「ストレージ 性能比較 compellent 3par」に近い情報
「ストレージ 性能比較」に関するIT製品・セミナー情報を表示しています。

「ストレージ 性能比較」に関するIT製品やセミナー情報、最新ニュースならキーマンズネット。 IT製品の詳細スペック情報から導入事例、価格情報まで充実。 資料請求もまとめて簡単にダウンロードできます。

基礎解説ストレージとは?

「ストレージ」とはプログラムやデータを記憶する媒体と装置のこと。「HDD(ハードディスクドライブ)」や「テープストレージ」「フラッシュストレージ」のような半導体記憶装置の他、「記録型CD」や「記録型DVD」といった光学ディスクメディアにデータを読み書きする「光学ディスクドライブ」もこれにあたる。ストレージをネットワーク経由で利用する「ネットワークストレージ」技術や製品、サービスも数多く登場しており、「NAS」「SAN」「ストレージ仮想化」「iSCSI」などがネットワークストレージに関連する。さらに、インターネットやクラウドを介してストレージを利用できるオンラインストレージやファイルストレージ、クラウドストレージサービスもある。

「ストレージ 性能比較」に関する記事情報

SSDの限界を超える「ReRAM搭載SSD」とは?

SSDの寿命を22倍、性能を33倍向上させる「ReRAM搭載SSD」が登場した。ハイブリッドメモリが新たなストレージとなるか?

「ストレージ 性能比較」に関するIT製品情報

快適な仮想デスクトップであり続ける秘訣は? HCIによるVDI構築の利点と注意点

ヴイエムウェア株式会社

VDI環境におけるストレージの性能不足は解決が難しい問題となりがちだ。そこで、ストレージのスケーリングが容易なHCIをVDI向けに導入する企業は多い。しかし、HCIによるVDI構築で期待通りの効果を得るためには注意すべき点もある。

HCIを左右するストレージ性能、3つのテクノロジーでデータの最小化が可能に

SB C&S株式会社

シンプルな仮想化基盤として利用が拡大するハイパーコンバージドインフラ(HCI)だが、そのスペックはストレージ部分の機能や性能によって大きく左右される。次世代HCIに導入されたテクノロジーから、違いが生まれる理由と効果を解説する。

マンガで分かる「VDI構築の注意点」 思わぬトラブルやコスト増大を避けるには

アセンテック株式会社

VDI環境の性能要件は企業ごとに異なるが、その導入において思わぬトラブルやコスト増大を招く原因には共通する部分も多い。実際のVDI環境構築事例を基に、サイジングやストレージ選定で失敗しないためのポイントを解説する。

エントリーモデルでも約40万IOPS、高性能フラッシュストレージを検証する

株式会社ネットワールド

ストレージ性能への高度な要求に応えるフラッシュストレージ。その多様化が進み、今まで以上に製品選定が重要となっている。そこで、エントリーモデルでも約40万IOPSという注目製品について、その実力やモデル選定のコツを紹介する。

仮想化基盤の性能/容量問題を一掃、小千谷市の業務を支える高性能ストレージ

日本ヒューレット・パッカード株式会社

新潟県の小千谷市では、セキュリティ強化のためサーバや新システムを増やしたことで、仮想化基盤の性能・容量が限界に達していた。その問題を解決するため同市が採用した、オールフラッシュ並みの性能を低コストで実現するストレージとは?

「ストレージ 性能比較」に関連するキーワード

注目キーワード一覧

キーマンズネットとは?

企業向けIT製品の総合サイト「キーマンズネット」では、製品スペックや導入事例・価格情報・技術文書などの充実したIT製品情報に加え、製品の選び方を分かりやすく解説した特集記事によって企業のIT製品選びをサポートします。製品情報と特集記事に加え、ITセミナー情報も毎日更新しています。

会員登録(無料)

ホワイトペーパーや技術資料、導入事例など、IT導入の課題解決に役立つ資料を簡単に入手できます。