「システム 開発 比較」に関するIT製品・セミナー情報を表示しています。

「システム 開発 比較」に関するIT製品やセミナー情報、最新ニュースならキーマンズネット。 IT製品の詳細スペック情報から導入事例、価格情報まで充実。 資料請求もまとめて簡単にダウンロードできます。

基礎解説開発とは?

ここで取り上げている開発とは、主にソフトウェアを中心としたITシステム開発のことを指している。従来、企業のITシステム開発といえば、納入すべきハードウェアを調達した上で開発を行うという形態が大部分を占めていたが、最近はクラウドの利用拡大に伴い、そういったシーンは減少傾向にあり、システムインテグレーターが保有するデータセンタなど、既に用意されているインフラ上での開発が主体になってきている。こうした状況の変化によって新たなニーズが生まれている。その1つがネイティブアプリのサーバサイド開発を短期化・低コスト化することができるBaaSである。また、開発チームと運用チームのコラボレーションのための方法論であるDevOpsにも注目が集まっている。 一方、最近はPCサーバの性能が大幅に向上したことで、ハードウェアに掛かるコストがかなり下がってきた結果、ソフトウェアのライセンスや保守に掛かるコストが相対的に割高になってきている。そこで、ソフトウェアコストを大幅に削減できるオープンソースの導入を検討している企業が増えており、この分野でシステムインテグレーションを手掛ける事業者も目立ち始めている。

「システム 開発 比較」に関する記事情報

RPAで店内の売り場チェックも効率化――西友が情シス主導で2万時間削減した舞台の裏側

情報システム部がけん引するRPAプロジェクトで2万時間に上る業務時間を削減した西友。情報システム部が主導するメリットや開発フローのポイントなどを「BizRobo! LAND 2019 TOKYO」で語った。

データの地産地消で地域福祉に貢献する「すれ違いIoT通信」って何?

「あのお宅のご老人、最近外で見掛けないけど大丈夫かしら」などと心配してくれるご近所の代わりをIoTデバイスが務める地域の見守りシステムが誕生しそうだ。Wi-SUNとWi-Fiなどを組み合わせた「データの地産地消」により、高齢者見守りなどを低コストに適時実施できるようにするのが「すれ違いIoT通信」。一体どのような仕組みなのか。同技術を開発した国立研究開発法人情報通信研究機構(NICT)に取材した。

どん底の町工場が手組みの基幹システムでV字回復、過去最高益を出せたワケ

従業員約30人で事業を支える今野製作所。リーマンショックの打撃で売り上げが激減、窮地に立たされた。業績回復に向け取り組んだのは特注品製造の強化。しかし、そのためには生産工程の合理化が必須だった。そこで、SIに頼らず自力で基幹システムの開発に乗り出した。

“野良Slack”を組織に取り込み決裁時間を大幅削減 DeNAの現場はどう変わったか

エンジニアのコミュニケーションツールとして人気に火が着いた「Slack」。今では、開発の現場だけでなく業務部門での利用も進み、システム連携により業務を効率化するツールとしても存在感を増す。DeNAはSlackの利用を現場から組織に拡張したことで、現場の業務は大きく変わったという。

指摘される5Gのボトルネックとは? 6Gにつながる「Beyond 5G」最前線

早くも「5G」の次世代無線通信システムの議論が始まっている。それが「6G」に先駆けてさらなる高速・大容量通信を追求する技術研究開発「Beyond 5G」だ。「5G」に潜むボトルネックとその解決策とは?

電話対応の顧客満足度向上をAIが「指示出し」――損保ジャパン日本興亜の3カ年プロジェクト

損保ジャパン日本興亜は電話応対ガイドAIの開発に乗り出す。1年間の蓄積情報を基に開発を始め、今後2年かけてAIが顧客対応の品質をリアルタイムで最適化するシステムを構築する。

レノボ 大和研究所が本気でオンライン会議システムを開発すると、どうなるか

大和研究所が10社もの企業からフィードバックを受けて開発したオンライン会議システム。なんでも音にこだわりがあるというが、その理由は?

