス | サーバー | 仮想化

「未来の働き方のヒントがここに!」共創ワークショップ体験会

富士通

2019/12/11(水)14:30~16:30

  • 東京都
無料 | 定員10名 | スマートデバイス | 情報システム | 情報共有システム・コミュニケーションツール

「今すぐできる働き方改革を考える」共創ワークショップ体験会 ~ ありたい働き方を実現する12のコンセプト ~

富士通

2019/12/13(金)14:30~16:30

  • 東京都
無料 | 定員10名 | スマートデバイス | 情報システム | 情報共有システム・コミュニケーションツール

「デバイス」に関連するキーワード

注目キーワード一覧

キーマンズネットとは?

企業向けIT製品の総合サイト「キーマンズネット」では、製品スペックや導入事例・価格情報・技術文書などの充実したIT製品情報に加え、製品の選び方を分かりやすく解説した特集記事によって企業のIT製品選びをサポートします。製品情報と特集記事に加え、ITセミナー情報も毎日更新しています。

会員登録(無料)

ホワイトペーパーや技術資料、導入事例など、IT導入の課題解決に役立つ資料を簡単に入手できます。