「ソフトウェアファイアウォール」に近い情報
「ソフトウェア」に関するIT製品・セミナー情報を表示しています。

「ソフトウェア」に関するIT製品やセミナー情報、最新ニュースならキーマンズネット。 IT製品の詳細スペック情報から導入事例、価格情報まで充実。 資料請求もまとめて簡単にダウンロードできます。

基礎解説ファイアウォールとは?

ファイアウォールは、インターネットなどの外部ネットワークとの境界に設置され、企業ネットワーク内のサーバやPCなどに外部から脅威が侵入しないよう、トラフィックをチェックする役目を担う。従来は、セッションログをチェックして怪しいトラフィックを見つけ出すことが主体だったが、アプリケーションをターゲットにしたセキュリティ脅威などに対応できなくなってきたため、アプリケーションを識別・制御できる「次世代ファイアウォール」も登場している。

「ソフトウェア」に関する記事情報

国内セキュリティ製品市場、2022年に大きく成長する分野は?

2018年のセキュリティ市場はソフトウェアとSaaS(Software as a Services)型ソフトウェア、アプライアンスともに成長傾向にあると予測する。2019年以降もこの成長は続くとみられるが、中でも今後大きく成長する分野とは。

マルチクラウド時代のデータ管理に求められる機能とは何か

ヴィーム・ソフトウェアは、マルチクラウド環境におけるバックアップとデータ保護を提供する「Veeam Availability Suite 9.5 Update 4」を発表した。ユーザー企業が直面する3つの課題を解決するという。

ライセンス監査を受けた企業の60%以上で追加費用が発生

ソフトウェアに関するライセンス監査では、実施企業の60%以上で追加費用が発生するという結果が出た。監査の実態に迫る。

1200人を解雇してまで導入したシステムがたたき出した莫大な損害額はハウマッチ?:456th Lap

 最近、RPA(ソフトウェアロボットによる業務自動化)が話題だ。それによって「ホワイトカラーの仕事が奪われるんじゃないか?」「AIのせいであの職業がなくなるのでは?」みたいな話が持ち上がることもある。

NTT研究所の先端技術を集約し事業拡大を狙う「NTTテクノクロス」誕生

NTTソフトウェア、NTTアイティが合併し、NTTアドバンステクノロジーの音響・映像事業を統合した新会社が誕生した。NTTの研究所の技術を集約したNTTテクノクロスは今後どんなソリューションで市場開拓を狙うのか?

日本企業も注目する「Hyperledger Fabric」とは何か

世界的なIT企業や製造業だけでなく、日本の大手金融機関やSIerも注目するオープンソースの分散台帳ソフトウェア開発プロジェクトが日本で始めて「Meetup」を開催。最新の動向を追う。まずは基礎情報を整理しよう。

Officeソフトウェアの利用状況(2016年)/後編

キーマンズネット会員564人を対象にアンケート調査を実施した。Officeソフトの「何」をメインで使っているか、今後どのような機能がほしいかが明らかになった。

Officeソフトウェアの利用状況(2016年)/前編

キーマンズネット会員564人を対象にアンケート調査を実施した。「柔軟な働き方のための道具は欲しいけれど、できれば使わずに済ませたい」という読者のホンネが明らかになった。

ソフトウェア資産管理でできるリスク管理とコスト削減、億円単位の請求を受けないために

大企業で4億円、中小企業で1億円の賠償請求。そんなリスクから逃れるために必要なソフトウェア資産管理の4つの台帳を紹介する。

仮想化時代のソフトウェア資産管理、ライセンス違反で億円単位の請求も?

Oracle DBやVMなどのライセンス管理はしっかりできているか。煩雑化しがちなサーバ仮想環境のライセンス管理を怠ると数億円レベルの請求があるかもしれない。

「ソフトウェア」に関するIT製品情報

Windows Server 2008/2008 R2をEOS対策、延命利用に向けた最適解とは?

SB C&S株式会社

Windows Server 2008/2008 R2の延長サポート終了が2020年1月14日に迫ってきた。移行の勘所となるソフトウェア対応はもちろん、IT投資計画も考慮するなら、選択肢は限られてくる。今、企業が取るべきEOS対策を解説する。

自動運転ソフトウェア企業が選んだITインフラ 膨大な処理を支える秘訣を公開

ピュア・ストレージ・ジャパン株式会社

自動運転はもはや夢物語ではない。その実現に不可欠なのがAIだ。深層学習は進化を続けており、トレーニングを行うプラットフォームには高度な処理能力と拡張性が求められる。それを実現するソリューションの実例を紹介する。

いまさら聞けない、ソフトウェア定義データセンター(SDDC)の基礎知識

ヴイエムウェア株式会社

ソフトウェア定義データセンター(SDDC)のデータ管理アプローチでは、「物理」「仮想化」「管理」の3つの論理層に分けてプロセスを考える。それぞれの層でできることは何か、基礎知識を整理する。

複数アベイラビリティーゾーンに対応、AWS向けHAクラスタ構築ガイド(Linux版)

日本電気株式会社

業務システムの可用性を高める手段の1つとして多くの企業で活用されている「HAクラスタ」。最新のHAクラスタリングソフトウェアでは、AWS環境での複数AZを跨いだ構成も可能となっている。

業務システムの可用性を向上、AWS向けHAクラスタ環境構築術(Windows版)

日本電気株式会社

現代のビジネスではデジタルテクノロジーの活用が不可欠。そのため、業務システムの可用性向上は重要なミッションとなる。AWSのマルチAZ間でのクラスタにも対応したHAクラスタリングソフトウェアの活用方法を確認したい。

「ソフトウェア」に関連するキーワード

注目キーワード一覧

キーマンズネットとは?

企業向けIT製品の総合サイト「キーマンズネット」では、製品スペックや導入事例・価格情報・技術文書などの充実したIT製品情報に加え、製品の選び方を分かりやすく解説した特集記事によって企業のIT製品選びをサポートします。製品情報と特集記事に加え、ITセミナー情報も毎日更新しています。

会員登録(無料)

ホワイトペーパーや技術資料、導入事例など、IT導入の課題解決に役立つ資料を簡単に入手できます。