「サーバ ストレージ 違い」に関するIT製品・セミナー情報を表示しています。

「サーバ ストレージ 違い」に関するIT製品やセミナー情報、最新ニュースならキーマンズネット。 IT製品の詳細スペック情報から導入事例、価格情報まで充実。 資料請求もまとめて簡単にダウンロードできます。

基礎解説サーバとは?

ここで取り上げている「サーバ」は、コンピュータネットワーク上で他のコンピュータ(クライアント)に対して、各種サービスを提供したり、データ共有などを許可するコンピュータのことを指す。サーバの種類には「PCサーバ」「UNIXサーバ」「メインフレーム」などがあり、特定の機能を持ったサーバは「Webアプリケーションサーバ」「データベースサーバ」「ファイルサーバ」などといったものがある。サーバに搭載されるOSは「サーバOS」と呼ばれ、「UNIX」「Windows Server」「Linux」などといった種類があり、それぞれ特長があって用途によって選択される。またサーバ運用にあたっては、「KVMスイッチ」や「UPS(無停電電源装置)」といった周辺機器の存在も重要である。

「サーバ ストレージ 違い」に関する記事情報

“ポケモン”の管理はもう限界……G ドライブでもファイルサーバでもなくBoxにしたワケ

ファイルサーバでのデータ共有に限界を感じていたポケモンのBox導入の裏側を同社のIT部門が明かした。Boxと連携すると便利な外部ツール、複数のクラウドストレージの使い分けといった「試行錯誤の上で見いだした」ポイントも伝授する。

「エンタープライズインフラ」シェア(2018年)

サーバとストレージを合算したエンタープライズインフラの2018年国内市場規模は6785億円だった。前年度7位のベンダーは4位に上昇し、大躍進を見せる。その原因とは?

ファイルサーバの利用状況(2019年)/後編

ファイルサーバと同等の機能を備えるクラウドストレージ。最近は、企業での利用も目立ってきたが、クラウドストレージは企業にとって第二のファイルサーバとなり得るのだろうか。読者の意見を聞いた。

GPUを必要とする計算処理の存在感が増加

GPUやFPGAなどを搭載したサーバとそれに接続される外付型ストレージを合わせた「アクセラレーテッドコンピューティング」は、2022年に978億2300万円まで成長する。

「エンタープライズインフラ」シェア(2017年)

サーバとストレージを合算したエンタープライズインフラの2017年国内市場規模は6346億円だった。トップシェアのベンダーはどこ?

企業向けITインフラの市場規模は? キーワードは「DX」

サーバやストレージ、データセンター向けネットワークといったITインフラはDX推進を支えるための基盤ともいえる。2017年の市場規模はおよそ7213億円だった。

何ペタまで自力でバックアップするつもり? 巨大化するファイルサーバは「自前で運用しない」

止められない業務データを格納しているファイルサーバ。増える一方のデータを、どこまで自前で運用し続けられるのか? ストレージ拡張以外のファイルサーバ置き換え案を考える。

3時間でハイブリッドクラウド構築できるデルのアプライアンス製品とは?

デルのサーバやストレージに「Windows Server 2012」や「Windows Azure Pack」が搭載されたアプライアンスが登場した。

仮想マシンやクラウド環境に合わせてネットワークも進化

サーバやストレージが仮想化されたことでITシステムの姿は大きく変化した。残されたネットワークの仮想化はどのように追従していくのか。

SSDかサーバサイドフラッシュか? サーバ向けフラッシュストレージを選ぶ

SASディスクの価格が高止まりし注目されるフラッシュストレージ。SASやSATA HDDとは比較にならないランダムリードライトの高速性が売りだ。

「サーバ ストレージ 違い」に関するIT製品情報

クラウドが本当に最適? マンガで分かるファイルサーバ運用の落とし穴と解決法

株式会社ネットワールド

ファイルサーバ課題の解決手段として注目されるクラウドだが、場合によってはオンプレミスの方が適しているケースもある。適材適所の運用方法についてマンガで解説するとともに、ハイブリッド運用に最適なストレージを紹介する。

オンラインストレージ・パッケージ 「DocPlug」

株式会社鉄飛テクノロジー

ファイルサーバをオンラインストレージ化するソフト DocPlug

サーバ仮想化のボトルネックとならないための「ネットワーク仮想化」のススメ

ネットワンシステムズ株式会社

仮想化テクノロジーの登場は、サーバやストレージの運用を劇的に効率化した。ただ、ネットワークは従来の運用管理手法を継続しているケースも少なくない。ネットワークがボトルネックとならないように、こちらも仮想化を進めたい。

知らないと恥ずかしいITインフラ新定番、「ハイパーコンバージド」の“驚きの正体”

ヴイエムウェア株式会社

サーバとストレージ、ネットワークを最適な構成で組み合わせる「ハイパーコンバージドシステム」が注目されている。その理由と、失敗しない製品の選び方を解説する。

仮想化基盤の性能/容量問題を一掃、小千谷市の業務を支える高性能ストレージ

日本ヒューレット・パッカード株式会社

新潟県の小千谷市では、セキュリティ強化のためサーバや新システムを増やしたことで、仮想化基盤の性能・容量が限界に達していた。その問題を解決するため同市が採用した、オールフラッシュ並みの性能を低コストで実現するストレージとは?

「サーバ ストレージ 違い」に関する新着セミナー

Windows Server 2008 サポート終了でファイルサーバーはどうするべきか?

マジセミ株式会社

2019/09/20(金)15:30~17:00

  • 東京都
無料 | 定員18名 | ストレージ

「サーバ ストレージ 違い」に関連するキーワード

注目キーワード一覧

キーマンズネットとは?

企業向けIT製品の総合サイト「キーマンズネット」では、製品スペックや導入事例・価格情報・技術文書などの充実したIT製品情報に加え、製品の選び方を分かりやすく解説した特集記事によって企業のIT製品選びをサポートします。製品情報と特集記事に加え、ITセミナー情報も毎日更新しています。

会員登録(無料)

ホワイトペーパーや技術資料、導入事例など、IT導入の課題解決に役立つ資料を簡単に入手できます。