業務システム「ベンダー都合のサポート終了」に読者の声は? 「第3の選択肢」も

この数年でサポート終了や提供終了を予定する業務システム基盤は少なくない。ITベンダーの開発やサポート体制を考えると仕方がないこともあるが、ユーザー企業にとっては「とばっちり」で予算確保に奔走しなければならないやっかいな問題だ。読者らの現状を探った。

いまさら聞けないRPAの基礎知識 面倒な仕事はロボットにお任せ

RPA(Robotic Process Automation)は、現場業務をどう省力化、合理化できるかといった課題に、大規模開発やシステム改修のリードタイムはかけられないという場合の選択肢として注目されている。

PoCとは? 実証実験との違い、進め方、成功の秘訣(ひけつ)を解説

ITツールの導入やシステム開発といった文脈で耳にすることの多い「PoC(Proof of Concept)」。実証実験との違いや具体的な検証内容、進め方、成功のポイントなどを専門家に伺いました。

「システム 開発 比較」に関するIT製品情報

ITサービスマネジメントの根幹、「構成情報」が古くて使えない状況をどうする?

株式会社野村総合研究所

ITILに基づくITサービスマネジメントを実践する多くの企業が、その根幹となる「構成管理」に課題を抱えている。開発速度が増し、システム変更が頻繁に行われる現在、構成情報を陳腐化させず、最新の状態で保つにはどうすればよいだろうか。

開発の早さに追い付かないシステム運用、PDCAサイクルの停滞はなぜ生まれる?

株式会社野村総合研究所

クラウド活用などによりシステム開発のリードタイムは大幅に短縮された。しかし、システム運用の面では、いまも多くの企業がPDCAサイクルの短周期化でつまずいている。このような状況はなぜ生まれるのか。その理由と対策を解説する。

大規模システム開発の生産性を向上させたプロジェクト管理ツールとは

株式会社野村総合研究所

システム開発の課題として、会議やメールの多さに悩まされ、進捗管理やチーム/拠点間の状況可視化がうまくいかず、生産性が上がらないというものがある。開発業務の標準化/自動化ノウハウがない企業が、これを解決する方法とは?

ネット通販に追随できる受発注管理を――老舗食器卸売企業の基幹システム刷新術

日本オラクル株式会社

老舗の食器卸売業であるアイトーは、新たに取り組んだネット通販事業が拡大するにつれ、自社開発の基幹システムに限界を感じていた。ネット通販のスピード感に対応し、膨大な受発注管理を効率化するため、同社が構築した新システムに迫る。

アドオン開発を高速開発ツールで行いシステムを迅速に導入

マジックソフトウェア・ジャパン株式会社

ミントウェーブではExcelでの業務管理をパッケージ製品でシステム化するにあたり、アドオン開発にアプリケーション開発ツールを用い迅速な構築・導入を実現した。

「システム 開発 比較」に関する新着セミナー

【Webセミナー】ここまでできる!PostgreSQLで実現する高可用システム

富士通株式会社

2019/11/19(火)13:05~13:50

  • オンラインセミナー
無料 | 定員なし | サーバー | 運用管理 | 開発

Markdown + CSS/TeXで冊子本を作ってみた 仕組みと実践方法のレクチャー

アンテナハウス株式会社

2019/11/14(木)13:00~17:00

  • 東京都
無料 | 定員50名 | 情報共有システム・コミュニケーションツール | PCソフト | 開発

帳票レイアウト作成からテスト実行までを体験できる 「Create!Form V11.1」ハンズオンセミナー

インフォテック株式会社

2019/11/07(木)15:30~17:00

  • 東京都
無料 | 定員5名 | 基幹系システム | 情報システム | 開発

「システム 開発 比較」に関連するキーワード

注目キーワード一覧

キーマンズネットとは?

企業向けIT製品の総合サイト「キーマンズネット」では、製品スペックや導入事例・価格情報・技術文書などの充実したIT製品情報に加え、製品の選び方を分かりやすく解説した特集記事によって企業のIT製品選びをサポートします。製品情報と特集記事に加え、ITセミナー情報も毎日更新しています。

会員登録(無料)

ホワイトペーパーや技術資料、導入事例など、IT導入の課題解決に役立つ資料を簡単に入手できます。