「システム ベンダー 比較表」に関するIT製品・セミナー情報を表示しています。

「システム ベンダー 比較表」に関するIT製品やセミナー情報、最新ニュースならキーマンズネット。 IT製品の詳細スペック情報から導入事例、価格情報まで充実。 資料請求もまとめて簡単にダウンロードできます。

基礎解説キーマンズネットとは?

キーマンズネットは企業・法人のIT選定・導入をサポートする総合情報サイトです。ご利用は完全無料。IT初心者から上級者まで、皆さまのさまざまなニーズにお応えします。

「システム ベンダー 比較表」に関する記事情報

マルチベンダー開発で失敗する理由、中小企業が予算の3分の1で「大急ぎDX」を実現した方法

デスクトップPCとFAXで業務を続ける企業が脱レガシーに舵を切った。サーバの保守期限切れが間近に迫る中で“大急ぎのDX”を余儀なくされ、複数のITベンダーと並行してシステム開発をする「マルチベンダー開発」の手法を取ったという。課題と成功の秘訣とは。

この1年で変わった外付型ストレージ市場の勢力図 順位を上げたベンダーは?

2020年の外付け型ストレージシステムの支出額は、メインフレーム向けが5年ぶりに300億円以上の規模となった。ベンダー別売上額シェアを見ると、あの2社が2019年と比べて順位を上げた。

クラウド型「採用管理システム」とは? 基本機能とメリット、ベンダー選定のポイントを解説

採用業務は従来、紙の履歴書や職務経歴書が重宝され、管理もExcelを使った手作業でという企業が多かった。そういった状況を改善するため、現在では40社を超えるベンダーから簡単に導入と運用可能な採用管理システムが提供されている。本稿は、採用業務が抱えている課題とそれを解決する採用管理システムの機能を紹介する。

SIer依存体質のニッポン企業が考えるべきIaaSベンダーの選定ポイント

企業におけるパブリッククラウド活用の動きも鮮明になってきた。しかし、システムだけでなくクラウド活用においてもSIer依存体質が色濃く残る国内企業には幾つかの課題がある。

AI画像認識の導入はベンダー任せでいい? 現場が必ずやるべきこと

AI画像認識の導入や活用において、必要な作業をベンダーに丸投げしては期待した効果が得られないまま取り組みが頓挫したり、システム改修のたびに多額のコストが発生したりしてしまいます。現場で必ず行うべきこととは何でしょうか。キーワードは、「内製化」ではなく「DIY(Do It Yourself)」です。

業務システム「ベンダー都合のサポート終了」に読者の声は? 「第3の選択肢」も

この数年でサポート終了や提供終了を予定する業務システム基盤は少なくない。ITベンダーの開発やサポート体制を考えると仕方がないこともあるが、ユーザー企業にとっては「とばっちり」で予算確保に奔走しなければならないやっかいな問題だ。読者らの現状を探った。

「外付け型ストレージ」シェア(2018年第3四半期)

外付け型エンタープライズストレージシステムの国内支出額は、前年同期比5.6%増の449億5600万円だった。ストレージベンダーがシェア拡大に求められるものとは。

ITシステム管理ツールはSaaS型が急成長、その領域は?

2017年のITシステム/サービス管理ソフト市場規模は約2707億円だった。企業はクラウドの運用管理の効率化に向けて投資を拡大している。シェア1位となったベンダーとは?

Windows 10移行実態、ベンダー都合にユーザーはうんざり?

「Windows 7」の延長サポートが2020年1月14日に終了する。「Windows 10」への移行が急がれるが、既存システムの利用に影響が発生することも多い。1549人に聞いた。

ハイパーコンバージドシステム急成長の鍵は「運用管理」

急成長を続けるハイパーコンバージドシステム。市場から求められる理由とともに主要ベンダーの動向について徹底解説する。

「システム ベンダー 比較表」に関するIT製品情報

システム開発の内製化で「2025年の崖」を克服する3つのポイント

JBCC株式会社

DX時代のいま、最新技術や業務の変化への柔軟な対応が求められている。システム開発を外部のベンダーに頼っていては、時間とコストばかりかかってしまう。開発の内製化と、それを強力に推進するツールの採用が有効な手段だ。

働き方改革で注目 ワークフロー導入を失敗しないための製品&ベンダーの選び方

株式会社日立システムズ

ワークフローシステムの導入効果を得るためには、システムを社内に普及・定着させる必要がある。それは「どの製品」を「どのベンダー」に構築してもらうかによって大きく左右される。製品とベンダーの選定ポイントを紹介する。

AWSが提示するSLAの要件を満たす、冗長化の具体策とは?

日本電気株式会社

インフラをクラウド化する際、クラウドベンダーのSLA要件を満たすために、システム全般の冗長化は欠かせない。特にオンプレミスから移行したシステムでは、既存の冗長性を維持することは難しいため、クラウドに最適化した対策が必要だ。

クラウド移行で効果を上げる、ベンダー選定から運用体制まで7つの検討ポイント

日本オラクル株式会社

当然だがクラウド移行はIT課題の万能薬ではない。システムの構成や要件によってはオンプレミスが適しているものもあり、事前の比較検討が欠かせない。本資料では、移行で確実に効果を上げるために検討すべき7つのポイントを解説する。

運用がベンダー製品ごとに属人化、行き詰まった環境を打開した国内企業の一手

日本アイ・ビー・エム株式会社

テクノロジーの進化に伴い、IT環境は飛躍的に拡充した一方、さまざまなベンダーの採用に伴う、複雑なシステム管理といった運用保守面での弊害を生んでいる。こうした課題を解消するには、どのようなアプローチを採用すべきだろうか。

「システム ベンダー 比較表」に関連するキーワード

注目キーワード一覧

キーマンズネットとは?

企業向けIT製品の総合サイト「キーマンズネット」では、製品スペックや導入事例・価格情報・技術文書などの充実したIT製品情報に加え、製品の選び方を分かりやすく解説した特集記事によって企業のIT製品選びをサポートします。製品情報と特集記事に加え、ITセミナー情報も毎日更新しています。

会員登録(無料)

ホワイトペーパーや技術資料、導入事例など、IT導入の課題解決に役立つ資料を簡単に入手できます。