「ストレージ クリップアート」に近い情報
「ストレージ」に関するIT製品・セミナー情報を表示しています。

「ストレージ」に関するIT製品やセミナー情報、最新ニュースならキーマンズネット。 IT製品の詳細スペック情報から導入事例、価格情報まで充実。 資料請求もまとめて簡単にダウンロードできます。

基礎解説ストレージとは?

「ストレージ」とはプログラムやデータを記憶する媒体と装置のこと。「HDD(ハードディスクドライブ)」や「テープストレージ」「フラッシュストレージ」のような半導体記憶装置の他、「記録型CD」や「記録型DVD」といった光学ディスクメディアにデータを読み書きする「光学ディスクドライブ」もこれにあたる。ストレージをネットワーク経由で利用する「ネットワークストレージ」技術や製品、サービスも数多く登場しており、「NAS」「SAN」「ストレージ仮想化」「iSCSI」などがネットワークストレージに関連する。さらに、インターネットやクラウドを介してストレージを利用できるオンラインストレージやファイルストレージ、クラウドストレージサービスもある。

「ストレージ」に関する記事情報

ファイルサーバの利用状況(2019年)/後編

ファイルサーバと同等の機能を備えるクラウドストレージ。最近は、企業での利用も目立ってきたが、クラウドストレージは企業にとって第二のファイルサーバとなり得るのだろうか。読者の意見を聞いた。

「外付け型ストレージ」シェア(2018年第3四半期)

外付け型エンタープライズストレージシステムの国内支出額は、前年同期比5.6%増の449億5600万円だった。ストレージベンダーがシェア拡大に求められるものとは。

Dropboxが変えた建設現場、増え続けるNASをどう移行した?

IT基盤の刷新に取り組む飛島建設だが、工事現場の膨大なデータ管理に苦戦していた。解決策として現場ごとに設置したNASをクラウドストレージに移行することを決意。しかし、道のりは平たんなものではなかった。成功の鍵とは……?

もはや“もの置き”ではない、知って得するBox、Dropboxの便利機能

社外からのアクセスや、社外を含めたコラボレーションを可能にするオンラインストレージが熱い。セキュリティ機能の強化などから、クラウドにデータを置くことへの抵抗も和らいでいる。本稿では、オンラインストレージを“使い倒す”ために、導入の決め手となるセキュリティ機能や知って得する便利な機能を紹介する。

徹底比較 Office 365とG Suiteで考える、全社基盤としてのオンラインストレージ

採用が進むオンラインストレージだが、何を基準に選べばよいのか悩む企業は多い。Microsoft OneDriveとGoogle Driveをピックアップし、本格的に導入するためのチェックポイントを紹介する。

「外付け型ストレージ」シェア(2018年第2四半期)

外付け型エンタープライズストレージシステムの国内支出額は、前年同期比0.2%増の383億6200万円だった。前年同期と比べて1位以外の順位が全て入れ替わった。

GPUを必要とする計算処理の存在感が増加

GPUやFPGAなどを搭載したサーバとそれに接続される外付型ストレージを合わせた「アクセラレーテッドコンピューティング」は、2022年に978億2300万円まで成長する。

「エンタープライズインフラ」シェア(2017年)

サーバとストレージを合算したエンタープライズインフラの2017年国内市場規模は6346億円だった。トップシェアのベンダーはどこ?

「外付け型ストレージ」シェア(2018年第1四半期)

外付け型エンタープライズストレージシステムの国内支出額は、前年同期比5.4%増。前回調査から半年で上位2社が逆転した。

「外付型ストレージ」シェア(2017年第4四半期)

フラッシュストレージへの移行が顕著となった外付型ストレージ市場。シェア1位の国内ベンダーとは?

「ストレージ」に関するIT製品情報

可用性99.9999%、AI+ビッグデータで実現するトラブル知らずのストレージ

シネックスジャパン株式会社

ストレージのトラブルは深刻な損害につながる危険性があるが、バックアップ環境にコストをかけても根本的解決にはならない。そこで注目されているのが、AIなどを用いた管理ツールで、故障や容量不足を事前予測するストレージだ。

HCIはどんな課題に効く? 3社の事例で探る次世代アプライアンスの使いどころ

シネックスジャパン株式会社

クラウド全盛期でも、依然ニーズが衰えないハイパーコンバージドインフラ(HCI)。中でも、ストレージ/WANの高速化装置や本格バックアップ装置を標準で取り込んだ、「次世代HCI」が注目されている。3社の事例から、その実力を探る。

AIの将来と導入障壁についてのグローバル調査――データ活用の現場の意識を探る

ピュア・ストレージ・ジャパン株式会社

適切なデータ分析は、組織のビジネス戦略を強化する。しかし、増え続けるデータに対し高度な洞察を続けるのは難しい。今回は、その一助として期待される「AI」の活用について、各国のビジネスリーダー2300人余りを対象に意識調査をした。

AIや深層学習で扱うデータ量に、従来のストレージのままで対応しきれるのか?

ピュア・ストレージ・ジャパン株式会社

膨大なデータを分析して、ビジネスを加速させるには、AI/ディープラーニングに最適化されたデータプラットフォームが必須だ。ペタバイト単位になるともいわれる学習データ量に見合う、高パフォーマンスのストレージはあるだろうか?

自動運転ソフトウェア企業が選んだITインフラ 膨大な処理を支える秘訣を公開

ピュア・ストレージ・ジャパン株式会社

自動運転はもはや夢物語ではない。その実現に不可欠なのがAIだ。深層学習は進化を続けており、トレーニングを行うプラットフォームには高度な処理能力と拡張性が求められる。それを実現するソリューションの実例を紹介する。

「ストレージ」に関する新着セミナー

04-12-2019 【東京開催】Office365の基礎を知る!

カコムス株式会社

2019/04/12(金)14:30~17:00

  • 東京都
無料 | 定員なし | ストレージ | 情報共有システム・コミュニケーションツール | メール

Dropbox Business(企業向けDropbox)オンラインセミナー

株式会社サテライトオフィス

2019/03/29(金)14:00~15:00

  • オンラインセミナー
無料 | 定員80名 | ストレージ | 情報共有システム・コミュニケーションツール

「Workplace by Facebook」「Dropbox Business」活用セミナー4/10

株式会社サテライトオフィス

2019/04/10(水)14:00~16:30

  • 東京都
無料 | 定員80名 | スマートデバイス | ストレージ | 情報共有システム・コミュニケーションツール

「ストレージ」に関連するキーワード

注目キーワード一覧

キーマンズネットとは?

企業向けIT製品の総合サイト「キーマンズネット」では、製品スペックや導入事例・価格情報・技術文書などの充実したIT製品情報に加え、製品の選び方を分かりやすく解説した特集記事によって企業のIT製品選びをサポートします。製品情報と特集記事に加え、ITセミナー情報も毎日更新しています。

会員登録(無料)

ホワイトペーパーや技術資料、導入事例など、IT導入の課題解決に役立つ資料を簡単に入手できます。