「システムの技術要件とは」に近い情報
「システムの」に関するIT製品・セミナー情報を表示しています。

「システムの」に関するIT製品やセミナー情報、最新ニュースならキーマンズネット。 IT製品の詳細スペック情報から導入事例、価格情報まで充実。 資料請求もまとめて簡単にダウンロードできます。

基礎解説キーマンズネットとは?

キーマンズネットは企業・法人のIT選定・導入をサポートする総合情報サイトです。ご利用は完全無料。IT初心者から上級者まで、皆さまのさまざまなニーズにお応えします。

「システムの」に関する記事情報

名刺管理ツールの利用状況(2019年)/後編

後編は、名刺管理アプリや勤務先で利用する名刺管理システムの便利な点、不便な点、また勤務先での名刺管理にまつわる課題について寄せられた現場の生の声を紹介したい。

「外付け型ストレージ」シェア(2019年第2四半期)

外付け型エンタープライズストレージシステムの国内支出額は、前年同期比21.9%増の471億6300万円だった。2001年以降で最も高い支出額成長率を達成した要因とは。

どん底の町工場が手組みの基幹システムでV字回復、過去最高益を出せたワケ

従業員約30人で事業を支える今野製作所。リーマンショックの打撃で売り上げが激減、窮地に立たされた。業績回復に向け取り組んだのは特注品製造の強化。しかし、そのためには生産工程の合理化が必須だった。そこで、SIに頼らず自力で基幹システムの開発に乗り出した。

経費精算システムの利用状況(2019年)/後編

経費精算システムと聞いて「こんなものかな」と満足する人は6割以上。それなのに、アンケートでは「さては精算を断念させるつもりか」と思いたくなるような経費精算の仕組みへの不満が聞こえてきた。

ダークウェブに氾濫する自社情報をチェックせよ! 脅威ベースのペネトレーション・テスト最新動向

脅威にさらされている企業ネットワークが健全な状態かどうかのアセスメントを行うための侵入テスト、いわゆるペネトレーション・テスト。これまでは単なる侵入テストでシステムの脆弱(ぜいじゃく)性を調査する手法だったものが、今では具体的な脅威をベースとした疑似攻撃を仕掛けることで、SOCをはじめとした社内体制の強化につなげる動きが主流となっている。今回は、そんなペネトレーション・テストの実態について、現状の動向を踏まえながらそのトレンドついて見ていきたい。

経費精算システムの利用状況(2019年)/前編

経費精算システムはどの程度使われているだろうか。調査では意外にも「手書き」を挙げる企業が一定数存在することが明らかになった。実態を探る。

勤怠管理システムの選び方のポイントは? チャートで分かる最適な選択肢

紙のタイムカードをやめて勤怠管理システムを導入するとして、業務内容や従業員の好みも違う状況で何を選ぶのが最適でしょうか。現在の状況や従業員の勤務形態、持つ設備の状況によって最適な選択肢は異なります。チャートを織り交ぜ、検討時に注意するポイントを紹介していきます。

認識率だけじゃない、AI画像認識で効果を出すために必要な2つの視点

AI画像認識の適用を検討する場合、対象物を何となく認識できた時点で、もうシステムができ上がったかのように勘違いしてしまう方が多いようです。しかし、AIによる画像認識は、全体システムの中の単に1パーツにしか過ぎません。次に何を考えるべきでしょうか。

勤怠管理「紙のタイムカード」以外に何がある? 3つの移行先を一挙解説

勤怠管理の厳格化が求められるとはいえ、今まで使っていた紙のタイムカードシステムの乗り換え先はどこにすれればいいのでしょう? 今回は乗り換え先として考えられる3つの方法と主要なツールの特徴をまとめて紹介します。

SAPのクラウド移行先はどこに? Microsoft、AWS、Googleが支援を本格化

SAPユーザーのクラウド移行に主要プロバイダー3社がそろってシステム移行で協力する。2018年に経済産業省が発表した「DXレポート」に取り上げられたことで注目を集める基幹業務システムの「2025年の崖」。渦中の古いSAP ERPユーザーも「崖」から救うか。

「システムの」に関するIT製品情報

「2025年の崖」を越える鍵、複雑化/老朽化したシステムの保守運用をどうする?

カーバチュア ジャパン合同会社

多くの企業でDXの足かせとなっている、「複雑化/老朽化したシステム」と「保守運用コストの高止まり」。この2大課題の解消法として利用が増えているのが、コストと運用負荷を大幅に削減する「第三者保守」という選択肢だ。

成長企業ラクスルが上場のために導入した「クラウド会計システム」の実力とは

freee株式会社

攻めの事業を支えるために、バックオフィス業務をどう進化させるべきだろうか。そのヒントとなるのが、印刷・広告・物流を手掛ける成長企業「ラクスル」の取り組みだ。クラウド会計システムを核とした同社の変革を聞いた。

下関の冠婚葬祭業社「日本セレモニー」が、勝つためのデータドリブン経営に挑戦

日本オラクル株式会社

現代のビジネスを勝ち抜くためには、データドリブン経営の実践が欠かせない。しかし、M&Aや業務拡大によりシステムの複雑化やデータの分散が生じれば、その実現は困難となる。日本セレモニーがこの課題を克服するために選んだ方法とは?

「攻めのIT」でDXを加速、ウィルグループが基幹システムに選んだクラウドとは?

日本オラクル株式会社

人材派遣事業を主力とするウィルグループでは、オンプレミス環境で稼働する基幹システムの運用負荷の高さに悩んでいた。そこで同社は、「攻めのIT」への投資を増やしDXを加速すべく、同システムのクラウド化を決意する。

基幹システムリプレース時の落とし穴を回避する、BIツールの有効活用法とは?

株式会社ジャストシステム

基幹システムのアップデートでは適切な要件定義が欠かせないが、規模が大きいことから、現状把握が十分にできないケースが少なくない。この落とし穴を回避するには、データの収集/可視化に優れたBIツールの活用が有効だ。

「システムの」に関する新着セミナー

なぜ大手食品メーカーは、販売管理等業務システムのAWS移行時に「パッケージ」を選択したのか?

マジセミ株式会社

2019/12/12(木)15:30~17:00

  • 東京都
無料 | 定員17名 | PCソフト

「攻めのIT経営」に向けた基幹業務システムの「あるべき姿」

株式会社 WorkVision

2019/12/13(金)13:30~16:30

  • 愛知県
無料 | 定員30名 | 基幹系システム

「システムの」に関連するキーワード

注目キーワード一覧

キーマンズネットとは?

企業向けIT製品の総合サイト「キーマンズネット」では、製品スペックや導入事例・価格情報・技術文書などの充実したIT製品情報に加え、製品の選び方を分かりやすく解説した特集記事によって企業のIT製品選びをサポートします。製品情報と特集記事に加え、ITセミナー情報も毎日更新しています。

会員登録(無料)

ホワイトペーパーや技術資料、導入事例など、IT導入の課題解決に役立つ資料を簡単に入手できます。