「セキュリティリテラシーとは」に近い情報
「セキュリティリ」に関するIT製品・セミナー情報を表示しています。

「セキュリティリ」に関するIT製品やセミナー情報、最新ニュースならキーマンズネット。 IT製品の詳細スペック情報から導入事例、価格情報まで充実。 資料請求もまとめて簡単にダウンロードできます。

基礎解説キーマンズネットとは?

キーマンズネットは企業・法人のIT選定・導入をサポートする総合情報サイトです。ご利用は完全無料。IT初心者から上級者まで、皆さまのさまざまなニーズにお応えします。

「セキュリティリ」に関する記事情報

スマホ経由の集合知でどうセキュリティリスクを低減? モバイル版「タチコマSA」登場の意義

Web媒介型攻撃対策プロジェクト「WarpDrive」が提供してきたエンドユーザー向け対策ソフトウェア「タチコマSA」のモバイル版「タチコマ・モバイル」が公開された。今までの防御策と何が違うのか。一体どんなものなのだろう。

RPAがセキュリティリスクに? 企業が知らない盲点とは

人の作業を代行するRPAが、コンプライアンス違反やセキュリティリスクの原因になり得ることはご存じでしょうか。RPAの活用が進むにつれて危険性は高まります。そうなる前に企業はどのような対策ができるのか、具体例とともに紹介します。

便利な無線LANにつきまとう新たなセキュリティリスク

無線LANを導入する企業が半数を超えた。だが、デバイスの進化が新たなセキュリティリスクを生じさせている。

Windows Server 2003を取り巻くセキュリティリスク

2015年に迫るWindows Server 2003のサポート切れ。いまだに発見され続ける脆弱(ぜいじゃく)性に見るセキュリティリスクと対策を考える。

「セキュリティリ」に関するIT製品情報

OTの進化で拡大する攻撃対象領域、CISOが取り組むべきベストプラクティスは

フォーティネットジャパン株式会社

IoTやクラウドなどのテクノロジーの発展を受け、多くの産業施設でOTとITの融合が進んでいる。だが、それは新たなセキュリティリスクも伴うものだ。そこで、この新たな局面でCISOが取り組むべきベストプラクティスを紹介する。

暗号化ソリューション「nShield HSM」

nCipher Security (Hong Kong) Limited

高レベルの暗号化処理により、あらゆるセキュリティリスクから組織を保護

RPA、企業がはまりやすい落とし穴と対処法――セキュリティが鬼門に

オートメーション・エニウェア・ジャパン株式会社

「ロボティックプロセスオートメーション」(RPA)は適切な導入戦略と環境があれば効果を発揮するが、決して魔法のつえではない。さらに活用を進める上ではセキュリティリスクなどにも気を付ける必要がある。RPA導入で企業がはまりやすい落とし穴と対処法とは。

「Web分離」からコストやユーザー負担という課題を切り離す、新アプローチとは

株式会社インターネットイニシアティブ

業務システムとインターネットに接続する環境を分けて、セキュリティリスクを解消するWeb分離は強力な対策だが、かねてコストやユーザー負担が課題となってきた。そこで注目されるのが、低コストでユーザー環境を変えずに済む新手法だ。

簡易セキュリティリスク診断サービス

株式会社日立ソリューションズ西日本

「簡易セキュリティリスク診断サービス」は専門のコンサルタントがヒアリングを実施し、分かりやすいレポートを提供。企業の情報セキュリティの状況把握を支援する。

「セキュリティリ」に関連するキーワード

注目キーワード一覧

キーマンズネットとは?

企業向けIT製品の総合サイト「キーマンズネット」では、製品スペックや導入事例・価格情報・技術文書などの充実したIT製品情報に加え、製品の選び方を分かりやすく解説した特集記事によって企業のIT製品選びをサポートします。製品情報と特集記事に加え、ITセミナー情報も毎日更新しています。

会員登録(無料)

ホワイトペーパーや技術資料、導入事例など、IT導入の課題解決に役立つ資料を簡単に入手できます。