「サイバーサイネージ」に近い情報
「サイバー」に関するIT製品・セミナー情報を表示しています。

「サイバー」に関するIT製品やセミナー情報、最新ニュースならキーマンズネット。 IT製品の詳細スペック情報から導入事例、価格情報まで充実。 資料請求もまとめて簡単にダウンロードできます。

基礎解説キーマンズネットとは?

キーマンズネットは企業・法人のIT選定・導入をサポートする総合情報サイトです。ご利用は完全無料。IT初心者から上級者まで、皆さまのさまざまなニーズにお応えします。

「サイバー」に関する記事情報

セキュリティ対策の最優先課題はやっぱりアレ……Dell EMCの実態調査レポート2019

KPMGコンサルティングとEMCジャパンのRSAが、企業におけるサイバーセキュリティ対策状況をまとめた「サイバーセキュリティサーベイ2019」を発表した。サイバー攻撃および不正侵入の検出状況や、企業にセキュリティ対策の最優先課題は?

NISTプライバシーフレームワーク(PRF)とは? サイバーセキュリティフレームワークとの違い、注目される理由を知る

もしも、買収先企業が知らぬうちにプライバシー情報を漏洩していたら? 数百億の制裁金も冗談ではない危険な世界を安全に航海するための指針は、どんなものか。

56%の企業はインシデントレスポンスが遅れて撃沈、カスペルスキーが激白

カスペルスキーが2018年に対処したインシデントレスポンスのうち、50%超がサイバー攻撃による損害後に依頼を受けたものだった。なぜ企業の対応が遅れるのか。同社がその原因とともに、インシデントに対して効果的に対応するための7つのポイントを解説する。

ブラックマーケットが支援する標的型攻撃に対抗する手法

サイバー攻撃をビジネスに結び付け組織やブラックマーケットが存在する。攻撃を100%防御できる手段はないが、被害を軽減するためにできることがある。

たった4人で5000人を“やる気”にするサイバーエージェントの人材管理テク

成長を続けるサイバーエージェントを支えているのは、何よりも「人」の力だ。同社は常に従業員のコンディションを考え、一人一人の才能を開花させる取り組みを行うという。

400人の知人が採用候補――サイバーエージェントが挑むリファラル採用の軌跡

従業員に知人を紹介してもらう「リファラル採用」。サイバーエージェントでは、この手法によって半年で400人の採用候補を集めている。なぜ、多忙な従業員が紹介を“惜しまない”のか。その背景には、地道すぎる取り組みとあるツールの存在があった。

これは大ピンチ、サマータイム導入がサイバーテロを生む?:478th Lap

ここのところ、日本における「サマータイム」導入が議論されている。ご存じのように、2020年に開催される東京五輪での各種競技において夏の暑さの影響が懸念されているからだ。確かに2018年の夏の暑さは、まさに酷暑という表現がふさわしい。

マルウェア感染後の対処法を学ぶ“サイバー攻撃の防災訓練”とは

サイバー攻撃を受けたとき、どう対処すればよいのか分からない企業も少なくないだろう。そこで、サイバー攻撃を受けた“そのとき”を疑似体験でき、対処法を学べる「サイバー攻撃の防災訓練」を一日体験してみた。

パスワード依存の危険性、何もしないと半年後には倒産か?

サイバー攻撃を受けた企業はその後どうなるのか。本レポートでは、ネットワークセキュリティベンダーが発表した調査を基に、事後対応にかかるコストや倒産リスクとセキュリティ対応の穴について説明する。

「EDR」導入の前に知っておくべきこと

どうしても対策が後手に回るサイバー攻撃。脅威の浸入や行動を検知して対策につなげる「EDR」が注目を集めている。

「サイバー」に関するIT製品情報

境界防御の弱点を低コスト&少ないリソースで解決、エクセディが選んだEDRとは

サイバーリーズン・ジャパン株式会社

セキュリティ診断により、自社境界防御のウイークポイントを指摘されたエクセディ。コスト/人員不足の課題を抱えていた同社が選択した、新たなセキュリティ対策は、少ないリソースでも効率的に導入/運用が可能なEDR製品だった。

ベンダー比較による「エンドポイントセキュリティ」評価ガイド

ソフォス株式会社

サイバー攻撃が複雑化する中、エンドポイント対策は必須だが、多くの製品群から、組織に最適なソリューションを選択することは難しい。今回紹介する、第三者機関テストによるベンダー別比較結果を、ぜひ判断の一助としてほしい。

CISOの役割は分かりにくい? まず優先すべき3つの事項と実践のコツ

トレンドマイクロ株式会社

最高情報セキュリティ責任者(CISO)の役割は分かりにくいといわれがちだが、その責任範囲が曖昧なままでは、サイバー攻撃への適切な対処は難しい。CISOが特に優先すべき3つの事項と、その実践を阻む課題について解説する。

未知の脅威もリアルタイムに可視化と検知、AIによるサイバー攻撃対策の最前線

Vectra Japan株式会社

サイバー攻撃の高度化とインフラの複雑化により、従来型の境界防御は意味を成さなくなっている。そこで注目されるのが、AIにより組織内の全ネットワークトラフィックを分析し、リアルタイムに脅威を可視化と検知をするソリューションだ。

ランサムウェア攻撃件数は減少も感染は増加、巧妙化が進んだ2019年の脅威動向

トレンドマイクロ株式会社

サイバー攻撃のトレンドは刻一刻と変化する。ランサムウェアは全体的な件数こそ減少したものの法人での感染被害件数はむしろ増加、その進化を見せつけた。その他にも攻撃手法に多様な変化が見られた2019年上半期の脅威レポートをお届けする。

「サイバー」に関する新着セミナー

【専門家が語る】サイバー攻撃の手法を知り、適切なセキュリティ運用をするには?

テクマトリックス株式会社

2019/11/06(水)15:00~17:20

  • 東京都
無料 | 定員30名 | ネットワークセキュリティ | エンドポイントセキュリティ | 運用管理

「サイバー」に関連するキーワード

注目キーワード一覧

キーマンズネットとは?

企業向けIT製品の総合サイト「キーマンズネット」では、製品スペックや導入事例・価格情報・技術文書などの充実したIT製品情報に加え、製品の選び方を分かりやすく解説した特集記事によって企業のIT製品選びをサポートします。製品情報と特集記事に加え、ITセミナー情報も毎日更新しています。

会員登録(無料)

ホワイトペーパーや技術資料、導入事例など、IT導入の課題解決に役立つ資料を簡単に入手できます。