「ストレージエンクロージャとは」に近い情報
「ストレージ」に関するIT製品・セミナー情報を表示しています。

「ストレージ」に関するIT製品やセミナー情報、最新ニュースならキーマンズネット。 IT製品の詳細スペック情報から導入事例、価格情報まで充実。 資料請求もまとめて簡単にダウンロードできます。

基礎解説ストレージとは?

「ストレージ」とはプログラムやデータを記憶する媒体と装置のこと。「HDD(ハードディスクドライブ)」や「テープストレージ」「フラッシュストレージ」のような半導体記憶装置の他、「記録型CD」や「記録型DVD」といった光学ディスクメディアにデータを読み書きする「光学ディスクドライブ」もこれにあたる。ストレージをネットワーク経由で利用する「ネットワークストレージ」技術や製品、サービスも数多く登場しており、「NAS」「SAN」「ストレージ仮想化」「iSCSI」などがネットワークストレージに関連する。さらに、インターネットやクラウドを介してストレージを利用できるオンラインストレージやファイルストレージ、クラウドストレージサービスもある。

「ストレージ」に関する記事情報

コラボレーション機能を強化するDropboxに聞く テレワーク

クラウドストレージサービスを展開するDropbox Japan。コラボレーション機能を強化する同社にテレワーク成功の秘訣を聞いた。

「外付型ストレージ」シェア(2019年第4四半期、2019年通年)

IDC Japanは国内外付型エンタープライズストレージ市場の2019年第4四半期(10月~12月)および2019年通年実績を発表した。調査開始以来、国内大手3社の合計シェアは最低となった。

「外付型ストレージ」シェア(2019年第3四半期)

2013年の調査開始から初めてフラッシュが減少し、HDDが成長したという。HDDアレイが伸びた2つの理由とは。

厚さ2ミリの「ガラス」ストレージ、何GB保存できるの? マイクロソフトの新発明:538th Lap

PCやサーバのストレージにSSD(ソリッドステートドライブ)が採用されるようになって数年が経過した。今後もデータが増えていくことは間違いないが、ストレージの素材にガラスを使う研究が進んでいる。

HPE Cloud Volumesとは? 今あるデータをそのまま使うクラウドストレージサービスが日本でも利用可能に

日本でももうすぐ使えるようになる「HPE Cloud Volumes」はどんなものだろうか。何がメリットでどう使えるかをまとめる。

「外付け型ストレージ」シェア(2019年第2四半期)

外付け型エンタープライズストレージシステムの国内支出額は、前年同期比21.9%増の471億6300万円だった。2001年以降で最も高い支出額成長率を達成した要因とは。

“ポケモン”の管理はもう限界……G ドライブでもファイルサーバでもなくBoxにしたワケ

ファイルサーバでのデータ共有に限界を感じていたポケモンのBox導入の裏側を同社のIT部門が明かした。Boxと連携すると便利な外部ツール、複数のクラウドストレージの使い分けといった「試行錯誤の上で見いだした」ポイントも伝授する。

「Office 365」と「G Suite」の利用状況(2019)/後編

Office 365とG Suiteにはオフィスアプリケーション以外にもチャットツールやビデオ会議ツール、クラウドストレージなど数多くの機能を備える。だが、これらの機能はどこまで現場で使われているのか。多機能であることは、現場にとって“正義”なのか。実態を調査した。

「エンタープライズインフラ」シェア(2018年)

サーバとストレージを合算したエンタープライズインフラの2018年国内市場規模は6785億円だった。前年度7位のベンダーは4位に上昇し、大躍進を見せる。その原因とは?

「外付け型ストレージ」シェア(2018年第4四半期および2018年)

外付け型エンタープライズストレージシステムの国内支出額は、前年同期比3.8%増の445億1400万円だった。2017年に引き続き2018年もHDDからフラッシュへの移行が進んでいるが、どう推移したか。

「ストレージ」に関するIT製品情報

WAFやCASBだけでは防げないデータ流出後のリスク、暗号化DRMはどう防ぐのか

株式会社DataClasys

ファイルサーバをクラウドストレージに移行することには多くのメリットがある半面、データ流出のリスク増大という課題もある。メリットを阻害することなく、万が一の流出に備えた対策を強化するためには、どうすればよいだろうか。

クラウドストレージの利便性とセキュリティを両立する「暗号化DRM」の要件

株式会社DataClasys

企業が保存するデータの肥大化を受け、クラウドストレージの利用が拡大している。そこで悩ましいのが情報漏えいリスクへの対策だ。万が一、データが流出した際に最後の砦となる「暗号化」の要件を押さえておこう。

ゲーム制作現場も認めた圧倒的な高コスパ、マーベラスが選んだストレージとは?

アセンテック株式会社

ゲーム開発などを手掛けるマーベラス。同社は、4K/8K映像に代表されるコンテンツの大容量化への対応を目指してストレージ刷新を決断した。そこで、同社が「常識を覆す充実の機能」と「圧倒的な低コスト」に驚いたというストレージとは?

HCIと3Tier型のいいとこ取り、ハイブリッドクラウド基盤に進化した次世代HCI

株式会社ネットワールド

ストレージベンダーならではの機能に磨きをかけ、さらなる進化を遂げた「NetApp HCI」。クラウド、オンプレミスに関係なく、データを自由に活用できるプラットフォームとして注目される、この次世代型HCIの実力に迫る。

検証レポート:Pure StorageとVeeam連携によるバックアップ&リカバリーの実力

SB C&S株式会社

高速なオールフラッシュストレージと定評のあるデータ保護製品とで、バックアップ効率や復旧時間はどれだけ変わるのか。両者の連携による、ストレージスナップショットを利用したバックアップについて、その手順と具体的な効果を紹介する。

「ストレージ」に関する新着セミナー

VDIの最適解とは 〜ユーザー事例から読み解く〜

ネットアップ 合同会社

2020/07/28(火)10:00~11:00

  • オンラインセミナー
無料 | 定員なし | サーバー | ストレージ | 仮想化

VDIの最適解とは 〜ユーザー事例から読み解く〜

ネットアップ 合同会社

2020/07/29(水)16:00~17:00

  • オンラインセミナー
無料 | 定員なし | サーバー | ストレージ | 仮想化

進化し続ける”スマートワークスペース” Dropbox Spaces と Dropbox Paper とは

Dropbox Japan

2020/07/21(火)15:00~16:00

  • オンラインセミナー
無料 | 定員100名 | ストレージ | 情報共有システム・コミュニケーションツール

「ストレージ」に関連するキーワード

注目キーワード一覧

キーマンズネットとは?

企業向けIT製品の総合サイト「キーマンズネット」では、製品スペックや導入事例・価格情報・技術文書などの充実したIT製品情報に加え、製品の選び方を分かりやすく解説した特集記事によって企業のIT製品選びをサポートします。製品情報と特集記事に加え、ITセミナー情報も毎日更新しています。

会員登録(無料)

ホワイトペーパーや技術資料、導入事例など、IT導入の課題解決に役立つ資料を簡単に入手できます。