「シクリ 自動化」に近い情報
「自動化」に関するIT製品・セミナー情報を表示しています。

「自動化」に関するIT製品やセミナー情報、最新ニュースならキーマンズネット。 IT製品の詳細スペック情報から導入事例、価格情報まで充実。 資料請求もまとめて簡単にダウンロードできます。

基礎解説キーマンズネットとは?

キーマンズネットは企業・法人のIT選定・導入をサポートする総合情報サイトです。ご利用は完全無料。IT初心者から上級者まで、皆さまのさまざまなニーズにお応えします。

「自動化」に関する記事情報

「ネットワーク仮想化/自動化プラットフォーム」シェア(2018年)

国内の企業の間で、ネットワークの仮想化および自動化が進む。企業はどのベンダーのサービスを利用しているのだろうか。IDC Japanが2018年の売り上げ別市場シェアを発表した。

RPAが「as a Service」化すると、中小企業にどんなメリットがもたらされるのか?

Automation Anywhereが「RPA as a Service」というコンセプトを掲げ、クラウド環境でもロボットを展開、活用できる新製品を発表した。大企業だけでなく中堅・中小企業における自動化を助けるというが、具体的にどのようなメリットがあるのか。

RPA導入で区民サービスの向上を目指す、文京区の取り組みとは

東京都文京区は、区政事務業務の効率化のためにRPA導入に取り組んでいる。年間1000時間分の業務を自動化し、区民サービスの品質向上を推進する。導入したのは「WinActor」だ。

RPAで年間407時間の削減効果を見込む、富山県南砺市の業務選定基準とは

富山県南砺市は、RPAを活用して業務改革を推進している。4つの業務を自動化し、年間407時間の削減効果を見込む。導入したのは「UiPath」だ。

AI(人工知能)の活用状況(2019年)/前編

ヒトの仕事を奪うとまで言われ、業務効率化や自動化といった文脈で語られるAI(人工知能)。だが、現在のAIに対する評価はどのようなものか。アンケートを通じて読者に尋ねた。

「使えないマニュアル」はもういらない 操作レクチャーを自動化する「ナビゲーションツール」とは

業務システムは高機能化とともに操作も複雑化する。どの従業員でも簡単に操作できるようにマニュアルを作成するも、メンテナンスが滞りやがては「読まれないマニュアル」となっているケースもある。こうした操作マニュアルをシンプルにするのが「ナビゲーションツール」だ。

手作業大国ニッポンはストレス大国ニッポン? 「業務自動化に関する国際調査」で分かったこと

「業務自動化に関する国際調査」の結果、日本は「手作業大国」と判明。しかも手作業のストレスも最大級に感じているそうだ。

中国の保険AIはどこまで顧客体験を変える? 平安保険の狙い

保険や金融業界でAI活用やRPAによる業務自動化が注目を集める中、中国で急成長を遂げる技術重視の保険会社は全く別の方法で顧客体験とサービスそのものを変えるアプローチを取る。大方のサポートは10分で自動処理可能なところまで作り込んでいるという。その詳細を聞いた。

AI-OCRとは? OCRとの違い、選定ポイントと導入の注意点

RPAと連携することで自動化の範囲を押し広げるOCR(光学的文字認識)技術に注目が集まる。近年は、機械学習や深層学習といったAI技術を活用するAI-OCRが話題だ。果たしてその実力とは? OCRとの違いや失敗しない製品選定のポイント、導入の注意点を解説する。

業務自動化の切り札「プロセスマイニング(Process Mining)」とは何か

生産性向上の切り札、業務標準化。標準化は将来的な自動化の第一歩でもあるが、多くの企業が失敗を経験する。その理由は「業務の真実」を発見できないことにある。いま、この課題を解決する手法として「プロセスマイニング」に注目が集まっている。本稿ではまず概要を見ていく。

「自動化」に関するIT製品情報

監視から対策までを「自動化」、システムの安定稼働を実現する方法とは?

アイビーシー株式会社

サーバやネットワーク機器、クラウドや仮想化環境などが混在するITインフラの安定運用には、継続的なシステム監視が不可欠だ。それらを可能な限り「自動化」するとともに、安定稼働に必要な「情報」を提供するソリューションを紹介する。

繁栄企業の選択に学ぶ、データ活用に適したストレージインフラの条件とは?

デル株式会社

デジタルトランスフォーメーションが進む中、データ中心のビジネスモデルへの移行が進みつつある。企業調査から見えてきた成功要因が、セキュリティや自動化、ハイブリッド対応などを備えたモダンなストレージインフラだ。

システム運用には「RPA」より「RBA」? 3ステップで進めるシステム運用自動化

株式会社野村総合研究所

システム運用の負担減のためRPA(ロボティック・プロセス・オートメーション)を検討するケースがあるが、自動化対象が限定的だ。システム運用に適した自動化の3ステップと、「RBA(ランブック・オートメーション)」について紹介する。

復旧時間を30分から1分に短縮、NTTコミュニケーションズに学ぶ保守運用の自動化

ServiceNow Japan 株式会社

NTTコミュニケーションズは、保守・運用の自動化に成功した企業の1社だ。かつてはクラウドサービスの拡大から作業負荷が増大していたが、その悪循環を断ち切り、平均復旧時間を30分から1分に短縮している。その成功の秘訣は何だったのか。

エンドツーエンドの自動化で実現する、“ビジネスを止めない”IT運用の姿

ServiceNow Japan 株式会社

システム環境が複雑化すれば、IT運用の負担はもちろん、自動化も困難になる。従来の監視や原因の特定、復旧といった個別のプロセスに特化したツールではなく、IT運用のプロセスをエンドツーエンドで自動化する必要がある。

「自動化」に関する新着セミナー

APIの開発/利用における、テスト自動化とサービス仮想化のためのツール活用ハンズオンセミナー

テクマトリックス株式会社

2020/01/09(木)13:30~17:30

  • 東京都
無料 | 定員8名 | 開発

DX、xTECH、IoTで重要性が高まるAPIのテスト自動化と仮想化 (Web上セミナー)

テクマトリックス株式会社

2020/01/15(水)10:00~11:30

  • 東京都
無料 | 定員20名 | 開発

【SER-W1】UIテスト自動化ツール「Ranorex」日本語最新版のご紹介(Web上セミナー)

テクマトリックス株式会社

2019/12/18(水)10:00~11:00

  • オンラインセミナー
無料 | 定員20名 | 開発

「自動化」に関連するキーワード

注目キーワード一覧

キーマンズネットとは?

企業向けIT製品の総合サイト「キーマンズネット」では、製品スペックや導入事例・価格情報・技術文書などの充実したIT製品情報に加え、製品の選び方を分かりやすく解説した特集記事によって企業のIT製品選びをサポートします。製品情報と特集記事に加え、ITセミナー情報も毎日更新しています。

会員登録(無料)

ホワイトペーパーや技術資料、導入事例など、IT導入の課題解決に役立つ資料を簡単に入手できます。