「コードレス開発」に近い情報
「コード」に関するIT製品・セミナー情報を表示しています。

「コード」に関するIT製品やセミナー情報、最新ニュースならキーマンズネット。 IT製品の詳細スペック情報から導入事例、価格情報まで充実。 資料請求もまとめて簡単にダウンロードできます。

基礎解説開発とは?

ここで取り上げている開発とは、主にソフトウェアを中心としたITシステム開発のことを指している。従来、企業のITシステム開発といえば、納入すべきハードウェアを調達した上で開発を行うという形態が大部分を占めていたが、最近はクラウドの利用拡大に伴い、そういったシーンは減少傾向にあり、システムインテグレーターが保有するデータセンタなど、既に用意されているインフラ上での開発が主体になってきている。こうした状況の変化によって新たなニーズが生まれている。その1つがネイティブアプリのサーバサイド開発を短期化・低コスト化することができるBaaSである。また、開発チームと運用チームのコラボレーションのための方法論であるDevOpsにも注目が集まっている。 一方、最近はPCサーバの性能が大幅に向上したことで、ハードウェアに掛かるコストがかなり下がってきた結果、ソフトウェアのライセンスや保守に掛かるコストが相対的に割高になってきている。そこで、ソフトウェアコストを大幅に削減できるオープンソースの導入を検討している企業が増えており、この分野でシステムインテグレーションを手掛ける事業者も目立ち始めている。

「コード」に関する記事情報

総務省が旗を振るQRコード決済統一規格「JPQR」、普及事業の参加企業が明らかに

キャッシュレス決裁の業界では、事業者や標準化団体が多数立ち上がるなど過剰な競争が行われる状況だ。総務省は国内事業者と共同で「統一QR『JPQR』普及事業」を推進する。2019年8月1日から期間と地域を限定して検証する。

キャッシュレス推進の起爆剤「QRコード決済」の可能性

モバイル決済において存在感を強めるQRコード決済。国内対応状況やその導入意欲など、アンケート結果をアナリストが徹底分析。

客単価が36%アップ、顧客の情報を吸い上げる「バーコード」の使い方

バーコードをスキャンすることで、商品の情報を多言語で表示させ、顧客に商品の魅力を伝えるサービスがある。バーコードを介して「伝える」とは一体どういうことか。

バグは本当に金曜日に生まれるのか、分析手法「MSR」とは?

ソースコードなど開発関連の膨大な電子化情報を分析する新たなマイニング手法「MRS」が登場した。バグ予測やコード再利用に使えるのか。

「コード」に関するIT製品情報

ITSM/ITOMを一元的に可視化、“統一ビュー”を確保するための8つのポイント

ServiceNow Japan 株式会社

ITSMとITOMの活動を、戦略/オペレーション/個人のレベルでリアルタイムに可視化するには、単一のレコードシステムと分析機能が不可欠だ。インシデント解決までの時間短縮など、多くのメリットをもたらす“統一ビュー”の実現法に迫る。

ローコード開発プラットフォーム 「楽々Framework3」

住友電工情報システム株式会社

徹底した標準化・工業化で開発の品質・生産性を飛躍的に向上!

構成管理ツールだけでは難しい「インフラのコード化と自動化」を完成させる方法

日本ヒューレット・パッカード株式会社

構成管理やパッチ適用など、ITインフラの構築/運用に関するさまざまな定型業務。この負荷を削減するのが、「インフラのコード化と自動化」を実現する構成管理ツールだ。しかし、それだけでは業務領域の全てをカバーするのは難しいという。

ローコード開発でニーズと効率性を両立、モバイルやクラウドへの拡張も容易に

Dell Boomi

ワークフローアプリケーションは多様なシーンで必要とされているが、求められる機能を正攻法で開発するのは負担が大きい。そこで注目されるのが、既存アプリケーションやクラウドと容易に連携できるローコード開発プラットフォームだ。

デジタルトランスフォーメーションを妨げる「4つの問題」にどう向き合うか

OutSystemsジャパン株式会社

変化し続けるビジネスニーズに応えていくためには、デジタルトランスフォーメーションの推進が欠かせない。この取り組みを妨げる要因を排除できるものとして今、「ローコードプラットフォーム」が注目されているという。

「コード」に関する新着セミナー

ソースコード解析ツール「Understand」日本語版のご紹介(Web上セミナー)

テクマトリックス株式会社

2019/12/10(火)16:00~17:30

  • 東京都
無料 | 定員20名 | 開発

リアルタイム組み込みソフトウェア開発の理論と実践(1) Cコンパイラ生成アセンブリコードの理解とOSソースコードの読解

ラーニング・ツリー・インターナショナル株式会社

2019/12/11(水)09:30~2019/12/13(金)18:30

  • 東京都
181,000円(税抜) | 定員20名 | 開発

「コード」に関連するキーワード

注目キーワード一覧

キーマンズネットとは?

企業向けIT製品の総合サイト「キーマンズネット」では、製品スペックや導入事例・価格情報・技術文書などの充実したIT製品情報に加え、製品の選び方を分かりやすく解説した特集記事によって企業のIT製品選びをサポートします。製品情報と特集記事に加え、ITセミナー情報も毎日更新しています。

会員登録(無料)

ホワイトペーパーや技術資料、導入事例など、IT導入の課題解決に役立つ資料を簡単に入手できます。