「ストレージングとは」に近い情報
「ストレージ」に関するIT製品・セミナー情報を表示しています。

「ストレージ」に関するIT製品やセミナー情報、最新ニュースならキーマンズネット。 IT製品の詳細スペック情報から導入事例、価格情報まで充実。 資料請求もまとめて簡単にダウンロードできます。

基礎解説ストレージとは?

「ストレージ」とはプログラムやデータを記憶する媒体と装置のこと。「HDD(ハードディスクドライブ)」や「テープストレージ」「フラッシュストレージ」のような半導体記憶装置の他、「記録型CD」や「記録型DVD」といった光学ディスクメディアにデータを読み書きする「光学ディスクドライブ」もこれにあたる。ストレージをネットワーク経由で利用する「ネットワークストレージ」技術や製品、サービスも数多く登場しており、「NAS」「SAN」「ストレージ仮想化」「iSCSI」などがネットワークストレージに関連する。さらに、インターネットやクラウドを介してストレージを利用できるオンラインストレージやファイルストレージ、クラウドストレージサービスもある。

「ストレージ」に関する記事情報

厚さ2ミリの「ガラス」ストレージ、何GB保存できるの? マイクロソフトの新発明:538th Lap

PCやサーバのストレージにSSD(ソリッドステートドライブ)が採用されるようになって数年が経過した。今後もデータが増えていくことは間違いないが、ストレージの素材にガラスを使う研究が進んでいる。

HPE Cloud Volumesとは? 今あるデータをそのまま使うクラウドストレージサービスが日本でも利用可能に

日本でももうすぐ使えるようになる「HPE Cloud Volumes」はどんなものだろうか。何がメリットでどう使えるかをまとめる。

「外付け型ストレージ」シェア(2019年第2四半期)

外付け型エンタープライズストレージシステムの国内支出額は、前年同期比21.9%増の471億6300万円だった。2001年以降で最も高い支出額成長率を達成した要因とは。

“ポケモン”の管理はもう限界……G ドライブでもファイルサーバでもなくBoxにしたワケ

ファイルサーバでのデータ共有に限界を感じていたポケモンのBox導入の裏側を同社のIT部門が明かした。Boxと連携すると便利な外部ツール、複数のクラウドストレージの使い分けといった「試行錯誤の上で見いだした」ポイントも伝授する。

「Office 365」と「G Suite」の利用状況(2019)/後編

Office 365とG Suiteにはオフィスアプリケーション以外にもチャットツールやビデオ会議ツール、クラウドストレージなど数多くの機能を備える。だが、これらの機能はどこまで現場で使われているのか。多機能であることは、現場にとって“正義”なのか。実態を調査した。

「エンタープライズインフラ」シェア(2018年)

サーバとストレージを合算したエンタープライズインフラの2018年国内市場規模は6785億円だった。前年度7位のベンダーは4位に上昇し、大躍進を見せる。その原因とは?

「外付け型ストレージ」シェア(2018年第4四半期および2018年)

外付け型エンタープライズストレージシステムの国内支出額は、前年同期比3.8%増の445億1400万円だった。2017年に引き続き2018年もHDDからフラッシュへの移行が進んでいるが、どう推移したか。

ファイルサーバの利用状況(2019年)/後編

ファイルサーバと同等の機能を備えるクラウドストレージ。最近は、企業での利用も目立ってきたが、クラウドストレージは企業にとって第二のファイルサーバとなり得るのだろうか。読者の意見を聞いた。

「外付け型ストレージ」シェア(2018年第3四半期)

外付け型エンタープライズストレージシステムの国内支出額は、前年同期比5.6%増の449億5600万円だった。ストレージベンダーがシェア拡大に求められるものとは。

Dropboxが変えた建設現場、増え続けるNASをどう移行した?

IT基盤の刷新に取り組む飛島建設だが、工事現場の膨大なデータ管理に苦戦していた。解決策として現場ごとに設置したNASをクラウドストレージに移行することを決意。しかし、道のりは平たんなものではなかった。成功の鍵とは……?

「ストレージ」に関するIT製品情報

ダウンタイムは年25秒未満、“学習するストレージ”で運用と費用はどう変わる?

リコージャパン株式会社

これまでストレージに卓越した可用性を求める場合には、冗長性の高いハードウェアモデルをベースとした高額なオンサイトサービス契約が必要だった。しかし、予測分析が可能な“学習するストレージ”の登場で、この状況は変わりつつある。

原因不明はなくなる? アプリケーション停止/遅延のないインフラ運用の可能性

リコージャパン株式会社

現代のビジネスでは、24時間365日、即時にデータへアクセス可能であることが求められるが、フラッシュストレージを導入するだけではダウンタイムの回避は難しい。機械学習、予測分析などの最新技術は、この課題をどのように解決するのか。

容量を即座に拡張/縮小、新たなオールフラッシュ環境でビジネスはどう変わる?

横河レンタ・リース株式会社

ストレージ要件の高度化が進む中、多くの企業がオールフラッシュ導入を進めているが、それだけでは変化の早いビジネスに追い付くことは難しい。予測困難なリソース需要にも対応するためには、オールフラッシュ環境のさらなる進化が必要だ。

クラウドバックアップの難題、コストと機能のトレードオフをどう解消する?

株式会社ネットワールド

近年導入が進んでいるクラウドバックアップで利用されるクラウドストレージにもクラウドサーバ(IaaS型)にも一長一短がある。そこで注目したいのが、従来型クラウドバックアップの課題を解消する新たなクラウドサービスだ。

クラウドストレージからのファイル漏えい・流出に備えるには?

株式会社DataClasys

ファイルサーバに代わりクラウドストレージの採用が増える中、そのセキュリティの懸念も高まっている。WAFやCASBなどによる管理は有効な手段だが、万が一のファイル漏えい・流出に備え、さらなるセキュリティ強化も求められる。

「ストレージ」に関する新着セミナー

DX時代のデータ保護と利活用セミナー

アルファテック・ソリューションズ株式会社

2020/01/23(木)14:30~17:00

  • 東京都
無料 | 定員40名 | ストレージ | 仮想化 | データ分析

Dropbox Business(企業向けDropbox)オンラインセミナー

株式会社サテライトオフィス

2019/12/20(金)14:00~15:00

  • オンラインセミナー
無料 | 定員80名 | ストレージ | 情報共有システム・コミュニケーションツール

【G Suite / Office 365】クラウド比較セミナー in 東京

株式会社ファインディックス

2020/01/22(水)13:00~16:00

  • 東京都
無料 | 定員20社40名 | ストレージ | 情報共有システム・コミュニケーションツール | メール

「ストレージ」に関連するキーワード

注目キーワード一覧

キーマンズネットとは?

企業向けIT製品の総合サイト「キーマンズネット」では、製品スペックや導入事例・価格情報・技術文書などの充実したIT製品情報に加え、製品の選び方を分かりやすく解説した特集記事によって企業のIT製品選びをサポートします。製品情報と特集記事に加え、ITセミナー情報も毎日更新しています。

会員登録(無料)

ホワイトペーパーや技術資料、導入事例など、IT導入の課題解決に役立つ資料を簡単に入手できます。