「スピンドル とは」に近い情報
「スピ」に関するIT製品・セミナー情報を表示しています。

「スピ」に関するIT製品やセミナー情報、最新ニュースならキーマンズネット。 IT製品の詳細スペック情報から導入事例、価格情報まで充実。 資料請求もまとめて簡単にダウンロードできます。

基礎解説キーマンズネットとは?

キーマンズネットは企業・法人のIT選定・導入をサポートする総合情報サイトです。ご利用は完全無料。IT初心者から上級者まで、皆さまのさまざまなニーズにお応えします。

「スピ」に関する記事情報

セキュリティビッグデータを視覚化、隠れた脅威を解明する「CURE」誕生

セキュリティ対策の専門組織として企業内での運用が進むSOCやCSIRTだが、組織として最も求められているのが、セキュリティ脅威の早期発見や攻撃行動が判明した場合の対応優先順判断(トリアージ)。膨大なセキュリティアラートや脅威情報の中から、ハイリスクなインシデントを発見して対処するスピードが重要となるが、そのスピードアップに貢献するのが「セキュリティ情報融合基盤」として開発された「CURE」だ。一体どんなものなのだろう。

「Alexa、このワード共有するね!」 Amazonがスマートスピーカーで盗聴ってホント?:510th Lap

「アレクサ」と呼びかければLEDの点滅とともにAIアシスタント「Alexa」が起動し、音声コマンドでさまざまな操作を可能とするAmazonのスマートスピーカー「Echo」シリーズ。2018年第4四半期には全世界で1370万台も出荷されたそうだ。

人類の脅威か、スマートスピーカーの理由なき暴走:467th Lap

すっかり生活範囲に定着した感のあるスマートスピーカー。呼びかけるだけで、ネットを検索したり家電を操作したり、ちょっとした話し相手にもなったりして、家族も同然というような家庭もあるかもしれない。

光で組み合わせ最適化問題を解く「量子ニューラルネットワーク」とは?

常温処理ながら従来型コンピュータの約50倍ものスピードで問題解く「量子ニューラルネットワーク」の実力を探る。

Web会議の導入にかかるコストはどれくらい?

出張コストの削減や距離が離れた相手とスピーディーな打ち合わせを可能にするWeb会議。でも導入にかかるコストはどれくらいだろうか。

金融機関に学ぶクラウドの使いこなし方――AWS Summit 2016 事例(2)

拠点に散在する重要情報を集約して、スピードと低コストを追求しながら、安全で堅牢な仕組みを実現した国内金融機関の事例を紹介する。

説明できますか? グループウェアで解決できる業務課題

「情報を共有できるようになる」にさらに大きな効果が見込める。会社の風土の改善、社内の動きを見える化、経営判断のスピード化など、あなたの会社が抱える幾つもの課題の解決につながる。

ビジネススピードも超高速化、フラッシュストレージはビジネスにこう生きる

フラッシュストレージがこれからのビジネスを支える基盤となる。経営改革にも結び付く戦略的にフラッシュストレージを活用するヒントを集めた。

目指すは自己解決、事例で見る「FAQシステム」最前線

問い合わせが多種多様になる中、スピードと品質が必須の顧客対応。しかしFAQシステムのメンテナンスコストは高く、承認プロセスが複雑との問題もある。

わら山から「わら」を探す人工知能、「プレディクティブコーディング」とは?

不正行為の証拠発見を人間の数千倍のスピードで実行できる人工知能が登場した。訴訟大国の米国でビジネスを行う際には要チェックだ。

「スピ」に関するIT製品情報

NRIが全社導入に選んだビジネスチャットの正体とは

株式会社野村総合研究所

働き方改革によりスピード重視のコミュニケーションが不可欠だ。シンプルなUIで誰でも簡単に気軽に使え、チーム内のコミュニケーションが劇的に加速。そこで注目したいのが、多彩な機能と安全性を両立したチャットツールMattermostだ。

ナレッジマネジメントはなぜ失敗するのか? 成功への鍵は既存情報のフル活用だ

株式会社野村総合研究所

社員の持つナレッジは企業の重要な資産だが、複数のシステムに散在している状態では必要な情報を見つけるのに多くの時間がかかる。そこで注目されているのが、ナレッジをスピーディーに引き出し、蓄積・共有できるソリューションだ。

デジタル時代、いかにして企業はスピードとセキュリティを両立すべきか

TIS株式会社

デジタル時代のビジネスでは、スピード感とセキュリティが重要な鍵を握る。それを両立させるDevSecOpsの実践およびDevSecOpsでのアプリケーション基盤となるコンテナ環境の整備などを、企業はどのように行うべきか。

なぜ上手に使えない? 企業がBIツールで「メタデータ」を持て余す4つの理由

Tableau Japan株式会社

BIツールが、エンドユーザーの意思決定をサポートするスピーディーなソリューションとしての重要性を高める中で、効果的に活用されていないのが「メタデータ」だ。メタデータを宝の持ち腐れにせず、その価値を引き出すポイントを紹介する。

セルフサービスBI 軽技Web

富士電機株式会社

簡単にデータベースを検索・活用、業務の効率化でビジネスをスピードアップ

「スピ」に関連するキーワード

注目キーワード一覧

キーマンズネットとは?

企業向けIT製品の総合サイト「キーマンズネット」では、製品スペックや導入事例・価格情報・技術文書などの充実したIT製品情報に加え、製品の選び方を分かりやすく解説した特集記事によって企業のIT製品選びをサポートします。製品情報と特集記事に加え、ITセミナー情報も毎日更新しています。

会員登録(無料)

ホワイトペーパーや技術資料、導入事例など、IT導入の課題解決に役立つ資料を簡単に入手できます。