「サイコムbto」に近い情報
「サイ」に関するIT製品・セミナー情報を表示しています。

「サイ」に関するIT製品やセミナー情報、最新ニュースならキーマンズネット。 IT製品の詳細スペック情報から導入事例、価格情報まで充実。 資料請求もまとめて簡単にダウンロードできます。

基礎解説キーマンズネットとは?

キーマンズネットは企業・法人のIT選定・導入をサポートする総合情報サイトです。ご利用は完全無料。IT初心者から上級者まで、皆さまのさまざまなニーズにお応えします。

「サイ」に関する記事情報

サイボウズは「サブスクリプション時代」の今をどう動く?

サイボウズ 代表取締役の青野社長は、グループウェア新時代を迎える今、使いやすさだけではダメだと語った。これからのグループウェアに求められるものとは。

ブラックマーケットが支援する標的型攻撃に対抗する手法

サイバー攻撃をビジネスに結び付け組織やブラックマーケットが存在する。攻撃を100%防御できる手段はないが、被害を軽減するためにできることがある。

費用は? 無料版は? いま知らないとマズい企業Webサイト常時SSL対応の基礎

GoogleなどのWebサイトの多くが「常時SSL」に移行しつつある。一般企業のちょっとした「ホームページ」もこのトレンドに追従しなければ大きなリスクがある。問題の概要と対策方法を解説する。

たった4人で5000人を“やる気”にするサイバーエージェントの人材管理テク

成長を続けるサイバーエージェントを支えているのは、何よりも「人」の力だ。同社は常に従業員のコンディションを考え、一人一人の才能を開花させる取り組みを行うという。

時間外労働削減、3企業の事例で理解する「仕組み化」のアプローチ

いまや企業評価サイトでも重視される残業時間。へたをすると企業ブランドを損ねかねない問題だ。3企業の事例から、課題別に勤怠管理ルールを含む「仕組み」の作り方を見ていく。

何でも売っちゃうAmazonが「もう売りたくない」といったモノ:495th Lap

Amazonは世界最大級のオンラインショッピングサイトだ。1994年の創立以来、成長を続け時価総額が1兆ドルを超えた。巨大なTech企業として誰もが認める存在となったが、そろそろ方針を転換する時期に差し掛かったのか?

おや、Amazonの荷物が落ちているぞ? 意外な泥棒対策とは:494th Lap

米国では住民が不在だった場合、宅配便や小包を玄関口や軒下に置いていくことが少なくない。受取人のサインが必要だったとしてもポイと置いていかれることもある。当然、それを狙う不届き者もいるわけだ。

これから5年でCRMはどう変わるのか、ガートナーが2018年版“未来予想図”を発表

ガートナー・ジャパンが「日本におけるCRMのハイプ・サイクル:2018年」を発表した。顧客の満足度を上げ、収益を最大化するための新しい技術にはどのようなものがあるのか。30項目のキーワードが並んだ。

無料LINE WORKSはサイボウズLive代替グループウェアになる?

無料グループウェアとして人気の「サイボウズLive」のサービス終了が迫る。乗り換え先に名乗りを上げたLINE WORKSはグループウェア的機能のほとんどを無料で開放する。

【お知らせ】2019年のITトレンドを占う「7つのITトピックス」調査にご協力ください

キーマンズネット編集部では2019年を占う「7つのITトピックス」調査を実施します。調査にご協力いただいた皆さんの中から、抽選で10名様にギフト券をプレゼントいたします。

「サイ」に関するIT製品情報

ビジネスリスクを未然に把握、CISOを強力に支援する脅威インテリジェンスの実力

ファイア・アイ株式会社

日々進化するサイバー攻撃による被害は増加の一途をたどっている。攻撃が多様化し、従来型の受け身の対策では十分にリスクを回避できない今、求められる積極的な対策の鍵となるのが「サイバー脅威インテリジェンス」だ。その実力とは?

なりすまし+フィッシングの新手法が台頭、電子メール攻撃の進化にどう備える?

ファイア・アイ株式会社

91%のサイバー攻撃の起点となっている電子メールは、多くの企業が大きな弱点とする部分だ。中でも最近台頭している、「なりすまし攻撃」と「フィッシングメール」を組み合わせた新たな攻撃手法に対し、企業はどのように備えるべきか。

実例に見る特定組織の特定の個人を狙う標的型攻撃の実態とその対策とは?

ファイア・アイ株式会社

特定組織に属する個人を標的とするスピアフィッシングが横行している。こうした最新のサイバー攻撃は従来型のセキュリティでは対応が難しく、確実に検知・防御するためには、複数の攻撃経路に目を向けた包括的なセキュリティ対策が必要となる。

進化する“メール攻撃”、その実態と対策のヒント

ファイア・アイ株式会社

今日、サイバー攻撃の実に91%はメールがきっかけと言われ、その手法は急速に進化している。特にビジネスメール詐欺やスピアフィッシングといった新しい攻撃による被害が拡大し、メール対策の見直しが急務になる中、必要とされる機能とは。

サイバー脅威インテリジェンス入門:種類別特徴と効果

ファイア・アイ株式会社

セキュリティの向上には、脅威情報の活用が欠かせない。中でも有用と目されるのがサイバー脅威インテリジェンス(CTI)だが、ベンダーごとの定義にいまだブレが残る。そこで真に役立つCTIを見極めるための要件を解説する。

「サイ」に関する新着セミナー

BtoB企業の戦略的ウェブサイト活用セミナー

株式会社日立システムズ

2019/05/16(木)14:30~17:45

  • 東京都
無料 | 定員30名 | WEB構築

デザインノウハウを事例で紹介!使いたくなる社内ポータルサイト

ディスカバリーズ株式会社

2019/05/15(水)10:00~12:00

  • 東京都
無料 | 定員10名 | 情報共有システム・コミュニケーションツール | WEB構築

【Google / LumApps 共催】G Suite と LumApps で実現する理想の社内ポータルサイト

株式会社電算システム

2019/04/22(月)14:30~16:30

  • 東京都
無料 | 定員50名 | 情報共有システム・コミュニケーションツール | WEB構築

「サイ」に関連するキーワード

注目キーワード一覧

キーマンズネットとは?

企業向けIT製品の総合サイト「キーマンズネット」では、製品スペックや導入事例・価格情報・技術文書などの充実したIT製品情報に加え、製品の選び方を分かりやすく解説した特集記事によって企業のIT製品選びをサポートします。製品情報と特集記事に加え、ITセミナー情報も毎日更新しています。

会員登録(無料)

ホワイトペーパーや技術資料、導入事例など、IT導入の課題解決に役立つ資料を簡単に入手できます。