「ストレートpcm方式とは ノンリニアpcm」に近い情報
「ストレー」に関するIT製品・セミナー情報を表示しています。

「ストレー」に関するIT製品やセミナー情報、最新ニュースならキーマンズネット。 IT製品の詳細スペック情報から導入事例、価格情報まで充実。 資料請求もまとめて簡単にダウンロードできます。

基礎解説キーマンズネットとは?

キーマンズネットは企業・法人のIT選定・導入をサポートする総合情報サイトです。ご利用は完全無料。IT初心者から上級者まで、皆さまのさまざまなニーズにお応えします。

「ストレー」に関する記事情報

「外付け型ストレージ」シェア(2018年第3四半期)

外付け型エンタープライズストレージシステムの国内支出額は、前年同期比5.6%増の449億5600万円だった。ストレージベンダーがシェア拡大に求められるものとは。

Dropboxが変えた建設現場、増え続けるNASをどう移行した?

IT基盤の刷新に取り組む飛島建設だが、工事現場の膨大なデータ管理に苦戦していた。解決策として現場ごとに設置したNASをクラウドストレージに移行することを決意。しかし、道のりは平たんなものではなかった。成功の鍵とは……?

もはや“もの置き”ではない、知って得するBox、Dropboxの便利機能

社外からのアクセスや、社外を含めたコラボレーションを可能にするオンラインストレージが熱い。セキュリティ機能の強化などから、クラウドにデータを置くことへの抵抗も和らいでいる。本稿では、オンラインストレージを“使い倒す”ために、導入の決め手となるセキュリティ機能や知って得する便利な機能を紹介する。

徹底比較 Office 365とG Suiteで考える、全社基盤としてのオンラインストレージ

採用が進むオンラインストレージだが、何を基準に選べばよいのか悩む企業は多い。Microsoft OneDriveとGoogle Driveをピックアップし、本格的に導入するためのチェックポイントを紹介する。

「外付け型ストレージ」シェア(2018年第2四半期)

外付け型エンタープライズストレージシステムの国内支出額は、前年同期比0.2%増の383億6200万円だった。前年同期と比べて1位以外の順位が全て入れ替わった。

GPUを必要とする計算処理の存在感が増加

GPUやFPGAなどを搭載したサーバとそれに接続される外付型ストレージを合わせた「アクセラレーテッドコンピューティング」は、2022年に978億2300万円まで成長する。

「エンタープライズインフラ」シェア(2017年)

サーバとストレージを合算したエンタープライズインフラの2017年国内市場規模は6346億円だった。トップシェアのベンダーはどこ?

「外付け型ストレージ」シェア(2018年第1四半期)

外付け型エンタープライズストレージシステムの国内支出額は、前年同期比5.4%増。前回調査から半年で上位2社が逆転した。

「外付型ストレージ」シェア(2017年第4四半期)

フラッシュストレージへの移行が顕著となった外付型ストレージ市場。シェア1位の国内ベンダーとは?

企業向けストレージ市場、クラウド化の影響は?

クラウド化の流れはストレージ業界にも大きな影響を与えている。2017年の国内企業向けストレージシステム市場規模は前年比2.3%減の2988億2800万円と見込まれる。

「ストレー」に関するIT製品情報

知らないと恥ずかしいITインフラ新定番、「ハイパーコンバージド」の“驚きの正体”

ヴイエムウェア株式会社

サーバとストレージ、ネットワークを最適な構成で組み合わせる「ハイパーコンバージドシステム」が注目されている。その理由と、失敗しない製品の選び方を解説する。

ハイパーコンバージドインフラに「オールフラッシュ」を本気で検討してみる

ヴイエムウェア株式会社

ハイパーコンバージドインフラ(HCI)導入時に考えるべきことの1つが、ストレージ機能を担う記憶媒体として何を選択するかだ。SSDのみか、HDDとの組み合わせか。

NVMeとNVDIMMの進化を、HCIはどう活用しようとしているか

ヴイエムウェア株式会社

ストレージI/O技術は、NVMeの普及およびNVDIMMの進化で、大きな変化を迎えつつある。これはハイパーコンバージドインフラ(HCI)およびソフトウェアストレージにどのような影響を与えようとしているのだろうか。

実は3種類あるハイパーコンバージド、ニーズに合った製品を選ぶポイントは?

ネットアップ合同会社

ITインフラの多様な課題を解決するハイパーコンバージドインフラは、ストレージに対するアプローチの違いで、3つのアーキテクチャに大別される。それぞれの特性、そしてニーズにどう合致するのか、ポイントを把握しておこう。

クラウドの即応性を自社運用で――ソフトウェア定義型ストレージ選びのポイント

ネットアップ合同会社

クラウドストレージへの移行をためらう企業が挙げる、コストや規制の課題。これらを解消するのが、任意のハードウェアに導入でき、クラウドと自社運用のメリットを享受可能なソフトウェア定義型ストレージサービスだ。

「ストレー」に関する新着セミナー

実践例から学ぶ BtoB企業でのデジタルマーケティングの取り組み

株式会社ソルクシーズ

2019/03/05(火)15:30~17:35

  • 東京都
無料 | 定員20名 | ストレージ | 情報共有システム・コミュニケーションツール

富士通が実践するクラウド・コンテンツ・マネジメント「Box」を実機体験 

富士通株式会社

2019/03/14(木)15:00~16:30

  • 東京都
無料 | 定員10名 | ストレージ | 情報システム | 情報共有システム・コミュニケーションツール

よくわかる G Suite セミナー

株式会社電算システム

2019/04/16(火)15:00~17:30

  • 東京都
無料 | 定員30名 | ストレージ | 基幹系システム | 情報共有システム・コミュニケーションツール

「ストレー」に関連するキーワード

注目キーワード一覧

キーマンズネットとは?

企業向けIT製品の総合サイト「キーマンズネット」では、製品スペックや導入事例・価格情報・技術文書などの充実したIT製品情報に加え、製品の選び方を分かりやすく解説した特集記事によって企業のIT製品選びをサポートします。製品情報と特集記事に加え、ITセミナー情報も毎日更新しています。

会員登録(無料)

ホワイトペーパーや技術資料、導入事例など、IT導入の課題解決に役立つ資料を簡単に入手できます。