「ストレージ 導入」に関するIT製品・セミナー情報を表示しています。

「ストレージ 導入」に関するIT製品やセミナー情報、最新ニュースならキーマンズネット。 IT製品の詳細スペック情報から導入事例、価格情報まで充実。 資料請求もまとめて簡単にダウンロードできます。

基礎解説ストレージとは?

「ストレージ」とはプログラムやデータを記憶する媒体と装置のこと。「HDD(ハードディスクドライブ)」や「テープストレージ」「フラッシュストレージ」のような半導体記憶装置の他、「記録型CD」や「記録型DVD」といった光学ディスクメディアにデータを読み書きする「光学ディスクドライブ」もこれにあたる。ストレージをネットワーク経由で利用する「ネットワークストレージ」技術や製品、サービスも数多く登場しており、「NAS」「SAN」「ストレージ仮想化」「iSCSI」などがネットワークストレージに関連する。さらに、インターネットやクラウドを介してストレージを利用できるオンラインストレージやファイルストレージ、クラウドストレージサービスもある。

「ストレージ 導入」に関する記事情報

“ポケモン”の管理はもう限界……G ドライブでもファイルサーバでもなくBoxにしたワケ

ファイルサーバでのデータ共有に限界を感じていたポケモンのBox導入の裏側を同社のIT部門が明かした。Boxと連携すると便利な外部ツール、複数のクラウドストレージの使い分けといった「試行錯誤の上で見いだした」ポイントも伝授する。

もはや“もの置き”ではない、知って得するBox、Dropboxの便利機能

社外からのアクセスや、社外を含めたコラボレーションを可能にするオンラインストレージが熱い。セキュリティ機能の強化などから、クラウドにデータを置くことへの抵抗も和らいでいる。本稿では、オンラインストレージを“使い倒す”ために、導入の決め手となるセキュリティ機能や知って得する便利な機能を紹介する。

徹底比較 Office 365とG Suiteで考える、全社基盤としてのオンラインストレージ

採用が進むオンラインストレージだが、何を基準に選べばよいのか悩む企業は多い。Microsoft OneDriveとGoogle Driveをピックアップし、本格的に導入するためのチェックポイントを紹介する。

オンラインストレージ導入で不要になるものとは?

オンラインストレージを導入することで、ストレージ管理者がどのような業務から解放されるのかに焦点を当ててみよう。

オンラインストレージ導入前、4つの確認すべきポイント

法人向けオンラインストレージは個人で利用する場合とは異なり、選定、導入前には、幾つか注意すべき点がある。最低限確認したいポイントを4つ紹介する。

失敗事例から学ぶ、オンラインストレージの留意点

利便性の高いオンラインストレージですが、安易に導入してしまうと思わぬ落とし穴にはまってしまうことがある。オンラインストレージ導入にありがちな失敗例と回避法を説明する。

オンラインストレージで解消できる、企業のあるある課題

オンラインストレージを導入する企業が増えた。オンラインストレージを導入することによって得られるメリットや、解決可能な課題を幾つか紹介する。

急速に普及するオンラインストレージってどんなもの?

社内データの管理や大容量データのやりとりなどを低コストで行う目的で導入する企業も多く、法人を対象としたオンラインストレージサービスも増えた。

社内SNS、ビジネスチャットツール、オンラインストレージの導入状況(2016年)/後編

キーマンズネット会員308人を対象にアンケート調査を実施した。オンラインストレージの導入状況が明らかになった。

社内SNS、ビジネスチャットツール、オンラインストレージの導入状況(2016年)/前編

キーマンズネット会員308人を対象にアンケート調査を実施した。社内SNSとビジネスチャットの導入状況が明らかになった。

「ストレージ 導入」に関するIT製品情報

クラウドストレージ&紙文書の電子化で進める働き方改革、利点を最大化するには

株式会社シーイーシー

業務効率化のため、クラウドストレージ導入に加え、紙文書の電子化に取り組む企業が増えている。ただ、電子化ツールには、データ化の手順が煩雑、複合機によっては対応できないなどの課題もある。その解決策は何だろうか。

複数のNASとディスクを統合、大容量と冗長性を両立するストレージ仮想化の方法

株式会社ソリトンシステムズ

放送、メディア業界向けの大容量データのバックアップ環境において、大きな課題となっていた冗長性の確保。新規NASの導入を機に実施された、既存のNASも含めたストレージの単一ボリューム化が、課題の解決に大きな役割を果たしたという。

原因不明はなくなる? アプリケーション停止/遅延のないインフラ運用の可能性

リコージャパン株式会社

現代のビジネスでは、24時間365日、即時にデータへアクセス可能であることが求められるが、フラッシュストレージを導入するだけではダウンタイムの回避は難しい。機械学習、予測分析などの最新技術は、この課題をどのように解決するのか。

容量を即座に拡張/縮小、新たなオールフラッシュ環境でビジネスはどう変わる?

横河レンタ・リース株式会社

ストレージ要件の高度化が進む中、多くの企業がオールフラッシュ導入を進めているが、それだけでは変化の早いビジネスに追い付くことは難しい。予測困難なリソース需要にも対応するためには、オールフラッシュ環境のさらなる進化が必要だ。

クラウドバックアップの難題、コストと機能のトレードオフをどう解消する?

株式会社ネットワールド

近年導入が進んでいるクラウドバックアップで利用されるクラウドストレージにもクラウドサーバ(IaaS型)にも一長一短がある。そこで注目したいのが、従来型クラウドバックアップの課題を解消する新たなクラウドサービスだ。

「ストレージ 導入」に関連するキーワード

注目キーワード一覧

キーマンズネットとは?

企業向けIT製品の総合サイト「キーマンズネット」では、製品スペックや導入事例・価格情報・技術文書などの充実したIT製品情報に加え、製品の選び方を分かりやすく解説した特集記事によって企業のIT製品選びをサポートします。製品情報と特集記事に加え、ITセミナー情報も毎日更新しています。

会員登録(無料)

ホワイトペーパーや技術資料、導入事例など、IT導入の課題解決に役立つ資料を簡単に入手できます。