「デスクトップ 仮想化」に関するIT製品・セミナー情報を表示しています。

「デスクトップ 仮想化」に関するIT製品やセミナー情報、最新ニュースならキーマンズネット。 IT製品の詳細スペック情報から導入事例、価格情報まで充実。 資料請求もまとめて簡単にダウンロードできます。

基礎解説仮想化とは?

仮想化とは、コンピュータやネットワーク、ストレージ、アプライアンスなどを物理的なシステム構成で管理するのではなく、論理的なシステム構成で管理することを指す。最初に仮想化技術が普及し始めたのはサーバの世界だ。仮想サーバを導入すると、1台のサーバの中に複数の論理サーバを設定でき、あたかも複数のサーバが同時に稼働しているように使うことができる。同じ技術を元に、ストレージやデスクトップの分野にも仮想化技術が導入されるようになった。デスクトップ仮想化では、サーバ上に仮想化したクライアントOSを集約し、ユーザーはさまざまなデバイスを使って、LANやインターネットなどのネットワーク経由で仮想クライアントOSを利用できる。また、ストレージ仮想化では、システムの中に点在するストレージ(サーバ内蔵ストレージやNAS、SANなど)を単一の論理空間(ストレージプール)で仮想的に統合する。ネットワークの仮想化技術では、ソフトウェアで通信経路を制御するSDN(Software Defined Network)や、仮想化技術を使ってネットワーク機器の機能をソフトウェア的に実装するネットワーク機能仮想化(NFV)などの技術開発も盛んに行われている。

「デスクトップ 仮想化」に関する記事情報

DaaSが情シスを"中抜き"も クライアント仮想化に見るデスクトップ環境の攻防

業務に必要なPC環境を検討する上で、多くの企業が選択肢の一つとして考えるであろう、VDI(Virtual Desktop Infrastructure)をはじめとしたクライアント環境の仮想化。今回は、クライアント仮想化ソフトウェアやDaaSなどのクライアント仮想化サービス、モバイル仮想化ソリューションなどの動向を踏まえながらクライアント仮想化の勘所について見ていく。

デスクトップ仮想化の導入状況(2016年)/後編

キーマンズネット会員374人を対象にアンケート調査を実施した。デスクトップ仮想化を導入した企業が抱える課題が明らかになった。

デスクトップ仮想化の導入状況(2016年)/前編

キーマンズネット会員374人を対象にアンケート調査を実施した。デスクトップ仮想化の導入状況は、2年前とどう変わったのか。

デスクトップ仮想化でコスト抑制する奥の手とは?

「仮想PC方式」のデスクトップ仮想化で障壁になりがちなコスト課題。ストレージやライセンスコストの削減、運用管理工数を削減する、DaaS利用などコスト抑制策を考える。

つまづくポイントはここにあった、デスクトップ仮想化「方式別」に見る導入運用のポイント

実はROIが高く業務活用に適しているデスクトップ仮想化。業務にあった方式を選択できればコスト高に陥るリスクも避けられる。

本当に“最適化”できているか? あらためて見直すクライアント環境

デスクトップ仮想化は、システム運用管理コストの削減、情報漏えい対策、ワークスタイル変革といった企業のIT課題をコストを抑えて解決する技術の1つだ。

仮想化の歴史から学ぶ、アプリケーション仮想化が求められるワケ

サーバにストレージ、ネットワークやデスクトップなどの仮想化の違いは何か。一般的な技術として広く普及してた仮想化技術の歴史を学ぶ。

デスクトップ仮想化の導入状況(2014年度)

IT担当者349人にデスクトップ仮想化の実態調査を実施した。導入状況、導入目的、重視ポイント、満足度、導入しない理由などが明らかになった。

「仮想デスクトップ」シェア(2011年度)

2011年度92億円規模に達する仮想デスクトップ市場。サーバ仮想化に続き同仮想化を検討するユーザーが増加する。シェア情報を紹介する。

「デスクトップ 仮想化」に関するIT製品情報

仮想デスクトップ運用の工数&コスト削減、AzureベースのDaaSが持つ優位性とは

ヴイエムウェア株式会社

働き方やデバイスの多様化に対応可能なソリューションであるデスクトップ仮想化だが、オンプレミスでの環境構築には、実務とコストの両面で多大な負担が伴う。組織がこうした負担から解放されるために注目したいソリューションとは?

1年以上かかる企業も多いWindows 10への移行、短期間で展開する方法は?

ヴイエムウェア株式会社

Windows 7の延長サポート期限が2020年1月に迫り、Windows 10移行を検討する企業が増えているが、ある調査では1年以上の移行期間を見込む回答が約4割と、負担は軽くない。そこで注目されるのがデスクトップやアプリケーションの仮想化だ。

富士通のテレワークを支える、シンプルで冗長性と拡張性に優れた仮想化基盤とは

富士通株式会社

働き方改革の鍵となるのは、安全でどこでも利用できる仮想デスクトップ基盤だ。そのためには冗長性の確保や拡張・運用負荷の軽減など、多様な要件が求められる。富士通をはじめとする3つの事例から、規模を問わない基盤整備の秘訣を探る。

ストレージコスト抑制効果4000万円、フルキャストのVDI導入プロジェクト

ヴイエムウェア株式会社

Windows XPサポート終了を機に、全従業員の約1000台のデスクトップ環境を仮想化 するという大英断を下した人材サービス会社のフルキャスト。低コストで多様な働 き方に対応するVDI環境は、どうやって作られたのか?

仮想デスクトップ運用管理ソリューション ISM CloudOne for VDI

クオリティソフト株式会社

物理と仮想化環境におけるクライアントをまとめて管理!

「デスクトップ 仮想化」に関する新着セミナー

【事例登壇】Amazon WorkSpaces と Chromebook で実現する仮想デスクトップ

株式会社電算システム

2019/11/20(水)14:00~17:00

  • 東京都
無料 | 定員60名 | PC | 仮想化

「デスクトップ 仮想化」に関連するキーワード

注目キーワード一覧

キーマンズネットとは?

企業向けIT製品の総合サイト「キーマンズネット」では、製品スペックや導入事例・価格情報・技術文書などの充実したIT製品情報に加え、製品の選び方を分かりやすく解説した特集記事によって企業のIT製品選びをサポートします。製品情報と特集記事に加え、ITセミナー情報も毎日更新しています。

会員登録(無料)

ホワイトペーパーや技術資料、導入事例など、IT導入の課題解決に役立つ資料を簡単に入手できます。