「タイムプロ 説明書」に近い情報
「タイム」に関するIT製品・セミナー情報を表示しています。

「タイム」に関するIT製品やセミナー情報、最新ニュースならキーマンズネット。 IT製品の詳細スペック情報から導入事例、価格情報まで充実。 資料請求もまとめて簡単にダウンロードできます。

基礎解説キーマンズネットとは?

キーマンズネットは企業・法人のIT選定・導入をサポートする総合情報サイトです。ご利用は完全無料。IT初心者から上級者まで、皆さまのさまざまなニーズにお応えします。

「タイム」に関する記事情報

原価も粗利も見えない「どんぶり勘定の収支管理」カンタン改善法

ある中小規模の製造系企業は、受注案件の製造進捗(しんちょく)と予実管理に悩んでいた。経営に必要なデータである原価率や粗利をリアルタイムに把握できず、かといってパッケージシステムを導入しようにもコストがネックだった。選んだ解決法とは。

AI型コールセンターの「予測エンゲージメント」、何ができるようになるか

誰にいつどの商品を推薦すべきか、を即時に判定する人工知能(AI)を搭載したコールセンターソリューションが登場。リアルタイムで行動を分析してペルソナを推定するという。

アポロ11号とビットコインの不思議な関係:522nd Lap

1969年7月20日、アポロ11号が人類初の月面着陸に成功した。2019年の夏、人類が月面を歩いてから50周年を迎えるというわけだ。当時、生放送でテレビ中継もされたから、読者の中にはリアルタイムでその状況を見た人もいるかもしれない。

勤怠管理システムの選び方のポイントは? チャートで分かる最適な選択肢

紙のタイムカードをやめて勤怠管理システムを導入するとして、業務内容や従業員の好みも違う状況で何を選ぶのが最適でしょうか。現在の状況や従業員の勤務形態、持つ設備の状況によって最適な選択肢は異なります。チャートを織り交ぜ、検討時に注意するポイントを紹介していきます。

勤怠管理「紙のタイムカード」以外に何がある? 3つの移行先を一挙解説

勤怠管理の厳格化が求められるとはいえ、今まで使っていた紙のタイムカードシステムの乗り換え先はどこにすれればいいのでしょう? 今回は乗り換え先として考えられる3つの方法と主要なツールの特徴をまとめて紹介します。

電話対応の顧客満足度向上をAIが「指示出し」――損保ジャパン日本興亜の3カ年プロジェクト

損保ジャパン日本興亜は電話応対ガイドAIの開発に乗り出す。1年間の蓄積情報を基に開発を始め、今後2年かけてAIが顧客対応の品質をリアルタイムで最適化するシステムを構築する。

「うちの事業所なら、紙のタイムカードでも十分」って、それ、本当に管理できていますか?

働き方改革関連法がスタート。中小企業には多少の猶予はあるとはいえ、労働時間の管理はより厳密さが求められます。タイムカードの集計だけで本当に乗り切れますか?

会議の実施状況と課題(2019年)/後編

ビデオ会議システムやリアルタイムコミュニケーションツールの登場により、場所を問わず会議が実施できるようになった今、もはや旧来の会議体は古いものになりつつある。だが、まだ対面型の会議を必要とする企業が一定数存在する。そのワケとは。

AI技術でタクシー配車を最適化する「リアルタイム移動需要予測」とは?

リアルタイム移動需要予測サービスは、モノや人の移動状況を捉えて近未来の移動需要を予測する技術だ。タクシーや公共交通、運輸、物流最適化、交通渋滞・混雑緩和や事故・災害対策にも大きく貢献する可能性を秘める。多様なデータの関係性を見いだせる技術の詳細とは。

いまさら聞けないRPAの基礎知識 面倒な仕事はロボットにお任せ

RPA(Robotic Process Automation)は、現場業務をどう省力化、合理化できるかといった課題に、大規模開発やシステム改修のリードタイムはかけられないという場合の選択肢として注目されている。

「タイム」に関するIT製品情報

データをソースに置いたまま統合、「データ仮想化」がもたらす10のメリットとは

Denodo Technologies株式会社

クラウドなどにより大量のデータが日々生成される中、ETLなど従来の技術では管理/統合が困難になっている。そこで必要になるのが、データを各ソースに置いたまま、統合された形でリアルタイムに提供するという、新たなアプローチだ。

リアルタイムな意思決定に必須、ITマネジメント全体でビューを統一する方法は?

ServiceNow Japan 株式会社

ITSMとITOMの協調的な運用を実現するためには、6つのステップを踏んでプラットフォームを構築する必要がある。ここでは、その最後の要素となる「ITサービスおよびオペレーション全体でのビューの統一」について、詳しく解説する。

電子契約に切り替えて本当に大丈夫? 3つの法的観点で考える有効性と効果

弁護士ドットコム株式会社

初期費用なし、郵送のタイムラグもなく、印紙税も課税されない「クラウド型電子契約」。一方、押印しないことに不安を抱く企業も少なくない。本資料では、適法性/証拠力/税務対応という3つの観点から、電子契約導入の不安を解消する。

IoTの価値を最大化、データ急増に対応するエッジコンピューティングの現在地

日本ヒューレット・パッカード株式会社

IoTの浸透によりデータが爆発的に増加する中、従来型インフラでの処理は限界に近づいている。そこでニーズが高まっているのが、データの入手元に近い「エッジ」でのリアルタイムデータ分析だ。

アプリ開発の柔軟性を高める、「マイクロサービス設計」のメリットの捉え方

レッドハット株式会社

長年、アプリケーション開発における最大の焦点はプラットフォームの選択にあったが、近年はマイクロサービスやコンテナ、ランタイムによる柔軟性が重視されるようになっている。その理由と技術的背景に迫る。

「タイム」に関する新着セミナー

経理・予算管理・経営企画部門様向け『戦略的経理部門へのシフト!経営管理業務の省力化、リアルタイム経営へ』

さくら情報システム株式会社

2019/09/30(月)15:00~17:15

  • 東京都
無料 | 定員40名 | 基幹系システム | 情報システム | 情報共有システム・コミュニケーションツール

「タイム」に関連するキーワード

注目キーワード一覧

キーマンズネットとは?

企業向けIT製品の総合サイト「キーマンズネット」では、製品スペックや導入事例・価格情報・技術文書などの充実したIT製品情報に加え、製品の選び方を分かりやすく解説した特集記事によって企業のIT製品選びをサポートします。製品情報と特集記事に加え、ITセミナー情報も毎日更新しています。

会員登録(無料)

ホワイトペーパーや技術資料、導入事例など、IT導入の課題解決に役立つ資料を簡単に入手できます。