「ストレージとサーバーの違い」に近い情報
「ストレージと」に関するIT製品・セミナー情報を表示しています。

「ストレージと」に関するIT製品やセミナー情報、最新ニュースならキーマンズネット。 IT製品の詳細スペック情報から導入事例、価格情報まで充実。 資料請求もまとめて簡単にダウンロードできます。

基礎解説サーバとは?

ここで取り上げている「サーバ」は、コンピュータネットワーク上で他のコンピュータ(クライアント)に対して、各種サービスを提供したり、データ共有などを許可するコンピュータのことを指す。サーバの種類には「PCサーバ」「UNIXサーバ」「メインフレーム」などがあり、特定の機能を持ったサーバは「Webアプリケーションサーバ」「データベースサーバ」「ファイルサーバ」などといったものがある。サーバに搭載されるOSは「サーバOS」と呼ばれ、「UNIX」「Windows Server」「Linux」などといった種類があり、それぞれ特長があって用途によって選択される。またサーバ運用にあたっては、「KVMスイッチ」や「UPS(無停電電源装置)」といった周辺機器の存在も重要である。

「ストレージと」に関する記事情報

SSDの限界を超える「ReRAM搭載SSD」とは?

SSDの寿命を22倍、性能を33倍向上させる「ReRAM搭載SSD」が登場した。ハイブリッドメモリが新たなストレージとなるか?

「ストレージと」に関するIT製品情報

検証レポート:Pure StorageとVeeam連携によるバックアップ&リカバリーの実力

SB C&S株式会社

高速なオールフラッシュストレージと定評のあるデータ保護製品とで、バックアップ効率や復旧時間はどれだけ変わるのか。両者の連携による、ストレージスナップショットを利用したバックアップについて、その手順と具体的な効果を紹介する。

データの大容量化でかさむバックアップコスト、運用も見据えた解決策は?

東京エレクトロン デバイス株式会社

増え続けるデータは、バックアップ運用の負荷やコストも増大させている。シンプルな解決策は、効率的な重複排除機能を持つバックアップ専用ストレージと、仮想化環境に強いバックアップソフトを組み合わせることだ。その理由を解説する。

小規模オフィスからデータセンターまで、幅広く活躍するオールフラッシュの要件

ネットアップ合同会社

ハイブリッドクラウド時代の標準ストレージとして、オールフラッシュアレイ市場が拡大している。従来は価格面がネックだったが、現在ではエントリーモデルでも優れたデータ効率化機能を搭載するなど、手の届きやすい存在となってきた。

少額投資でデータ管理運用負荷を解消する「オブジェクトストレージ」基礎知識

クラウディアン株式会社

加速度的に増え続ける多種多様なデータを効率よく管理できるアーキテクチャとして、オブジェクトストレージへの注目度が高まっている。少額の投資でスモールスタート可能なオブジェクトストレージとその活用例を紹介する。

高速処理を極めるなら“100%NVMe対応”のオールフラッシュストレージで決まり

株式会社ネットワールド

インフラを支えるストレージとしてフラッシュアレイの採用が増えているが運用や将来的な増設やリプレースを不安視する声も今回はオールフラッシュでシンプルな運用と初期投資を無駄にしないアップグレードを実現するソリューションを紹介

「ストレージと」に関連するキーワード

注目キーワード一覧

キーマンズネットとは?

企業向けIT製品の総合サイト「キーマンズネット」では、製品スペックや導入事例・価格情報・技術文書などの充実したIT製品情報に加え、製品の選び方を分かりやすく解説した特集記事によって企業のIT製品選びをサポートします。製品情報と特集記事に加え、ITセミナー情報も毎日更新しています。

会員登録(無料)

ホワイトペーパーや技術資料、導入事例など、IT導入の課題解決に役立つ資料を簡単に入手できます。