「サイゼリヤ 退職金制度」に近い情報
「サイ」に関するIT製品・セミナー情報を表示しています。

「サイ」に関するIT製品やセミナー情報、最新ニュースならキーマンズネット。 IT製品の詳細スペック情報から導入事例、価格情報まで充実。 資料請求もまとめて簡単にダウンロードできます。

基礎解説キーマンズネットとは?

キーマンズネットは企業・法人のIT選定・導入をサポートする総合情報サイトです。ご利用は完全無料。IT初心者から上級者まで、皆さまのさまざまなニーズにお応えします。

「サイ」に関する記事情報

コロナに乗じてサイバー犯罪が増加 火事場泥棒に注意:560th Lap

“火事場泥棒”という言葉がある。新型コロナウイルス感染症への対応で世界中のビジネスの現場が変化している今、サイバー犯罪が増えているという。

静まり返る自室、在宅ワーク特有の“寂しさ”を緩和するサイトが登場:558th Lap

在宅ワーカーの中には静まり返る自宅での孤独な作業に寂しさを感じる人もいるのではないだろうか。そんな在宅ワーカーの孤独感を緩和する「心地よいサウンド」を提供するサイトが登場したという。

キッティングとは? PC管理担当なら覚えておきたい入れ替え作業の便利ツールと作業手順のまとめ

従業員の入社/退社の頻度が高まったり、リプレースのサイクルが短期化したりと、従業員用PCの管理や更新の作業は今まで以上に手間がかかる。従業員任せのセットアップではセキュリティ問題やトラブルも多い。さらにWindows 10のアップデートへの対応頻度を考えると効率化が必須だ。PC管理を効率化する上でチェックしておきたいのがキッティング作業だ。誤用されがちだが「キッキング」ではないのでご注意を。

Chromium版Edgeの「IEモード」は仕事で使える? セキュリティや仕事効率化の便利機能もチェックした

Windows 10の標準ブラウザとなった「Chromium版Edge」は果たして仕事に使える? 「Silverlight」でできたWebサイトはどうする? 「Active X」は動く? 実際の使い勝手をレビューした。思いの他「使える」機能も紹介する。

花王データサイエンス室が考える「10年使えるデータ活用基盤」の思想とデザインとは

花王のデジタルマーケティング施策を支えるデータサイエンス室は「10年使えるデータ活用基盤」を構築を目指す。ポイントは現場との議論の積み上げ方にあるという。その思想とデザインを聞いた。

音声認識AIがあればセールスの成約率はアップするか

音声認識技術を生かした業務支援サービスが増えつつある。インサイドセールス業務を支援するサービスもリアルタイムで応答内容を分析して会話の作戦を支援する。

身近に迫る「宇宙サイバー攻撃」その脅威と対策とは?

2040年には少なくとも1兆ドル超の市場に成長すると予測される宇宙産業。これまで国家や既存航空宇宙産業の他に異業種企業やベンチャー企業が続々と参入しているが、なかでも懸念されるのが「宇宙サイバー攻撃」だ。人工衛星を機能不全に陥らせる攻撃の手口と影響とは?

【12/20締め切り】2020年のITトレンドを占う「7つのITトピックス」調査にご協力ください

キーマンズネット編集部では2020年を占う「7つのITトピックス」調査を実施します。調査にご協力いただいた皆さまの中から、抽選で10人の方にAmazonギフト券をプレゼントいたします。

電子サインと電子署名は何が違う? クラウド署名の基本、効力、メリットを把握しよう

最近よく耳にする電子サイン。電子署名や電子契約との違いはどこにあるでしょうか。ペーパーレスで仕事が速く進むと期待される電子サインの使いどころを周辺のキーワードと一緒に整理しよう。

“セクシー”からは程遠い? データサイエンティストのぶっちゃけ話

何だか難しいイメージのある「データサイエンス」。そもそもAIとは何が違うのか。自社で実践する際のポイントは? 宇宙物理学を研究していたデータサイエンティストが、華やかに見える職業イメージとのギャップや業務の苦労話を通じて、データサイエンスのツボを余すところなく解説した。

「サイ」に関するIT製品情報

重荷となるPCライフサイクル運用、調達から運用までの負荷軽減策で改善を

三井情報株式会社

ワークスペースの多様化、セキュリティ範囲の拡大により、PCのライフサイクル運用もまた複雑化している。適切なPCの調達をはじめ、キッティング、故障対応、問い合わせ対応など運用業務の負荷は軽いものではない。その解決策を紹介しよう。

DX時代に深刻化するIT人材不足を乗り越える次世代のインフラとは

日本電気株式会社

データ活用の重要性が増す中で、情報システム部門が管理すべきシステムやサービスもまた増大している。少ない人員でも対処できるように、ITインフラのライフサイクル全体を効率化する必要がある。その手段となるのがHCIだ。

全ての自治体がサイバー攻撃の標的に――いま取り組むべきセキュリティ対策とは

トレンドマイクロ株式会社

自治体ではセキュリティ対策が進められているものの、巧妙化するサイバー攻撃に対して柔軟に対応できているとはいえない。今後、テレワークの浸透や、マイナンバーの利用拡大に伴う情報集中が進むと、格好のターゲットとなる可能性もある。

侵入後の対処が重要に、エンドポイントセキュリティとEDRの統合が必要な理由

トレンドマイクロ株式会社

サイバー攻撃が巧妙化し、EPPによる予防に加え、EDRによる事後対処の必要性も高まっている。しかしEPPとEDRを異なるベンダー製品で運用してしまうと、運用負荷の増大と非効率化という課題を生む。両者を効率的に機能させる方法とは。

複雑な認証はサイト離れの一因に 高精度なbot対策をもっと簡単に実現するには

株式会社日立ソリューションズ

bot対策の代表的な手段には、指定した画像などを選ばせる「CAPTCHA」や、ログイン時の「二要素(多要素)認証」などがあるが、複雑にすればするほどユーザーの利便性は低下してしまう。この課題を解消する、AIを活用した新たな対策とは?

「サイ」に関する新着セミナー

【60分 無料Webセミナー】Webサイト/Webアプリケーションセキュリティセミナー  ~1時間で分かる最適解~

NTTテクノクロス株式会社

2020/06/10(水)14:00~15:00

  • オンラインセミナー
無料 | 定員100名 | ネットワークセキュリティ | WEB構築

【オンライン研修】実践者のためのアジャイル開発サイクル【6PDU】

ラーニング・ツリー・インターナショナル株式会社

2020/07/02(木)10:00~17:00

  • オンラインセミナー
55,000円(税込) | 定員20名 | 開発

Box利用拡大とあわせて検討したいセキュリティ強化とユーザー管理効率化

サイバネットシステム

2020/06/03(水)10:30~11:15

  • オンラインセミナー
無料 | 定員なし | ストレージ | エンドポイントセキュリティ

「サイ」に関連するキーワード

注目キーワード一覧

キーマンズネットとは?

企業向けIT製品の総合サイト「キーマンズネット」では、製品スペックや導入事例・価格情報・技術文書などの充実したIT製品情報に加え、製品の選び方を分かりやすく解説した特集記事によって企業のIT製品選びをサポートします。製品情報と特集記事に加え、ITセミナー情報も毎日更新しています。

会員登録(無料)

ホワイトペーパーや技術資料、導入事例など、IT導入の課題解決に役立つ資料を簡単に入手できます。