「タブレット分解」に近い情報
「タブレット」に関するIT製品・セミナー情報を表示しています。

「タブレット」に関するIT製品やセミナー情報、最新ニュースならキーマンズネット。 IT製品の詳細スペック情報から導入事例、価格情報まで充実。 資料請求もまとめて簡単にダウンロードできます。

基礎解説タブレットとは?

タッチパネルを採用した情報端末の一種で、画面サイズはスマートフォンよりも大きく、B5ノートPCよりも小さい。代表的な機種として、アップル社のiPadがある。スマートフォンと比べた場合、画面が大きいため文字が見やすく、画面内に表示されるボタンやキーボードが押しやすい。CADやイラスト作成で使う高精度のポインティングデバイスのこともタブレットと呼ばれ、マウスよりも繊細で正確なポインタ操作ができるが、ここでは前者をタブレットして紹介する。

「タブレット」に関する記事情報

「タブレット」シェア(2018年第4半期および2018年)

IDC Japanは「2018年および2018年第4四半期 国内タブレット端末市場実績値」を発表した。家庭市場は出荷台数が伸び悩んだが、その一方でビジネス市場は2018年第4四半期および通年ともに堅調な成長を見せた。プラス成長をけん引した要因とは。

タブレットの導入状況(2019年)/後編

導入が進む業務用タブレットだが、社外でも安全に利用するためのセキュリティ対策と利便性のバランスに悩むケースも多い。企業ではどのような対策を講じているのか。また、実際にトラブルは発生しているのか。

タブレットの導入状況(2019年)/前編

社外業務やペーパーレス化に寄与する業務用タブレット。スマートフォンの導入よりも優先度が低い印象があるが、意外にも多くの企業が導入を進めている。その割合や効果は?

「タブレット」シェア(2018年第3四半期)

国内タブレット市場出荷台数は前年同期比15.6%減の179万台だった。成長が鈍化した理由は何か。市場をけん引するビジネスモデルは?

「タブレット」シェア(2018年第2四半期)

国内タブレット市場出荷台数は前年同期比23.0%減の176万台だった。成長が鈍化した理由は何か。再加速するための施策とは?

「タブレット」シェア(2018年第1四半期)

前年同期比3.1%減と需要低迷が続くタブレット市場。法人向けの需要拡大に向けて何が必要なのか。

「タブレット」シェア(2017年第3四半期)

2017年第3四半期のタブレット出荷台数は18.8%増。圧倒的なシェアを持つiPadを猛烈な勢いで追い上げるベンダーがある。

「タブレット」シェア(2017年第2四半期)

2017年第2四半期のタブレット出荷台数は前年同期比27.5%増の229万台だった。家庭向けは成長したが、法人向けは出荷台数を落とした。シェア情報を紹介する。

「タブレット」シェア(2017年第1四半期)

マイナス成長が続いていたタブレット市場がプラスに転じた。その背景にあるのは何か。シェア情報を紹介する。

「タブレット」シェア(2016年第4四半期)

2016年の法人向けタブレットの出荷台数は約25%減。シェア情報を紹介する。

「タブレット」に関するIT製品情報

各店舗の約1000台のタブレットPCを本部から遠隔で管理可能に

株式会社JALインフォテック

第四銀行では、各店舗などにある約1000台のタブレットPCの管理業務が大きな負担であった。本部から遠隔で端末を管理できるIT資産管理ソフトを導入して管理を自動化した。

企業の情報漏えいリスクを軽減、“アプリと暗号鍵の保護”の重要性を確認する

Intertrust Technologies Japan株式会社

スマートフォンやタブレット等のIoTデバイスが業務で活用されるようになり、サイバー攻撃者はデバイス上で動作するアプリの脆弱性を狙いはじめた。リスクを軽減するためには、「アプリケーションと暗号鍵の保護」への取り組みが必須となる。

1000台規模のタブレットをリモートで運用管理、第四銀行はどう実現した?

株式会社JALインフォテック

デジタライゼーションの一環として、全店舗を対象に約1000台のタブレット導入を決意した第四銀行。インストール作業によるコストや手間の負担をはじめとした多くの課題を解決し、リモートでの運用管理を実現した秘策とは?

8000枚/日の紙を削減、香川証券に学ぶタブレット活用によるペーパーレス化

富士ソフト株式会社

四国4県と岡山、東京に営業ネットワークを持つ香川証券は、iPadとペーパーレスシステムの融合で、紙の削減だけでなく、さまざまな課題を解消している。ペーパーレス化を通じて顧客の利便性向上を追求する同社の取り組みを紹介する。

「技術伝承」がタブレットから始まる――製造業で広がるARの可能性と市場

PTC ジャパン株式会社

ARが映画やゲームの話題であった時代は過ぎており、既に技術伝承や作業効率化、工程伝達などに大きな力を発揮しつつある。「様子見の企業は取り残される」という報告書を入手し、製造業にとってARが必要であることを確認頂きたい。

「タブレット」に関連するキーワード

注目キーワード一覧

キーマンズネットとは?

企業向けIT製品の総合サイト「キーマンズネット」では、製品スペックや導入事例・価格情報・技術文書などの充実したIT製品情報に加え、製品の選び方を分かりやすく解説した特集記事によって企業のIT製品選びをサポートします。製品情報と特集記事に加え、ITセミナー情報も毎日更新しています。

会員登録(無料)

ホワイトペーパーや技術資料、導入事例など、IT導入の課題解決に役立つ資料を簡単に入手できます。