「サイバークリーンセンター」に近い情報
「サイバー」に関するIT製品・セミナー情報を表示しています。

「サイバー」に関するIT製品やセミナー情報、最新ニュースならキーマンズネット。 IT製品の詳細スペック情報から導入事例、価格情報まで充実。 資料請求もまとめて簡単にダウンロードできます。

基礎解説キーマンズネットとは?

キーマンズネットは企業・法人のIT選定・導入をサポートする総合情報サイトです。ご利用は完全無料。IT初心者から上級者まで、皆さまのさまざまなニーズにお応えします。

「サイバー」に関する記事情報

ブラックマーケットが支援する標的型攻撃に対抗する手法

サイバー攻撃をビジネスに結び付け組織やブラックマーケットが存在する。攻撃を100%防御できる手段はないが、被害を軽減するためにできることがある。

たった4人で5000人を“やる気”にするサイバーエージェントの人材管理テク

成長を続けるサイバーエージェントを支えているのは、何よりも「人」の力だ。同社は常に従業員のコンディションを考え、一人一人の才能を開花させる取り組みを行うという。

400人の知人が採用候補――サイバーエージェントが挑むリファラル採用の軌跡

従業員に知人を紹介してもらう「リファラル採用」。サイバーエージェントでは、この手法によって半年で400人の採用候補を集めている。なぜ、多忙な従業員が紹介を“惜しまない”のか。その背景には、地道すぎる取り組みとあるツールの存在があった。

これは大ピンチ、サマータイム導入がサイバーテロを生む?:478th Lap

ここのところ、日本における「サマータイム」導入が議論されている。ご存じのように、2020年に開催される東京五輪での各種競技において夏の暑さの影響が懸念されているからだ。確かに2018年の夏の暑さは、まさに酷暑という表現がふさわしい。

マルウェア感染後の対処法を学ぶ“サイバー攻撃の防災訓練”とは

サイバー攻撃を受けたとき、どう対処すればよいのか分からない企業も少なくないだろう。そこで、サイバー攻撃を受けた“そのとき”を疑似体験でき、対処法を学べる「サイバー攻撃の防災訓練」を一日体験してみた。

パスワード依存の危険性、何もしないと半年後には倒産か?

サイバー攻撃を受けた企業はその後どうなるのか。本レポートでは、ネットワークセキュリティベンダーが発表した調査を基に、事後対応にかかるコストや倒産リスクとセキュリティ対応の穴について説明する。

「EDR」導入の前に知っておくべきこと

どうしても対策が後手に回るサイバー攻撃。脅威の浸入や行動を検知して対策につなげる「EDR」が注目を集めている。

飛行機が乗っ取られた? サイバー攻撃で史上最大のピンチ:469th Lap

サイバー攻撃による脅威は日々続き、その手口はますます複雑になっている。攻撃元は悪意あるハッカーだけでなく、国際テロリスト集団だったり、どこぞの国家のサイバー軍だったりする。

PCを襲う新たな脅威、手を触れずにHDDを破壊するアレとは:468th Lap

「手を触れずにあなたのPCを破壊してみせましょう!」と唐突に言われても、にわかには信じ難い。だが、今のサイバー攻撃技術ならできないことでもなさそう……というか、できてしまった。

日本企業にも影響必須か NIST「SP800-171」ルールのチェックポイント

サイバー攻撃などに遭った際に求められるのは「すぐさま対応できる」ことだ。米国「SP800-171」ではどう規定しているか。概要を紹介する。

「サイバー」に関するIT製品情報

セキュリティ対策の人材難解消と対応迅速化を両立する方法

株式会社アウトソーシングテクノロジー

日々巧妙化するサイバー攻撃に対する企業のインシデント対応への取り組みの重要性が増す一方で、情報セキュリティの人材は限られるなど、それを運用していく上での課題も浮き彫りになっている。この課題を解消する秘訣に迫る。

アプリやインフラを包括的に保護、ハイパーバイザー統合型セキュリティの実力

ヴイエムウェア株式会社

サイバー攻撃が39秒に1回行われ、平均損失額も360万ドルに上っている昨今。事態が深刻化する中、ITインフラとアプリケーションを包括的に保護する手段として注目されるのが、ハイパーバイザーに高度なセキュリティ機能を統合させた製品だ。

SIEMの次に打つべき手は? 海外大手銀行が選んだのはビッグデータ分析ツール

マイクロフォーカスエンタープライズ株式会社

進化し続けるサイバー攻撃に対処するには、セキュリティ対策の迅速化が求められる。SIEMツールを導入した、トルコの大手銀行はさらなる強化施策として、SIEMから収集されるビッグデータの分析に着手した。その取り組みを紹介する。

侵入を前提とするセキュリティ対策、金融・保険業界が選んだ「多層防御」とは

トレンドマイクロ株式会社

昨今のサイバー犯罪動向や金融庁の指針から、金融・保険業界では脅威の侵入を前提とした対策が求められている。PCI DSS要件への対応や標的型メール攻撃への対策などの課題を解消し、「多層防御」を実現した11社の事例を紹介する。

9業種・37社の事例に学ぶ、標的型攻撃への最適な対処法とは?

トレンドマイクロ株式会社

標的型サイバー攻撃には、サーバやネットワーク、エンドポイントの各レイヤーで適切なセキュリティ対策が必要だ。ここで紹介する9業種・37社のセキュリティ事例は、自社の課題に適した対策を探すのに大いに役立つだろう。

「サイバー」に関する新着セミナー

情報システム部門の方必見!サイバーインシデント対策セミナー

株式会社日立ソリューションズ

2019/06/19(水)14:30~16:40

  • 東京都
無料 | 定員10名 | エンドポイントセキュリティ

拡大するPalo Alto Networks ~サイバーセキュリティのリーディングカンパニー~

NECネクサソリューションズ株式会社

2019/05/16(木)14:30~16:40

  • 大阪府
無料 | 定員50名 | ネットワークセキュリティ

サイバー攻撃の検知と防止を一挙に解決! 次世代エンドポイントセキュリティ Carbon Black紹介セミナー

サイバネットシステム株式会社

2019/05/22(水)11:00~11:50

  • オンラインセミナー
無料 | 定員なし | エンドポイントセキュリティ

「サイバー」に関連するキーワード

注目キーワード一覧

キーマンズネットとは?

企業向けIT製品の総合サイト「キーマンズネット」では、製品スペックや導入事例・価格情報・技術文書などの充実したIT製品情報に加え、製品の選び方を分かりやすく解説した特集記事によって企業のIT製品選びをサポートします。製品情報と特集記事に加え、ITセミナー情報も毎日更新しています。

会員登録(無料)

ホワイトペーパーや技術資料、導入事例など、IT導入の課題解決に役立つ資料を簡単に入手できます。